RYZEN5搭載のオススメ動画編集用パソコン


※2019年10月更新しました

AMD社から発売しているRYZEN5は、6コア12スレッドと4コア8スレッドのいわゆるミドルレンジモデルまであるプロセッサです。

中でも6コアモデルはintel Core-i7の上位モデルに迫る性能を持っているにもかかわらず、低価格設定となっており2017年3月発売以降、映像クリエイターにも厚く支持されています。

ただ、これまでintel Core i7一択とされてきた動画編集用パソコンの業界に彗星のごとく現れたRYZEN5を選ぶことに躊躇する方も多いのではないでしょうか?

Ryzenも第三世代に突入し、インテルCPUと激しい価格競争を繰り広げています!

ここではRyzen5搭載のパソコンは動画編集に適しているのか?検証してみます。

RYZEN5の特長とは?


AMD社が開発したCPUシリーズ『RYZEN(ライゼン)』は第1世代Zen (マイクロアーキテクチャ)を搭載したマイクロプロセッサとして2017年3月に発売されました。

前世代のExcavator(マイクロアーキテクチャ)と比較すると、動作クロック(IPC)も52%と大幅に向上しています。

IntelのCoreシリーズに匹敵する性能を持っているのが特長です。

RYZEN5は、Core i5への対抗製品としてリリースされています。

2019年7月には6コア・12スレッドの『RYZEN5 3600X』『RYZEN5 3600』とグラフィックス搭載の『Ryzen™ 5 3400G』がラインアップされています。

負荷が大きい動画編集処理にも適応するRyzen5

コア数スレッド数の多いCPUは動画編集作業にはオススメで、RYZEN5はマルチコア機能にも優れているプロセッサとして、その条件に適しています。

レンダリングやエンコードなどCPUに大きな負荷がかかる処理をする際にも、Ryzen CPUが大きな役割を果たすでしょう。

RYZEN 3600X RYZEN 3600
コア数:6コア12スレッド コア数:6コア12スレッド
定格クロック周波数:3.8GHz 定格クロック周波数:3.6GHz
ブースト時クロック周波数:4.4GHz ブースト時クロック周波数:3.6GHz
TDP:95W TDP:65W
内蔵グラフィックスなし 内蔵グラフィックスなし

出典:Ryzen 5|AMD Ryzen公式HP

例えばRYZEN 3600Xは、6コア・12スレッドで並列処理に最適なプロセッサです。

定格クロックが3.8GHzとなっており、そこにPrecision Boostという自動クロックアップ機能が加わっています。

最大4.4GHzのスペックとなるので、快適な動画編集を行えます。

Ryzen5のデメリット

ただデメリットがないわけでもありません。

RYZENシリーズの主力モデルには、内蔵GPUは非搭載です。

エントリーモデルのRyzen5-3400のみ内蔵グラフィックスにRadeon™ RX Vega 11 Graphicsを搭載していますが、コア数は4コアとなり、主力モデルと比べるとパワー不足です。

そのため動画編集に重要な画像処理をするには内蔵GPUのかわりに別途グラフィックカードが必須となります。

パソコンショップの動画編集用として販売されているパソコンはグラフィックカードが必ずと言って良いほど搭載されているので問題はありません。

例えば動画編集ソフトで有名なPremiereProを使う場合、RyzenとCUDAコア数の多いNVIDIAのグラフィックカード GeForceミドルクラスモデルで快適に動きます。

(ちなみに私はRyzen7とGTX1080Tiで動画編集しています。)

これに対し、内蔵GPUに依存するソフトウェアの場合はRyzen向きではありません。

それでも使いたいRyzenの魅力とは?

Ryzenの最大の魅力は低価格であるということです。

Core i7の同程度の性能で価格は2/3程度になるので、Ryzen搭載のBTOパソコンはCore i7モデルよりもぐっと安い値段で購入することができるのです。

また、これまでRyzenCPUの1コアあたりの性能はインテルCPUの方が優れているとされてきましたが、第3世代になりCore i7を凌ぐ性能で快適に動画編集できると言われています。

CPUももちろん重要ですが、SSDやグラフィックカードにも予算を割り振る必要がある動画編集用パソコンでは、Ryzenを選択することによってかなりのコストダウンを図ることができるのは間違いありません。

Ryzenにすることでグラフィックカードを1ランク上げるなんてことも可能でしょう。

Ryzen5搭載の動画編集用PCを選ぶときのポイント

編集ソフトがマルチコア対応か確認する

性能の良いグラフィックカードを合わせて使おう

なるべく低価格に抑えたいクリエイター向き

Ryzen5搭載のオススメ動画編集用パソコン

第三世代のRyzen5を搭載したデスクトップパソコンは8~10万円前後が相場となっています。

Ryzen5のゲーミングパソコンを動画編集用で使用する場合はストレージが十分に確保されているか確認しておきましょう。

マウスコンピューターのオススメRyzen5搭載パソコン

NEXTGEAR-MICRO am560SA1

Ryzen5+GTX1060(3GB)を搭載したミドルクラスモデル
CPU:AMD Ryzen 5 3600
グラフィックス:GeForce® GTX 1660(6GB)
メモリ:8GB
ストレージ:SSD 512GB

99,800円(税別)

マウス公式ページ

2019年9月 増税前のお得なキャンペーン!詳しくはコチラ

パソコン工房のオススメRyzen5搭載パソコン

LEVEL-M0B4-R53-RIS

パソコン工房のRyzen 5 3600[6コア]とGeForce GTX 1060[6GB]搭載ミニタワーゲームパソコン
CPU:Ryzen 5 2600X
グラフィックカード:GeForce GTX 1660(6GB)
メモリ:8GB
ストレージ:SATAIII SSD 240GB

99,980円(税別)

パソコン工房公式ページ

ドスパラのオススメRyzen5搭載パソコン

GALLERIA RT5

ドスパラのRyzen5搭載クリエイターパソコン

CPU:AMD Ryzen 5 3600
グラフィックス:GeForce GTX1660Ti 6GB
メモリ:8GB
ストレージ:SSD 240GB + HDD 1TB

109,980円(税別)

ドスパラ公式ページ


ドスパラは消費税アップ後もキャッシュレス決済で5%還元なので安心です

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1.5万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書いています。

動画制作に興味がある方はぜひ読んでみてください!


また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

動画編集用パソコンのススメ

動画編集用パソコンの選び方動画編集用PCのおすすめスペック動画編集用ノートPC選択5つのポイント

価格で選ぶときのポイント

10万円以内15万円以内20万円以内25万円以内30万円以内35万円以内40万円以内

4K高画質向けパソコン

4K動画編集用PCおすすめスペック4K動画編集はデスクトップが良い?4K編集向けの周辺機器

CPU

動画編集で快適なコア数とはCore i7Core i9

グラフィックカード

グラフィックボードの失敗しない選び方動画編集でQuadroは必須なのか?動画編集用パソコンとGeForceの相性

メモリ

動画編集でメモリは32GBが良い?メモリ32GBと64GBの違いを検証

ストレージ

動画編集におすすめのSSD外付けハードディスクを選ぶポイント最適なストレージ構成

マザーボード

マザーボードを選ぶときのポイント

液晶ディスプレイ

液晶モニターの選び方4K液晶モニターはこの5つをチェック4K PCモニターの注意点キャリブレーターについて

CPUファン

動画編集向けPCのCPUファン選び方

映像編集向けモニターヘッドホン

MDR-CD900STは今さら買うべき?

編集ソフトに最適なモデル

Premiere ProでオススメのPCとは?After EffectsでオススメのPCとは?EDIUSでオススメのPCとは?DaVinci ResolveオススメPC

パソコンショップについて

動画用PCを買う時のお店の選び方マウスコンピューターのおすすめPC一覧DAIVとG-TUNEの違いパソコン工房のおすすめPC一覧ドスパラのおすすめPC一覧

最近の記事

ページ上部へ戻る