GeForce GTX1060搭載オススメ動画編集用ノートパソコン


動画編集をノートパソコンで選ぶときに考えなければならないことはCPUやグラフィックス性能だけではありません。

性能の高さも必要ですが、発熱や消費電力も考えていきたいところです。

クリエイター用ノートPCミドルクラスに搭載されているGeForce GTX1060は性能の高さはもちろんのこと、コストパフォーマンスの高さでもユーザーにとても評判が良いです。
ここでは「GeForce GTX1060」が搭載された動画編集用ノートパソコンでどこまで動画編集ができるか?

パソコンショップおすすめのGTX1060搭載ノートPCを紹介します。

GeForce GTX1060の特長ってどんな感じ?

GTX1060は、ハイエンドモデルGTX1080と同じアーキテクチャ「Pascal」を採用しているミドルレンジのグラフィックボードです。

そうはいっても、前世代のアーキテクチャ「Maxwell」のハイエンドモデルGTX 980に匹敵するほどのスペックを持つとも言われている、ミドルレンジながらに高性能なことで知られています。

製造プロセスは16nm。

1つ前の世代に比べて動作クロックが大幅に向上しました。

またDirectX12に最適化しており、グラフィックメモリは6GBで8Gbpsと高速に処理します。

ワットあたりのパフォーマンス力が高いGTX1060

動画編集をする上で、正直ノートパソコンはあまりオススメできません。
しかし持ち運びの利便性や外出先での動画編集作業などの理由でノートPCを選択しなければならない場合もあるでしょう。

ノートPCでも動画編集で使うならやはり高性能なスペックの搭載は必須です。

ノートPCは外出先で電源が確保できない場合はバッテリーでの使用も考えられます。
バッテリーの持ちが悪く、持ち運びができないノートパソコンならデスクトップPCを選んだほうがマシです。

GTX1060搭載のデスクトップPCを調べる⇒GeForce GTX1060搭載オススメ動画編集用デスクパソコン

ノートパソコンなら特に消費電力も考えていかなければなりません。

グラフィックボードは一般的に待機電力でも消費しますが、GTX1060は発熱・消費電力も抑えられ、1ワットあたりのパフォーマンスに優れています。

またGTX1060は、CUDAに対応した動画編集ソフトウェアと相性が良くEDIUSやPremiereProで威力を発揮します。

なおGTX1060には、6GBモデルと3GBモデルがラインアップされています。どちらを購入すれば良いのかを悩まれるユーザーも多くいるかと思います。

GTX1060 3GB版

CUDAコア数 1152
ベースクロック 1506MHz
ブーストクロック 1708MHz
メモリ 3GB GDDR5

GTX1060 6GB版

CUDAコア数 1280
ベースクロック 1506MHz
ブーストクロック 1708MHz
メモリ 6GB GDDR5

クロック数に関して差の無い両者ですので、「わざわざ6GBを買う必要がある?」というユーザーの声もあります。

グラフィック性能に関しては、6GBのほうが5~10%ほど良いといわれています。

またビデオメモリの量が多ければ、レンダリングを並列処理することにも優れています。

それは、特に負荷のかかるテクスチャ処理などにいえることでしょう。

フルHDでは性能はほぼ一緒といわれてはいますが、解像度の高い4K動画を扱うなら6GBを選んでも間違いではないかと思います。

GeForce GTX1060搭載の動画編集用PCを選ぶときのポイント

15~20万円ぐらいの予算で買えます

GeForce GTX1060に最適な編集ソフトを使おう

3GBと6GBの二種類がある

2018年 GeForce GTX1060搭載のオススメクリエイターパソコン

GeForce-GTX1060を搭載したパソコンはBTOパソコンで購入するのがオススメです。

パソコンショップのGeForce-GTX1060搭載ノートPCは大体15~20万円の予算で購入することができます。

GeForce-GTX1060のビデオメモリは3GBと6GBの二択です。
4K解像度の動画編集も考えられる場合はGTX1060 6GBモデルがオススメです。

HD動画の編集に限定されるならGTX1060 3GBモデルでも十分対応できるでしょう。

ノート型PCはシングルストレージが多いのが難点ですが、探せばデュアルストレージもあります。
動画ファイルを保存するHDDがあるだけで安心感や快適性は段違いですよ。

マウスコンピューターのオススメGTX1060搭載ノートPC

DAIV-NG5720S1-SH2

GTX1060搭載 デュアルストレージで軽快に作業できるクリエイターノート

CPU:Core™ i7-7700HQ
グラフィックカード:GeForce® GTX 1060(3GB)
SSD:256GB SerialATAIII M.2規格
HDD:1TB SerialATAII 5400rpm

DAIV 公式ページ
icon

パソコン工房のオススメGTX1060搭載ノートPC

SENSE-15QX093-i7-RNRVI-DevelopRAW

パソコン工房のRAW現像向け4Kディスプレイ搭載薄型ノートパソコン

CPU:Core i7-7700HQ
グラフィックカード:GeForce GTX 1060 6GB GDDR5
SSD:250GB NVMe対応 M.2
HDD:1TB Serial-ATA

SENSE 公式ページ
icon

ドスパラのオススメGTX1060搭載ノートPC

raytrek RKF1060TGK 限定モデル

ドスパラのクリエイターパソコン GeForce GTX1060モデル

CPU:インテル Core i7-7700HQ (4コア+HT対応/定格2.80GHz/最大3.80GHz/L3=6MB)
グラフィックカード:GeForce GTX1060 6GB + インテル® HD グラフィックス630(Optimus™ 対応)
SSD:250GB SSD (M.2スロット / AHCI接続)
HDD:1TB (5400rpm)

raytrek 公式ページ

映像でブランディングするプロの全手法を公開

プロモーションビデオを作れるようになりたいけど、構成やディレクションの方法がよく分からないと悩んでいませんか?
ムービーアカデミーでは
あなたの動画の格をあげ、単価をあげる2つのポイント
1台のカメラで擬似3カメ編集 対談動画のポイント
ドキュメンタリームービーの構成テンプレート
など、実績を上げているプロの映像クリエイターから今すぐに活用できる具体的なテクニックを詳細に解説してもらえます。
ぜひ貴社の動画マーケティングにご活用ください。

詳しく見る

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る