魚眼レンズとは何ですか?

魚眼レンズとは何ですか?

水の中から水面の上の景色を見たように、通常よりも広い範囲が見られることから「魚の眼」と名付けられたレンズのことです。

魚眼レンズは、真横まで映る広い画角と、普通のレンズでは考えられない大きな歪曲、極端に誇張された遠近感といった独特の画面効果が得られるレンズです。

Canon EF8-15mm F4L Fisheye USM

Canon EF8-15mm F4L Fisheye USM

もともとは、雲量や星の観測などのために開発された気象や天文といった学術用途向けの特殊レンズです。

魚眼レンズならではの画面効果を生かしてユニークな写真表現が楽しめるところから、現在ではさまざまなジャンルで活用されています。
180度の画角を持つ単焦点レンズが主流で、APS-Cサイズ以下のデジタル一眼レフ向けとしては以下が発売されています。

各レンズメーカーの魚眼レンズ一覧

OLYMPUS ミラーレス一眼 9mm f8 フィッシュアイ

Nikon フィッシュアイレンズ

SIGMA 単焦点魚眼レンズ 4.5mm F2.8

SIGMA 単焦点魚眼レンズ 10mm F2.8 EX DC FISHEYE HSM

また、魚眼ズームレンズも発売されています。

PENTAX フィッシュアイズームレンズ DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED

Tokina 魚眼ズームレンズ AT-X 107 DX Fisheye 10-17mm F3.5-4.5

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

プロモーション動画のテンプレートを公開します

No.1 マーケッター 神田昌典先生が絶賛した驚きの動画メソッド

最高峰のドキュメンタリー動画の作り方を丸ごと1本の教材におさめました。
素人でもプロ顔負けのCM・ドキュメンタリー動画を作る「型」を教えます。

詳しく見る

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る