RYZEN9搭載のオススメ動画編集用パソコン


※2021年3月更新しました

IntelのCPUがここ数年でAMDのCPUに追い抜かれていることをご存知でしょうか。

AMDのCPUはインテルCPUに比べると安いという印象が強いですが、性能もインテルを超えてデスクトップPCの分野でインテルのシェアを超えつつあります。

そのAMDが2020年11月に発売したのがAMD最高性能のCPU Ryzen9 5900Xです。

Gen3 Ryzen9の圧倒的な性能が注目されています

ここではマルチスレッド性能に特化したAMD Ryzen9の性能について、そしてRyzenで構成したおススメの動画編集用パソコンを3台紹介します。

この動画ではRyzenとインテルの市場シェアや性能比較などを解説してみました。合わせてご視聴してみてください。

RYZEN9の特長


AMD RYZENの最上位CPUとしてリリースされたRYZEN9は2種類のラインナップとなるようです。

Ryzen9 5900X Ryzen9 3950X
コア数:12コア24スレッド コア数:16コア32スレッド
プロセスルール:7nm プロセスルール:7nm
TDP:105W TDP:105W
定格周波数:3.7GHz
ブースト時周波数:4.8GHz
定格周波数:3.5GHz
ブースト時周波数:4.7GHz
GPU:なし GPU:なし
71,000円前後 65,000円前後

最上位のRyzen 9 5800Xは2020年11月発売、前世代の3950Xは2019年11月発売です。

RyzenはGen2(3XXXシリーズ)からGen3に更新し、コア数スレッド数ともにインテル第9世代のCore i9を凌いでいます。

また価格もかなり安く、発売されたばかりのRyzen 5900Xで7万円前後です。

インテルの競合製品であるCore i9-10900Kと比べると、性能差は圧倒的でパソコンヘビーユーザーに注目されています。

2020年はAMD Ryzenの人気がインテルを上回り、供給不足が懸念されています。

参考:入手困難なRyzen 9 5900Xが複数店に入荷――でも枯渇が多発する年末年始事情|IT media

マルチスレッド性能が抜群なRyzen 9


Ryzen9は旧モデルの3900Xでも12コア24スレッドでマルチスレッド処理に大きな能力を発揮します。

またクロック周波数も最大3.8GHzに達しているので、動画編集パソコンとしてのスペックは十分に果たしています。

Intel社のCore i9-9900Xでも10コア20スレッドとなり、その価格は12万円超えです。

Ryzen 9-3900Xが6万円台で販売されたので、コストにうるさい自作PCユーザーが飛びつくのは無理もありません。

過去に発売されたRYZEN Threadripperに比べると価格も安くなり、マザーボードはAM4対応で従来のマザーボードが対応できるため、導入のハードルも低いです。

第三世代Ryzen9にオススメのマザーボード

Ryzen9搭載の動画編集用パソコン

2021年3月時点で第4世代のRyzen(Ryzen5XXXシリーズ)を搭載した動画編集向けのパソコンがBTOパソコンショップで枯渇しています。

中でもRyzen9 5900XはCPU自体が飛ぶように売れています。

自作パソコンで組むか、とりあえずRyzen9 3900X搭載モデルを購入して、後々CPUを交換するかのどちらかになります。

注意したいのがRyzen9は発熱量も大きく、合わせて高性能なCPUクーラーが必要です。
パソコンショップでお願いすれば、最適なCPUファンを選択して搭載してくれるでしょう。

マウスコンピューターのAMD Ryzen搭載PC

DAIV A9-MVPRは販売終了しました。G-Tune XM-Zがおススメです。

マウスコンピューター G-Tune XM-Z

CPU:Core i7-10700K
メモリ:16GB
グラフィックス:GeForce RTX 3070(8GB)
ストレージ:M.2 SSD NVMe 512GB+HDD 2TB

241,780円(税込)

>>販売ページを見る

パソコン工房のAMD Ryzen搭載PC

LEVEL-R0X6-R59X-VAXH

Ryzen9とGeForce RTX 3060 Ti搭載ミニタワーデスクトップパソコン

CPU:Ryzen 9 3900X
グラフィックス:GeForce GTX 1660 Ti 6GB GDDR6
メモリ:16GB PC4-21300
ストレージ:M.2 SSD NVMe 500GB
その他:DVDドライブ装備

153,880円(税込)

>>販売ページを見る

ドスパラのAMD Ryzen搭載PC

raytrek AXR

ドスパラのRyzen 7[8コア]搭載クリエイターパソコン
CPU:Ryzen 7 3700X
グラフィックボード:Radeon RX 5700 XT 8GB
メモリ:32GB PC4-25600
ストレージ:M.2 NVMe SSD 512GB

164,978円(税込)

>>販売ページを見る


ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:動画制作・ブロガー
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1.6万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書いています。

動画制作に興味がある方はぜひ読んでみてください!

動画編集用パソコンのススメ

動画編集用パソコンの選び方動画編集用PCのおすすめスペック動画編集用ノートPC選択5つのポイント

価格で選ぶときのポイント

10万円以内15万円以内20万円以内25万円以内30万円以内35万円以内40万円以内

4K高画質向けパソコン

4K動画編集用PCおすすめスペック4K動画編集はデスクトップが良い?4K編集向けの周辺機器

CPU

動画編集で快適なコア数とはCore i7Core i9Ryzen 5Ryzen 7Ryzen 9

グラフィックカード

グラフィックボードの失敗しない選び方動画編集でQuadroは必須なのか?動画編集用パソコンとGeForceの相性

メモリ

動画編集でメモリは32GBが良い?メモリ32GBと64GBの違いを検証

ストレージ

動画編集におすすめのSSD外付けハードディスクを選ぶポイント最適なストレージ構成

マザーボード

マザーボードを選ぶときのポイント

液晶ディスプレイ

液晶モニターの選び方4K液晶モニターはこの5つをチェック4K PCモニターの注意点キャリブレーターについて

CPUファン

動画編集向けPCのCPUファン選び方

映像編集向けモニターヘッドホン

MDR-CD900STは今さら買うべき?

編集ソフトに最適なモデル

Premiere ProでオススメのPCとは?After EffectsでオススメのPCとは?EDIUSでオススメのPCとは?DaVinci ResolveオススメPC

パソコンショップについて

動画用PCを買う時のお店の選び方PCメーカーの特徴を徹底解説マウスコンピューターのおすすめPC一覧DAIVとG-TUNEの違いパソコン工房のおすすめPC一覧ドスパラのおすすめPC一覧

ページ上部へ戻る