ヒューレットパッカードの動画編集パソコンってどうよ?


※2021年8月更新しました

「ヒューレットパッカード?それってどんな企業?」パソコンにあまり詳しくないユーザーからしてみたら、社名だけでは分からないかもしれません。

社名は変わりましたが、「HP」の企業ロゴをみたらピンとくるものがあるでしょう。

実はヒューレットパッカードはプロの映像クリエイターに評判が良くて、信頼性が高いハイエンドパソコンを販売しています。

参考:ハイエンドの4K動画編集マシンにふさわしいHP Z820|Shuffle 玄光社

このエントリーでは、ヒューレットパッカード(HP)で動画編集パソコンを選ぶ前に知っておきたいコトを中心に解説します。


動画編集初心者の方向けにパソコンの選び方を解説してみました。ぜひご覧ください。

PC開発・販売を行うヒューレットパッカード(HP)

ヒューレットパッカード(Hewlett-Packard Company)は、主にコンピュータ関連の製品の開発・販売・サポートを行っていたアメリカ合衆国の企業です。

1939年に創業されたこの企業は、2015年11月をもち会社分割を行いました。

企業向けのハードウェア開発・製造・サービスを行う『ヒューレットパッカード・エンタープライズ』を新設し、ヒューレットパッカードを引き継ぐ形で『HP Inc.』が誕生。

HP(エイチピー)との略語として親しまれ、2016年に変更した企業ロゴも浸透されています。

株式会社 日本HPは、会社分割に伴って誕生しました。

法人向けはもとより、家庭向けのパソコンやプリンターが幅広くラインナップされています。

個人向けパソコンはカスタマイズ性に乏しい

数多くのパソコンがラインナップされているヒューレットパッカード(HP)ではスタンダードな製品はもちろん、ゲーミング仕様のパソコンや周辺アクセサリも、さまざまなパーツが用意されています。

数多くの製品がラインナップされているノートパソコンですが、各モデルからカスタマイズを行おうとしても、メモリの容量をアップするぐらいしかできないのが正直な話です。

無駄を省いた買い方をする意味ではノートパソコンは良いのですが、リカバリメディアや周辺アクセサリを付ける程度に留まります。

のちに拡張するなどカスタマイズは難しいと言えます。

デスクトップ型パソコンにも多くの製品がラインナップされていますが、個人向けパソコンにおいては、あらかじめ構成されたものばかりです。

中にはカスタマイズ可能な製品もありますが、ざっくり見たところでは、ストレージを増やすとかオフィスソフトをインストールする程度です。

動画編集ではパソコンに大きな負荷をかけることになりますので、グラフィックカードの交換・増築やCPUの交換といった要望に応えられるパソコンが望ましいと思います。

しかし、HPのパソコンで大掛かりなカスタマイズは厳しいでしょう。

ある程度のカスタマイズができる法人向けパソコン

個人向けパソコンのそのほとんどの製品が、あらかじめ構成されたものであるヒューレットパッカード(HP)。

ですが法人向けのデスクパソコン・ノートパソコンは、CPUやメモリ、ストレージなどカスタマイズできるようになっています。

両者ともに、型番の末尾が《CT》とついた製品がカスタマイズ可能になっています。

動画編集パソコンを購入するうえでは、個人向けパソコンよりも法人向けパソコンの方が利便性が良いですね。

カスタマイズできる製品には、パーツごとに許容範囲内で選択ができる状態になっています。

希望のスペックを選択するごとにかかる費用が瞬時に計算されますので価格は一目瞭然です。そこには別途配送料がかかりますので注意してください。

ヒューレットパッカードで動画編集パソコンを購入するときのコツ

カスタマイズが可能といっても、選択の仕方によってはコストがかかってしまう場合もあるので、パーツ1つ1つの価格をよくみることが大切です。

動画編集には高いスペックが要求されますが、カスタマイズ性のあるメーカーはそれに見合ったパソコンを組み立てることができるかと思います。

ヒューレットパッカード(HP)は、アメリカでは75年以上の歴史がありますが、日本においても50年以上もの実績を誇る企業です。

日本HPは、国内生産を基本としています。

そしてサポートも専門のエンジニアが対応するので、初心者でも安心して購入できるメーカーではないでしょうか?

購入時に最高スペックを構成してもらうなら、他のBTOパソコンショップと同様に好みのパソコンにカスタマイズして購入することが可能ですよ。

ヒューレットパッカードのオススメ動画編集用パソコン

OMEN 25L Desktop

第10世代Core i7とGeForce RTX 3060 Ti搭載ハイパフォーマンスゲームPC
CPU:Core i7-10700F
グラフィックス:NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti
メモリ:16GB
ストレージ:M.2 SSD 512GB + HDD 2TB

179,801円(税込)

販売ページを見る

ヒューレットパッカードのオススメ動画編集用ノートパソコン

HP Spectre x360 14-ea

第11世代Core i5搭載高性能ノートパソコン
CPU:Core i5-1135G7
グラフィックス:Iris Xe グラフィックス
メモリ:8GB
ストレージ:M.2 SSD 512GB

153,780円(税込)

販売ページを見る


ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:動画制作・ブロガー
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1.6万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書いています。

動画制作に興味がある方はぜひ読んでみてください!

動画編集用パソコンのススメ

動画編集用パソコンの選び方動画編集用PCのおすすめスペック動画編集用ノートPC選択5つのポイント

価格で選ぶときのポイント

10万円以内15万円以内20万円以内25万円以内30万円以内35万円以内40万円以内

4K高画質向けパソコン

4K動画編集用PCおすすめスペック4K動画編集はデスクトップが良い?4K編集向けの周辺機器

CPU

動画編集で快適なコア数とはCore i7Core i9Ryzen 5Ryzen 7Ryzen 9

グラフィックカード

グラフィックボードの失敗しない選び方動画編集でQuadroは必須なのか?動画編集用パソコンとGeForceの相性

メモリ

動画編集でメモリは32GBが良い?メモリ32GBと64GBの違いを検証

ストレージ

動画編集におすすめのSSD外付けハードディスクを選ぶポイント最適なストレージ構成

マザーボード

マザーボードを選ぶときのポイント

液晶ディスプレイ

液晶モニターの選び方4K液晶モニターはこの5つをチェック4K PCモニターの注意点キャリブレーターについて

CPUファン

動画編集向けPCのCPUファン選び方

映像編集向けモニターヘッドホン

MDR-CD900STは今さら買うべき?

編集ソフトに最適なモデル

Premiere ProでオススメのPCとは?After EffectsでオススメのPCとは?EDIUSでオススメのPCとは?DaVinci ResolveオススメPC

パソコンショップについて

動画用PCを買う時のお店の選び方PCメーカーの特徴を徹底解説マウスコンピューターのおすすめPC一覧DAIVとG-TUNEの違いパソコン工房のおすすめPC一覧ドスパラのおすすめPC一覧

ページ上部へ戻る