GeForce GTX1060搭載オススメ動画編集用デスクパソコン


※2019年8月更新しました

動画編集用のパソコンでCPUの次に重点を置きたいパーツとしてグラフィックカードが挙げられます。

グラフィックカードのメーカーNVIDIAのミドルクラスモデルGeForce GTX1060は動画編集パソコンの中級機に多く搭載されています。

ここではGeForce GTX1060搭載のデスクパソコンを選択する場合にチェックしておきたいことやオススメのショップパソコンを紹介します。

ハイエンドモデルGTX1080と同じアークテクチャ採用したGTX1060

NVIDIA社から販売されている「GeForce GTX 1060」の基本設計はハイエンドモデル「GTX1080」と同じアークテクチャ「Pascal」を採用しています。

16nm FinFETプロセスルールに縮小され、パフォーマンスが劇的に向上しました。

新世代のミドルレンジ向けの規格ながらもハイエンドモデルを体感できるともいわれています。

プロセスルールとは:半導体に組み込まれる回路の配線幅のことを指します。
配線幅が狭いほど半導体に組み込まれる回路をより複雑に配置できることから、このプロセスルールはグラフィックボードの性能を評価する上で大変重要なものとされています。

GeForce GTX1060の特長

GeForce GTX1060はコンピュータータスクとグラフィックタスク、これら2つの切替えを可能とするプリエンプション(別称:コンテキストスイッチ)を採用し、高いフレームレートが必要なVRなどの演算処理が強化されています。

また、マルチプロジェクションという同じシーンを最大で16という複数からの視点で描写生成できる機能を採用しています。

コードネーム GP106(Pascal)
製造プロセス 16nm
ブーストクロック 1.708GHz
ビデオメモリ GDDR5 SDARM
メモリ量 6GB
メモリバス幅 192bit
メモリクロック 8GHz
プロセッサ数 1,280

GeForce GTX1060搭載でおすすめの動画編集パソコンは?

GeForce GTX1060が搭載されたパソコンで、動画編集を行うとしたら、どのようなものを選べば良いのでしょう?

NVIDIA社のGeForceシリーズは、3Dの映像をより鮮明・滑らかにさせ、ゲーミング用のパソコンに適しているといわれるのが一般的な見方です。

GeForceはGPGPUシステムを発揮させるCUDAを採用していますので、グラフィック以外の演算処理も可能としています。

CUDA対応の動画編集ソフトウエアを使用する環境のパソコン、または所有しているパソコンにGeForce GTX1060に最適なソフトを組み込むことをおススメします。

GeForce GTX1060搭載の動画編集用PCを選ぶときのポイント

15万円ぐらいの予算で買えます

GeForce GTX1060に最適な編集ソフトを使おう

4K編集するならさらに上のグレードがオススメ

2018年 GeForce GTX1060搭載のオススメクリエイターパソコン

GeForce-GTX1060を搭載したパソコンはBTOパソコンで購入するのがオススメです。

パソコンショップのGeForce-GTX1060搭載PCは大体15万円の予算で購入することができるでしょう。

GeForce-GTX1060のビデオメモリは3GBと6GBの二択です。
4K解像度の動画編集やカラーグレーディングを行う場合はもう少し高いスペックのグラフィックボードが必要です。

HD動画の編集に限定されるならGTX1060でも対応できるでしょう。
YouTube用動画編集に最適です。

マウスコンピューターのGeForce GTX1060搭載オススメパソコン

マウスコンピューターではGeForce GTX1060搭載パソコンの販売を終了し、後継機であるGTX1660搭載パソコンを販売しています。

マウス公式ページ

パソコン工房のGeForce GTX1060搭載クリエイターPC

SENSE-R029-i7SX-RN-DL

ハイパワーCore i7-9800XとGeForce GTX 1060を搭載した動画編集向けパソコン
CPU:Core i7-9800X
グラフィックス:GeForce GTX 1060 6GB
メモリ:32GB
ストレージ:HDD 1TB

174,980円(税別)

PC工房公式ページ

ドスパラのGeForce GTX1060搭載クリエイターPC

ドスパラでは現在GeForce GTX1060から、GTX1660やRTX2060搭載パソコンへ更新しています。

ドスパラ 公式ページ

合わせて読みたい記事⇒GTX1060搭載のノートPCを調べる

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1.5万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書いています。

動画制作に興味がある方はぜひ読んでみてください!


また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

動画編集用パソコンのススメ

動画編集用パソコンの選び方動画編集用PCのおすすめスペック動画編集用ノートPC選択5つのポイント

価格で選ぶときのポイント

10万円以内15万円以内20万円以内25万円以内30万円以内35万円以内40万円以内

4K高画質向けパソコン

4K動画編集用PCおすすめスペック4K動画編集はデスクトップが良い?4K編集向けの周辺機器

CPU

動画編集で快適なコア数とはCore i7Core i9

グラフィックカード

グラフィックボードの失敗しない選び方動画編集でQuadroは必須なのか?動画編集用パソコンとGeForceの相性

メモリ

動画編集でメモリは32GBが良い?

ストレージ

動画編集におすすめのSSD外付けハードディスクを選ぶポイント最適なストレージ構成

マザーボード

マザーボードを選ぶときのポイント

液晶ディスプレイ

液晶モニターの選び方4K液晶モニターはこの5つをチェック4K PCモニターの注意点キャリブレーターについて

CPUファン

動画編集向けPCのCPUファン選び方

映像編集向けモニターヘッドホン

MDR-CD900STは今さら買うべき?

編集ソフトに最適なモデル

Premiere ProでオススメのPCとは?After EffectsでオススメのPCとは?EDIUSでオススメのPCとは?DaVinci ResolveオススメPC

パソコンショップについて

動画用PCを買う時のお店の選び方マウスコンピューターのおすすめPC一覧パソコン工房のおすすめPC一覧ドスパラのおすすめPC一覧

最近の記事

ページ上部へ戻る