マウスコンピューターの4K動画編集パソコンの性能はどう?快適なの?


※2019年8月に更新しました

パソコンは低価格化が進んでいるものの、決して安くはない買い物です。

動画編集用パソコンはその中でも上位に位置し、価格・性能ともに一般的なパソコンとは一線を画します。

高価な買い物をする場合にはまず口コミで評判を確認するという方も少なくないでしょう。

テレビCMで知名度の高いマウスコンピューターですが、マウスの動画編集用パソコンの評判はどうでしょうか?

ここでは、マウスコンピューターの4K動画編集パソコンの性能と一緒に、マウスコンピューターの口コミ・評判についても調べてみました。

マウスコンピューターの信頼性ってどう?

実はパソコンについては知識を持っていないほうが当たり前ではないでしょうか。

仕事で動画編集をやっていても、同時にパソコンについても精通している人は少数でしょう。

実際に4K動画編集パソコンを購入するにあたっても、メーカーの口コミや評判を参考にして購入することが多いです。

パソコンメーカーの口コミで判断するものは、まずは「マシンの性能」です。
そしてそれと同時に、コストパフォーマンスやサポート体制にも興味があるはずです。

その中でもマウスコンピューターは、BTOパソコン・PC通販として、多種多様なパソコンを販売しているショップです。

乃木坂46のCMで知ったというユーザーもいるのではないでしょうか。

マウスコンピューターは、マイクロソフトのOEM認定を受けていることから信頼性の高いパソコンを提供しています。

国内生産でさまざまな負荷試験を実施していることから、品質面から見ても安心です。

マウスコンピューターの口コミは本当に信じても良いのか?

巷では、商品だけでなくさまざまな業種・企業に対しての口コミも横行しています。
そのような口コミを参考にしているユーザーも少なくないでしょう。

一方で、マウスコンピューターを酷評するコメントを口コミサイトで目にしたことがあるユーザーもいるかと思います。

「電話サポートにつながらない」「初期不良があった」など、ショップにとっては辛口な声もあることも確かです。

ですが、評価が100%良いというショップのほうが、むしろ信頼性に疑問を感じるのではないでしょうか。
シェアが高いからこそ、時には辛口評価がでてくるのは必然といえます。

もちろん内容によっては目を向けるべきものもありますが、多くの高評価の声もあります。

特に私が知る限りでは映像業界の現場においてマウスコンピューターのクリエイターPCは非常に評判が良いです。

制作会社では常にパソコンに高い負荷をかけて酷使しているせいか、故障は日常のように起こります。

そういった場合にカスタマーサポートへ電話することが多いですが、マウスコンピューターのアフターサポート体制が悪いといった印象は正直なところ全くありません。

24時間365日の電話窓口で96時間以内での修理体制など大手BTOパソコンショップでないと出来ない対応をしてくれます。

ネットの評価は様々ありますが、酷評は参考程度にしておきましょう。

マウスコンピューターで発売されている4K動画編集向けパソコン

では、実際にマウスコンピューターで販売されているパソコンを見てみましょう。

例えば【DAIV-DGZ530U2-M2SH5】。これは、マウスコンピューターのハイエンドクリエイターパソコンです。

DAIV-DGZ530U2-M2SH5

CPU:Core i9-9900K
グラフィックス:GeForceRTX 2080(8GB)
メモリ:32GB
ストレージ:M.2 SSD 512GB + HDD 3TB

289,800円(税別)

マウス公式ページ

マウスコンピューターの4K動画編集パソコンってどんな構成?

ここで紹介したモデルはCPUにCore i9を搭載しています。
第9世代(開発コード:Coffee Lake-S Refresh)のプロセッサーで8コア16スレッドのマルチコアで、並列処理にも最適なCPUです。

負荷が大きくかかる4K動画の編集作業でも高速処理を可能としています。
動作クロックは3.60GHzですが、ターボ・ブースト時には最大で5.0GHz。
レンダリングやエンコーディングなどの処理にも、高いパフォーマンスを発揮するでしょう。

グラフィックボードはGeForceRTX 2080を搭載しています。
このことから、動画編集ソフトウエアはCUDAに最適化されたものを選びましょう。

メモリは16GBを2枚挿し。スロットは4つで、最大の64GBまで搭載しています。

ストレージもHDDとSSDの両方を搭載しており、SSDにソフトウェアを実装することで高速処理も望めます。

マウスコンピューターでは主流のパーツ変更ももちろん可能で、CPUファングリス・ケースや電源に至るまで細やかなカスタマイズができます。

マウスコンピューターの公式サイトでは見積もり金額がリアルタイムに計算され、その結果を保存しておくことも可能です。
さまざまマシンの見積もりを出してみると、求めているマシンの平均的な価格も見えてくるものがあるかもしれませんね。

参考:DAIVで動画編集向けのパソコンを買うならどれが良い?

マウスコンピューターのBTOパソコンの良いトコロ まとめ

マウスコンピューターは、カスタマイズ性に富んだBTOショップとして知名度の高く、予算や用途に合ったマシンを手に入れられます。

他にもさまざまなメリットがありますが、もし心配なようならLINEやチャット、お問い合わせフォームなど、事前に問い合わせをして安心感を得ることも賢い買い方です。

大手BTOショップならではのサポート体制

見積しやすいショップサイトが便利

クリエイター用PCのDAIVシリーズがおススメ

マウスコンピューターの4K動画編集おすすめのデスクトップPC

DAIV-DQZ530S2-MVPR

Core i9+Quadro RTX4000で楽々4K動画編集。映像制作会社向けパソコン
CPU:Corei9-9700K
グラフィックス:Quadro RTX4000(8GB)
ストレージ:SSD 512GB M.2 SSD NVMe対応 + HDD 3TB
64GBメモリ・水冷CPUクーラー・光学DVDドライブ・USB3.0接続 高速カードリーダー搭載

299,800円(税別)

マウス公式ページ

マウスコンピューターの4K動画編集おすすめのノートPC

DAIV-NG5810U1-VG

VIDEOGRAPHERS TOKYO推奨モデル トリプルSSDの大容量ストレージ搭載
CPU:Core i7-9750H
グラフィックス:GeForce® RTX 2060(6GB)
メモリ:32GB
ストレージ:M.2 SSD NVMe 512GB × 2
モニターサイズ:15.6型 フルHD液晶

249,800円(税別)

マウス公式ページ

2019年9月 増税前のお得なキャンペーン!詳しくはコチラ

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1.5万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書いています。

動画制作に興味がある方はぜひ読んでみてください!


また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

動画編集用パソコンのススメ

動画編集用パソコンの選び方動画編集用PCのおすすめスペック動画編集用ノートPC選択5つのポイント

価格で選ぶときのポイント

10万円以内15万円以内20万円以内25万円以内30万円以内35万円以内40万円以内

4K高画質向けパソコン

4K動画編集用PCおすすめスペック4K動画編集はデスクトップが良い?4K編集向けの周辺機器

CPU

動画編集で快適なコア数とはCore i7Core i9

グラフィックカード

グラフィックボードの失敗しない選び方動画編集でQuadroは必須なのか?動画編集用パソコンとGeForceの相性

メモリ

動画編集でメモリは32GBが良い?メモリ32GBと64GBの違いを検証

ストレージ

動画編集におすすめのSSD外付けハードディスクを選ぶポイント最適なストレージ構成

マザーボード

マザーボードを選ぶときのポイント

液晶ディスプレイ

液晶モニターの選び方4K液晶モニターはこの5つをチェック4K PCモニターの注意点キャリブレーターについて

CPUファン

動画編集向けPCのCPUファン選び方

映像編集向けモニターヘッドホン

MDR-CD900STは今さら買うべき?

編集ソフトに最適なモデル

Premiere ProでオススメのPCとは?After EffectsでオススメのPCとは?EDIUSでオススメのPCとは?DaVinci ResolveオススメPC

パソコンショップについて

動画用PCを買う時のお店の選び方マウスコンピューターのおすすめPC一覧DAIVとG-TUNEの違いパソコン工房のおすすめPC一覧ドスパラのおすすめPC一覧

最近の記事

ページ上部へ戻る