CONTENTS

SCORM・LMSを導入した場合に起こりうるデメリット

yoshiki

※2019年3月に更新しました。

SCORMによってEーニングの学習コンテンツが標準化され、ますますeラーニングの導入を実施する教育機関が増えています。

Eラーニングシステムは主に教育機関で非常に効率の良い教育活動を実現することが出来ています。

しかし、Eラーニングは良いことばかりではありません。
対面での授業にはあり得なかったデメリットも生じるのです。

このエントリーではSCORM・LMS(ラーニングマネージメントシステム 以下LMS)を導入した場合に起こりうるデメリットも解説しましょう。

SCORM・LMSを導入した場合に起こりうるデメリット

デメリットを指すのであれば、教える側の講師や教育機関のスタッフがLMSとSCORMについて理解しなければならないことが挙げられます。

確かに、LMSを使用すれば教える側と教えられる側で直接対面する必要はなくなり、リアルタイムで授業を受講できない遠方の人でも授業を受講できます。

もしくはある程度の時間をおいてから保存された動画を視聴して授業を受けるということも可能であるため、都合を合わせやすいでしょう。

しかし、Eラーニングのメリットは同時にデメリットも生み出します。
まず、Eラーニングを導入する場合の一番の問題点は直接に対面しなくてよいという点です。

LMSの授業はすでに録画された学習コンテンツを使用していることが多いので、学習者がその授業でわからなかった箇所をすぐに講師に質問できないということが考えられます。

これにより、学習者が分からない箇所を放置してしまうことが多々発生します。

次に、状況の把握が難しいことが挙げられるでしょう。

教える側は、動画が閲覧されたことを確認することは出来ても、教えられる側の理解度を確認することは難しいです。

実際に目の前で確認を出来るわけではないため、不正な結果を提出された場合でも正確に理解度を図ることが出来ません。
そのため、教育者側は学習者を信頼して、運営、集計をする必要が出てくると思われます。

直接対面の授業では学習者の怠慢や不正はある程度抑止できるのですが、対面しないEラーニングだとそうはいきません。

IT・ネットワーク系の知識や人材が必要になる

次に、サーバーの問題が挙げられるでしょう。
LMSを使用するためには、サーバーを用意して、かつCDROMやハードディスクなどの記憶媒体に動画を保存しておく必要があります。
そのため、サーバーを運営・管理するための人材や、記憶媒体を用意するなどの様々な運営費と手間が発生することが現実的に起こります。

特に記憶媒体については近年ではさらに複雑・多様化し、記憶媒体の購入ですら知識のある人材を雇い、運営の準備を進めることが必要になっています。

次に、運営側のミスが大きくなることが挙げられます。
運営側によって配布されたファイルに間違いがあった場合、受け取る側がもしもすでにそのファイルをダウンロードしていたとしたら、修正後のファイルをアップロードしても手遅れとなる場合も考えられます。

また、運営側がアップロードしたファイルにウイルスが存在した場合、受信側は特に疑いを持たず、アンチウイルスソフトも以前通りにそのページを信用していた場合、簡単にウイルスの拡散が可能となってしまうでしょう。

以上のように、イーラーニングによる教育の効率化はメリットが多い反面、デメリットが多々存在することも事実です。

関連記事

ページ上部へ戻る