CONTENTS

LMS?SCORM?って何?コンテンツ製作者向けイーラーニングの初歩

LMS

※2019年3月に更新しました。

SCORMはEラーニングのための標準規格のことです。
Eラーニングは、インターネットを利用した学習形態全般を指す言葉です。

このエントリーではEラーニングシステムにこれから携わるコンテンツ製作者向けに、SCORMとLMSの関係とコンテンツのSCORM変換の方法についてカンタンに解説しましょう。

LMS?SCORM?って何?コンテンツ製作者向けイーラーニングの初歩

これまで、集合研修を行うにあたってはインストラクターと学習者が一緒の空間にいることを前提としていました。
だがそれでは移動時間や経済面などの面で効率のよい学習を行うには不適当な面もあります。

もちろん現在でも集団研修は主流となって行われていることではありますが、それとは別にコンピュータを使った学習方法はないかを模索して生み出されたのがCBT(Computer Based Testing)です。

CBTはCD-ROMを使って学習することが前提で開発された学習形態です。
しかし、CBTにも問題はありました。それは作成しようとするとコスト面の負担が大きいこととリアルタイムで修正することが難しい点です。

そこから更なる発展を考えてインターネットを使用した学習環境が整えられ始めました。
それがLMS(Eラーニングマネージメントシステム)です。
LMSとCBTとの違いは学習進捗度のデータです。

CBTでは各クライアントのパソコンに構築します。
しかし、Eラーニングでは学習進捗度のデータも学習資料のデータも全てWEBサーバー上で管理を図ります。

Eラーニングを導入することによって、CD-ROM管理においてのコストを削減すると同時に管理のリアルタイム化ができるようになり、効率のよい教育スタイルとして現在では確立されています。

現在のEラーニングにおいての取り組みは、SCORMに対応した教材が作られている点にあるでしょう。

Eラーニングを使用した学習環境については、かつてはEラーニングの規格・システム(LMS)が複数あったことで、実際の教育現場において若干の混乱をきたしている面がありました。

たとえばA社の学習コンテンツをB社のLMSで使用できないという不具合が生じていたのです。

そうした学習コンテンツと学習管理システムを統一して誰でも使いやすいものにする目的でSCORMが開発されました。

コンテンツをSCORM対応にするための手順

SCORM対応教材の作り方は、比較的シンプルです。まず、SCORMのRTC仕様の通りに学習管理システムを実装させます。

次にマニフェストファイルを作成します。最後に作ったファイルをZIPファイルに固めておきます。

たったこれだけで完了するのです。

さらにカンタンに言えばマニフェストファイルを作成することがSCORMに準拠したことになるのです。

マニフェストファイルの作成はSCORMの仕様書通りに従えば、それほど難しいわけではありません。
日本語訳の仕様書も書店などにあるので、それを参考にすれば作成は比較的カンタンにできます。

オススメ本はこちらです。

Eラーニング活用ガイド

日本国内においては、特定非営利活動法人日本EラーニングコンソシアムがSCORMの普及に努めています。

また、そこでは専門の技術者を養成しており毎年Eラーニングのエキスパートとなる人材を輩出しています。

関連記事

ページ上部へ戻る