RYZEN9搭載のオススメ動画編集用パソコン


※2019年10月更新しました

IntelのCore シリーズは、認知度の高いCPUで、パソコンの大多数がIntelのCPUを搭載していますが、CPUにはもう1つAMDが開発・販売していることをご存じでしょうか?

AMDのCPU性能はIntelに引けを取らないものがあり、またコストパフォーマンスにも優れているCPUです。

そのAMDが2019年9月に発売を予定しているのがAMD最高性能のCPU RYZEN9です。

第三世代Ryzen9の性能と価格が注目されています

ここではマルチスレッド性能に特化したRYZEN9で構成した動画編集用パソコンがどのような性能になりそうなのか?調べてみることにしました。

この動画はパソコンパーツのレビュー動画で人気上昇中の吉田製作所さんが解説する「新型CPU「第3世代 Ryzen 3000」が神コスパ!Ryzen9は16コアでIntelオワコンか?」です。
Ryzen9がどれだけヤバいCPUなのか良く分かるのでぜひ視聴してみましょう。

RYZEN9の特長

AMD RYZENの最上位CPUとしてリリースされたRYZEN9は2種類のラインナップとなるようです。

Ryzen9 3950X Ryzen9 3900X
コア数:16コア32スレッド コア数:12コア24スレッド
プロセスルール:7nm プロセスルール:7nm
TDP:105W TDP:105W
定格周波数:3.5GHz
ブースト時周波数:4.7GHz
定格周波数:3.8GHz
ブースト時周波数:4.6GHz
GPU:なし GPU:なし
65,000円前後 749ドル(8~9万円)前後を予定

最上位のRyzen 3950Xは2019年9月発売、3900Xは2019年7月発売です。

Ryzenは第3世代に突入し、コア数スレッド数ともにインテル第9世代のCore i9を凌いでいます。

また価格もかなり安く、Ryzen 3950Xでも10万円を切る価格です。

そしてAMD Ryzenのコア単体の性能はインテルCPUより劣ると言われてきましたが、第三世代になってからその性能も上回っているのではないか?ともっぱらの噂です。

2019年はAMD Ryzenの人気がインテルを上回っており、供給不足が懸念されています。

参考:第3世代Ryzenが驚異的性能でIntelを圧倒。Ryzen 9 3900X/Ryzen 7 3700Xレビュー|PC Watch

マルチスレッド性能が抜群なRYZEN9

Ryzen9は下位モデルの3900Xでも12コア24スレッドでマルチスレッド処理に大きな能力を発揮します。

またクロック周波数も最大3.8GHzに達しているので、動画編集パソコンとしてのスペックは十分に果たしています。

Intel社のCore i9-9900Xでも10コア20スレッドとなり、その価格は12万円超えです。

Ryzen 9-3900Xが6万円台で販売されたので、コストにうるさい自作PCユーザーが飛びつくのは無理もありません。

過去に発売されたRYZEN Threadripperに比べると価格も安くなり、マザーボードはAM4対応で従来のマザーボードが対応できるため、導入のハードルも低いです。

第三世代Ryzen9にオススメのマザーボード

Ryzen9搭載の動画編集用パソコン

2019年8月時点で第三世代のRyzenを搭載したパソコンはゲーミングパソコンが中心となっており、特にRyzen9搭載のパソコンはまだ確認できておりません。

Ryzen9を自作パソコンで組むか、各パソコンショップのRyzen7モデルをベースにCPUを変更してもらうかのどちらかになります。

Ryzen9は発熱量も大きく、合わせて高性能なCPUクーラーが必要です。
パソコンショップでお願いすれば、最適なCPUファンを選択して搭載してくれるでしょう。

マウスコンピューターのAMD Ryzen特集ページ

Ryzen7搭載ミドルタワーゲームパソコン

CPU:Ryzen 7 3700X
グラフィックス:GeForce GTX 1660
メモリ:16GB
ストレージ:M.2 SSD(SATA):500GB

117,800円(税別)

マウス 公式ページ

2019年9月 増税前のお得なキャンペーン!詳しくはコチラ

パソコン工房のAMD Ryzen特集ページ

SENSE-R0X5-R93X-DXX

Ryzen9とRadeon RX 5700 XT[8GB]搭載ミドルタワーゲームパソコン

CPU:Ryzen 9 3900X
グラフィックス:Radeon RX 5700 XT 8GB
メモリ:16GB
ストレージ:M.2 SSD:500GB

219,980円(税別)

パソコン工房 公式ページ

ドスパラのAMD Ryzen特集ページ

GALLERIA AXZ

ドスパラのRyzen 9[12コア]搭載ゲームパソコン
CPU:Ryzen 9 3900X
グラフィックボード:GeForce RTX2080 Ti 11GB
メモリ:16GB
ストレージ:Gen4 NVMe SSD:1TB + HDD:3TB

333,333円(税別)

ドスパラ公式ページ


ドスパラは消費税アップ後もキャッシュレス決済で5%還元なので安心です

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1.5万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書いています。

動画制作に興味がある方はぜひ読んでみてください!


また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

動画編集用パソコンのススメ

動画編集用パソコンの選び方動画編集用PCのおすすめスペック動画編集用ノートPC選択5つのポイント

価格で選ぶときのポイント

10万円以内15万円以内20万円以内25万円以内30万円以内35万円以内40万円以内

4K高画質向けパソコン

4K動画編集用PCおすすめスペック4K動画編集はデスクトップが良い?4K編集向けの周辺機器

CPU

動画編集で快適なコア数とはCore i7Core i9

グラフィックカード

グラフィックボードの失敗しない選び方動画編集でQuadroは必須なのか?動画編集用パソコンとGeForceの相性

メモリ

動画編集でメモリは32GBが良い?メモリ32GBと64GBの違いを検証

ストレージ

動画編集におすすめのSSD外付けハードディスクを選ぶポイント最適なストレージ構成

マザーボード

マザーボードを選ぶときのポイント

液晶ディスプレイ

液晶モニターの選び方4K液晶モニターはこの5つをチェック4K PCモニターの注意点キャリブレーターについて

CPUファン

動画編集向けPCのCPUファン選び方

映像編集向けモニターヘッドホン

MDR-CD900STは今さら買うべき?

編集ソフトに最適なモデル

Premiere ProでオススメのPCとは?After EffectsでオススメのPCとは?EDIUSでオススメのPCとは?DaVinci ResolveオススメPC

パソコンショップについて

動画用PCを買う時のお店の選び方マウスコンピューターのおすすめPC一覧DAIVとG-TUNEの違いパソコン工房のおすすめPC一覧ドスパラのおすすめPC一覧

最近の記事

ページ上部へ戻る