目的別 2019年最強グラフィックボード搭載オススメパソコンまとめ

目的別 2019年最強グラフィックボード搭載オススメパソコンまとめ

マウスコンピューター/G-Tune
この記事は2019年6月に更新しました。

目的別 2019年最新グラフィックボード搭載オススメパソコンまとめ

目的別 2019年最新グラフィックボード搭載オススメパソコンまとめ

パソコンの利用目的をはっきりと決めてから買う人が増えています。

 

ネットを利用するだけならスマホで事足りますから、パソコンを購入するのはスマホで出来ないことをやるためでしょう。

 

スマホで出来ないことを具体的に上げてみると、例えば複雑な動画編集とかオンラインゲームとかが挙げられます。

 

パソコンで高度なことをするときに必ず耳にするのが「グラフィックボード」です。

 

パソコンの部品の中では割と高価な部類になります。

 

しかもグラフィックボードの値段の幅は広くて違いが分かりにくいので、どれを買えばよいか全くわからないのではないでしょうか。

 

実は高すぎるグラフィックボードを購入する必要はありません。

 

パソコンショップには使用目的に合ったグラフィックボードが用意されているので、予算に合うパソコンを見つけることができます。

 

ここでは2019年にパソコンを買うならオススメのグラフィックボードと、用途別に最適なグラフィックボードを搭載したパソコンを5種類紹介します。

 

2019年の最強グラフィックボードと初心者オススメはどれよ?

2018年11月以降続々と次世代機が発売されている中で、グラボやパソコンの買い替えを検討されている方は判断がとても難しいと思います。

 

しかしグラフィックボード選びで失敗したくない…という方も、沢山いらっしゃいますよね。

 

2019年になって買い替えを検討されている方は、共に次世代GPUをリリースしているAMDやNVIDIAが良いでしょう。

 

2018年末からリリースが始まったNVIDIAのGeForceRTX2000番台やAMDのRX 590は旧世代のグラフィックボードとは段違いの性能です。

 

特にNVIDIAのGeforce RTX2080は、8K解像度にも対応している為、これまでとは違ったグラフィックの美しさも楽しめます。

 

 

この動画はYouTubeのやむちゃさんの「【グラボ】RTX2080、RTX2080Tiの実際の実力はどうなの?35タイトルのゲームで比較してみた結果!?」です。GTX1080Tiの性能も詳しく解説してくれています。
さらに4分以降では1フレームレート当たりのコストを表した図も紹介してくれており、現時点でどのグラボを買うとコストパフォーマンスが高いのかよく分かるのでぜひ視聴してみましょう。

 

2019年でもGTX1080Tiはこれまで通り評判が良いですね。

 

ただ、発売されたばかりのRTX2080やRTX2070がこれから少しづつ値段が下がってくるうちにRTXの方がお得感が大きくなって移り変わっていくというところでしょう。

 

RTXシリーズは最新のゲームにも最高画質設定でプレイできるようです。(もちろんCPUやメモリースペックも重要ですが)

 

初心者向け!2019年グラフィックボード搭載のおすすめPCはどれ?

 

パソコンにあまり詳しくないけど…グラフィックボードはこだわった方が良いの?


 

近年ではパソコンの普及に伴い、一家に数台という時代になりました。
スマホの普及もあり、購入されるパソコンは目的別に高性能なパソコンが目立っています。

 

様々な高画質ゲームや動画サイトの人気に伴い、グラフィックボードも相応の物が求められています。

 

しかし知識が無い方にグラフィックボードを単品で買い換える、というのはあまりにもリスクが大きいと言えるでしょう。

 

パーツの付け替えも一つ間違えればパソコンが壊れてしまう…そんなケースも沢山あります。

 

初心者さんは高性能グラフィックボード搭載済みのBTOパソコンがオススメです!


BTOパソコンはパソコンショップのオーダーメイドパソコンです。
マウスコンピューター、ドスパラ、パソコン工房のパソコンが人気です。

 

中でも2019年前半に購入するならNVIDIA GTX20XX登場で安くなっているGTX1060またはGTX1070を標準搭載したBTOパソコンをおすすめします。
2019年後半に購入するならNVIDIA GTX20XX搭載のパソコンでしょう。

 

 

BTOパソコンは元々組み立ててある上に、スペックも高性能なだけでなく、コストパフォーマンスにも優れているのです。
高画質にこだわりたい、という方にも適したグラフィックボードとなっています。

 

 

NVIDIAとAMD…どっちがおすすめのグラフィックボード?


 

 

どちらも長所があり、お互いに違った部分が優れている為、使用目的によります。

 

PCゲームをプレイしたり、ゲーム実況中継の録画にも興味が…という方には、NVIDIAがおすすめです。


NVIDIAなら無料で使えるプレイ動画録画機能、ShadowPlayが使えます。
プレイ中の動作も軽くなめらかで、綺麗な画質で録画が可能です。

 

AMDは最新の一部ゲームに特化している物もあります。
全般的にNVIDIAよりもAMDの方がやや性能が高いと言われており、価格も少し安くなっています。

 

どちらも一長一短なので、自分にあった物を選びたいですね。

 

もしもゲームプレイが目的で、プレイタイトルが決まっているのであれば、BTOパソコンも視野にいれてみましょう。

 

グラフィックボードは年々必要性能が高くなっており、製品によってはかなりの違いが生まれています。
ゲームプレイまで視野にいれるのであれば、手の届く範囲でなるべく高性能なグラフィックボードを選びましょう。

2019年最新のグラボを搭載したゲームパソコンはこれだ

 

フォートナイトをガンガンやりたいッス。サクサク動くパソコンってどれッスか?


 

様々な動画共有サイトでゲーム実況を配信したり、友人とわいわい楽しく遊びたくても、パソコン選びは知識が必要ですよね。

 

マウスコンピューターのNEXTGEAR-MICRO im620 シリーズでは高画質・ハイフレームレートで楽しめるゲーム向けにGeForceRTXシリーズを搭載したパソコンが用意されています。

 

GeForce RTX2070搭載のゲームパソコン

 

NEXTGEAR-MICRO im620GA1-SP

 

CPU:インテル Core i7-9700K
グラフィックボード:NVIDIA GeForce RTX2070
メモリ:16GB
ストレージ:M.2 SSD 512GB + HDD 1TB

219,800円(税抜)

マウス公式サイト

 

最近のゲームは特に画質や描画処理というスペックが求められます。
それに伴って高性能なグラフィックボードが必要ですが…このようなゲームモデルパソコンであれば安心して遊べます。

 

 

フォートナイトにおすすめのパソコンみたいだけど、他の最新ゲームも問題なく出来る?


 

マウスコンピューターのRTX2070搭載パソコンはスペックもかなりの高さです。
グラフィックボードはNVIDIA GeForce RTX2070、CPUにはインテル Core i7-9700K を搭載していますので、2019年以降も問題なく遊べます。

 

それどころか、パソコンの知識が無い方でもこのパソコンを買えば、かなり長い間使用できるでしょう。

 

グラフィックも非常に美麗に映し出してくれます。

 

最新のゲームだからこそ、良いグラフィックボードを搭載して綺麗な画面で見たい!そんな願望を叶えてくれるのです。

 

 

有名なゲームソフトにはオススメのパソコンも用意されていますよ


 

パソコンショップでは有名どころのゲームタイトルの推奨パソコンを用意してくれていますので、プレイしたいゲームがあるなら推奨パソコンを選ぶのも良いでしょう。

 

GeForce RTX2070搭載のゲームパソコン

 

NEXTGEAR-MICRO im620GA1-SP

 

CPU:インテル Core i7-9700K
グラフィックボード:NVIDIA GeForce RTX2070
メモリ:16GB
ストレージ:M.2 SSD 512GB + HDD 1TB

219,800円(税抜)

マウス公式サイト

 

近年では、BTOパソコンという知識が無い方でも安心して選べるパソコンが普及しています。

 

特にオンラインゲームは年齢問わず楽しめるので、迷ったら選べるパソコンというのは嬉しいですよね。

最新のグラボでサクサク動く動画編集パソコンはコレ

 

ユーチューバーになって稼ぎたい YouTubeに投稿してみたい!でも…どんなパソコンを買えば良いの?


 

動画編集には高性能なスペックのパソコンが必要だという印象がありますが、YouTubeに配信するためのパソコンはミドルクラスで十分です。

 

例えばマウスコンピューターのクリエイター向けパソコンのDAIVにある DAIV-DGZ530のシリーズがちょうど良いでしょう。
動画編集をやってみたいけど知識が無い…そんな方に最適なパソコンがあります。

 

 

DAIVシリーズは初心者でも上級者でも満足できる性能ですよ


 

DAIV-DGZ530はクリエイター向けパソコンというだけあり、動画編集作業にストレスを感じる事はほぼありません。

 

最高スペックともなれば、NVIDIA GeForce RTX2080という高パフォーマンスなグラフィックボードを搭載しています。
価格もスペックごとで様々ですが、いずれも動画編集に特化したモデルになっているので様々な層のユーザーの要望に応えられるでしょう。

 

 

マウスコンピューターのYouTube配信向けオススメスペック

 

DAIV-DGZ530S3-SH2-VR

 

CPU:インテル Core i7-8700(6コア/ 3.20GHz/ TB時最大4.60GHz/ 12MB スマートキャッシュ/ HT対応)
グラフィックス:GeForce RTX 2060 (6GB)
メモリ:16GB
SSD:240GB Serial ATAIII + HDD 2TB

174,800円(税抜)

マウス公式サイト

 

インターネット上に動画を投稿したい、現状よりも良い環境で作業したい、そう考える人は沢山います。

 

パソコンの知識があまり無い初心者の方でも安心して利用できる、 マウスコンピューターのDAIVシリーズはそんな希望を叶えるパソコンです。

写真の編集がメインなら2019年はこのパソコンが買い

 

写真の加工・編集がメインです。ゆくゆくはRAWデータも扱いたいんですけど…


 

最近は高性能なデジタルカメラなども増え、家族や友人との思い出を色々な形で残す選択肢は沢山あります。
せっかくだから加工したり、綺麗に現像したい…そんな方もおられるのではないでしょうか。

 

マウスコンピューターのDAIV RAW現像モデルは、プロは勿論初心者の方にまで、幅広く満足できるグラフィックボードを搭載しています。

 

 

 

写真撮影や現像にこだわりたい、RAWデータの編集にも興味があるならこのパソコンですね!


 

彩度にとことんこだわりたい、どうせ買うなら良い物を!という方には、是非ともおすすめしたいパソコンです。

 

 

マウスコンピューターのDAIV RAW現像モデルは純国産現像ソフトからも推奨されているので安心ですよ。


 

RAWデータは写真の劣化が非常に少なく、美麗な現像を行う方には馴染みのある形式です。

 

RAWデータについて今は知らないという方でも、写真加工や現像を学んでいくと絶対と言って良いほど興味がわくものとなっています。

 

RAW現像には専用のソフトがありますが、中でも「SILKYPIX」が有名です。

 

 

実はマウスコンピューターにはSILKYPIXの開発メーカーと協力して制作されたDAIV RAW現像モデルがあります。

 

従来のPCよりも写真加工速度を大幅に高速化しました。

 

マウスコンピューター/RAW現像モデル・SILKYPIX対応

 

icon

DAIV-DGZ530S3-SH2-RAW

 

CPU:インテル Core i7-9700K
グラフィックボード:GeForce RTX 2070
メモリ:32GB
ストレージ:SSD 256GB + HDD 2TB

 

239,800円(税抜)

マウス公式ページ

マウスコンピュータのRAW現像推奨PCは快適な作業環境を演出し、満足するだけの機能性をもったパソコンだと言えます。

 

プロの写真家から有名なグラフィックボード企業まで、様々なメディアで推奨されているパソコンです。
2019年にパソコンを買い換えたい、写真加工にこだわりたいという方は、買って損はしないでしょう。

マンガ・イラスト制作で最適なグラボ搭載の最新パソコン

 

イラスト初心者です。イラスト制作対応のパソコン選びってハードル高いです~


 

プロのイラストレーターでも、パソコン選びは難しいと言います。
特にイラスト制作等の初心者にとっても、グラフィックボード等をはじめとしたスペック選びは敷居が高いですよね。

 

マウスコンピューターのイラスト/マンガ制作向けパソコン

 

なかでもマウスコンピューターのイラスト/マンガ制作向けパソコンは、ペイントツールで人気No.1のCLIP STUDIO PAINTによる推奨認定も受けているのです。

 

このスペックと推奨認定は、イラストレーターを志す方にとってかなり嬉しいパソコンではないでしょうか。

 

マウスコンピューター/イラスト制作用パソコン

 

DAIV-DGZ530E1-SH2-CS

 

CPU:インテル Core i5-8400
グラフィックボード:GeForce GTX1050
メモリ:32GB
ストレージ:SSD 240GB + HDD 2TB

 

販売価格を調べる

 

 

レイヤーをたくさん重ねていくと処理が遅くなるのですが、このパソコンなら大丈夫かしら?


 

デジタル環境でのイラスト、漫画制作はネーム、ペン入れ、仕上げといった様々な工程を経て一歩ずつ完成に近づく物ですが、工程が増える度にレイヤーの数も増加します。

 

それに伴って、どうしてもパソコンの負荷が増えてしまうので、安いパソコンを買ってしまうと処理が重い…とがっかりしてしまう方も少なくありません。

 

 

最新のCPUを搭載しているので多数のレイヤー処理でも快適ですよ


 

DAIV-DGZ510S2-SH2-CSの環境下であれば、多数のレイヤー処理を行いながらも、快適で効率の良い作業環境を演出してくれます。
実際に有名なプロのイラストレーターが使用したインタビューもあるので、参考にするのも良いですね。

 

マウスコンピューター/イラスト制作用パソコン

 

DAIV-DGZ530E4-S2-CS

 

CPU:インテル Core i5-9400
グラフィックボード:GeForce GTX1660
メモリ:32GB
ストレージ:SSD 240GB

139,800円

マウス公式ページ

 

知識の無い方や入門者にとって、パソコン選びは指標が無く難航してしまいます。
こうした推奨パソコンは、その名の通り目的に応じて制作されているので、きっと欲求を満たしてくれる事でしょう。

 

最新グラボで4画面でも安心のデイトレ株パソコン

 

デイトレに特化したパソコンがほしい!おすすめはない?


株やFXのトレードはスマホアプリでもできるようになっていますが、プロのトレーダーやデイトレーダーはやはりパソコンを使います。

 

中でも4つ以上のモニターを用意して、それぞれ異なるチャートを表示してトレードするのが便利です。

 

パソコン工房のPRO-kabu.4v6は4画面出力のパソコンであり、トレーディング専用の物となっています。

 

一度に複数の情報が必要となるデイトレに特化しており、グラフィックボードもタイムラグを感じさせない仕様のモデルを搭載しているのです。

 

kabuパソ

 

kabuパソシリーズとも呼ばれているこのパソコンは、パソコンに詳しくない方でも安心して使えるだけでなくサポートも充実しています。

 

更にkabuパソシリーズでは、専用トレーディングソフトも付属しており、専門スタッフが設定を行ってくれる点も嬉しいですね。

 

 

パソコン工房のトレードパソコンは業界初の2WAY注文に対応しています


 

パソコン工房のkabuパソでは高機能トレーディングツール最新版に対応しています。

 

長時間におけるオンライントレード環境を利用できる、最適なスペックを搭載しているのです。

 

対応していても設置や使い方が…といった方でも、専門スタッフが自宅へ伺い、様々な設定を行ってくれるので安心ですよね。

 

4画面出力に対応しつつ、長時間トレードでも不快感を感じないグラフィックボードを搭載したパソコン、迷ったらこれを選びましょう。

 

 

パソコン工房の4画面トレード用PC

 

icon

kabuステーション(R)動作推奨スペック・「kabuパソ」 4画面モデル

 

Core i5-8500
グラフィックボード:Geforce GT1030 2GB
メモリ:8GB
ストレージ:HDD 1TB

 

販売価格を調べる

 

パソコン工房のデイトレ専用パソコンはすばやいデイトレ環境が手に入る事でも有名で、様々なニーズに応えています。

 

初心者から上級者のトレーダーにまで、幅広いユーザー層が活用できるスペックと言えるでしょう。

G-Tune

マウスコンピューターが人気の理由
マウスコンピューターでは最新のグラフィックボードを搭載したハイエンドゲーミングパソコンを多く取り揃えています。 他のBTOパソコンショップに比べて在庫数が多く、希望するグラフィックボードを搭載したパソコンがすぐに見つかるでしょう。

パソコン工房CGWORLDコラボ・動画編集向けパソコン

パソコン工房のメリット
パソコン工房ではGeforce GTXシリーズを搭載したパソコンが充実しています。 価格設定が比較的安価なのでコスト重視の方はチェックしておきたいショップです。

2019年 グラフィックボード オススメパソコン

ドスパラも評判イイ!
ドスパラではGeforceの上位モデルを中心にゲーミング用にカスタマイズされたパソコンを多く取り揃えています。 中でもEスポーツ公認のGAMEMASTERシリーズがオススメです。
トップへ戻る