50ミリ単焦点レンズは明るいのになぜ安いのですか?

50ミリ単焦点レンズは明るいのになぜ安いのですか?

通常カメラレンズは明るいレンズ(絞り解放値が低い)ほど価格が高くなります。
しかし50ミリの単焦点レンズはどのメーカーもお安い価格です。これはどうしてでしょうか?

50ミリレンズが安いのは、実は作るのが非常に簡単だからです。
50ミリレンズの基本的な光学設計自体はかなり昔から完成の域に達しています。

特殊ガラスや非球面レンズといった高価な材料を使わなくても及第点レベルの性能が得られます。

また、焦点距離と画角のバランスがよく、コンパクトサイズでも有効口径を大きくしやすいために開放F値も明るく(数字を小さく)できるのが強みです。

設計が簡単で明るくしやすいにもかかわらず、サイズもコストも抑えやすいという特徴を持っているというわけです。

単焦点レンズ LUMIX G 20mm F1.7 IIのボケ感

パナソニックとルミックスはカメラのレンズマウントが同一なのでレンズを共有できる。

単焦点レンズ LUMIX G 20mm F1.7 II

GH4やLUMIXの単焦点レンズなら LUMIX G 20mm F1.7 II が安価でボケ味も十分。
50ミリ単焦点より使いやすい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

プロモーション動画のテンプレートを公開します

No.1 マーケッター 神田昌典先生が絶賛した驚きの動画メソッド

最高峰のドキュメンタリー動画の作り方を丸ごと1本の教材におさめました。
素人でもプロ顔負けのCM・ドキュメンタリー動画を作る「型」を教えます。

詳しく見る

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る