一眼ムービー撮影あれこれ

  1. ビデオブログを作るために知っておきたい動画編集3つのコツ

    あなたはビデオブログでYouTubeから広告収入を得るユーチューバー(YouTuber)が一体どんなやり方で面白い動画を毎日制作しているかご存じだろうか?今回のエントリーではユーチューバーがどんなことに気をつけながらビデオブログを制作しているのか公開しよう。

    続きを読む
  2. 有名ユーチューバーしか知らない動画撮影7つの原則

    高価なカメラで動画撮影しているのにどうしても素人くさい動画になってしまう。漠然とこんな悩みを持っていた数年前の私。プロから動画撮影や編集方法を学んでみると、実はかなり細かい撮影のルールがあることが分かりました。

    続きを読む
  3. SD?HD?YouTubeにアップする動画の録画フォーマットの選び方

    撮影した素材を編集するとき、ほとんどの編集ソフトはまず最初にフレームサイズを選択する手順になります。この時に初めてサイズについて知った動画クリエイターは私だけではないはずです。(汗) このエントリーでは今更誰にも聞けない、聞くのも恥ずかしい動画の基本中の基本 「フレームサイズ」についてざっくりですが解説いたします。

    続きを読む
  4. ユーチューバーのための自撮り動画5つのキホン

    YouTube定番の自撮り動画は、構図の取り方が上手なユーチューバーさんが撮ったものだと、編集に手間をかけていなくても安心して見続けることができます。今回のエントリーではユーチューバー初心者さんが失敗しやすい構図を挙げて解説します。

    続きを読む
  5. マニュアルで設定して撮影

    動画撮影(一眼レフ)をオートで撮影したときに生じる3つのトラブル

    一眼レフで動画を撮影する時、すべての機能を自動設定にすると様々な不具合が生じます。一眼レフカメラのオート機能は写真撮影であればそんな問題になりませんが動画撮影になると、意図しない映像障害が現れることもあります。

    続きを読む
  6. ゼブラの使い方

    マニュアル露出でゼブラ機能を使う前に解決したい5つの疑問

    明るさのマニュアル調整に慣れないうちは、明るすぎや暗すぎな映像になってしまいます。また、ほとんどのカメラは液晶モニターで見るのと実際に撮影した映像には微妙な明暗の差があります。そんなときに便利な機能がカメラのゼブラ機能です。7つの事例からゼブラ機能を解説しましょう。

    続きを読む
  7. 一眼レフ動画ビギナーから抜け出す3つのカメラ設定とコツ

    一眼レフカメラのプログラムオート機能があればREC(録画)ボタンを押してそれなりにきれいな動画が撮影できます。でも映像が素人っぽいのっぺりと平凡な映像になってしまいがちです。このエントリーではビギナーから一歩抜け出す一眼レフカメラ動画撮影の設定方法を解説します。

    続きを読む
  8. カメラの使い方

    【ユーチューバー向け】一眼カメラ動画撮影の基本操作

    一眼レフカメラとビデオカメラは形状が違いますが、操作の考え方や機能はそんなに違いがありません。一眼レフで動画撮影に取り組む前に、ビデオカメラとの違いを理解すると取り組みやすいです。一眼レフカメラにとっつきにくさを感じている人は今回の解説をよく読んでください。

    続きを読む
  9. 一眼レフカメラで撮影した映像の特長

    一眼レフカメラで撮影した映像の特長

    一眼レフカメラを使って撮影すると素人でもカッコいい動画になります。長時間撮影に向いていない一眼レフカメラですが、短いカットをつないで作る動画には非常に適したカメラです。ここで紹介するサントリーのCMを用い、クリップを分割しながら分析してみましょう。

    続きを読む
  10. 映像カメラマンが仕事をとれない理由

    アマチュアの映像カメラマンが仕事を全くとれない理由

    例えばの話。あなたが自分の結婚式でプロのカメラマンに撮影を依頼したとしましょう。そのカメラマンがあなたの一生に一度の大切な結婚式をiPhoneで撮影し始めたらどう思いますか??きっと怒り狂って文句をいうのではないでしょうか。

    続きを読む

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る