動画編集用パソコン選びでQuadroは本当に必須なのか?

この記事は2024年4月に更新しました。また記事にはプロモーションが含まれています。

 

パソコンで動画編集をするなら、高性能なGPUを選びたいところです。
もちろんQuadroもGeForceも、AMD社のRadeonも高性能には変わりありません。

 

 

では一体どのGPUを選んだらよいのでしょうか?

 

中でも人気の高いGPUの「Quadro」は、動画編集用パソコンを選ぶときに絶対に必要なのでしょうか?

 

>>ビデオカード搭載 動画編集にオススメのPC4モデルをすぐに確認する

 

記事監修者

ビデオグラファー 動画編集者 おーとふぉーかす

2018年からBTOパソコンを使った動画編集の検証を実施し、これまで年間20台以上 累計100台以上のパソコンレビュー記事を執筆しました。PC通販サイトとコラボで動画編集用のパソコンの企画・販売や当サイト限定クーポンの配布を行っています

動画編集初心者の方向けにパソコンの選び方を解説してみました。
ゲームPC選びにも役立つと思うのでぜひご覧ください。

QuadroとGeForceでは用途が違う!動画編集ではどっちが有利?

Quadro RTX 4000

 

目的によってGPUに求められるものにも違いがあります。

 

ゲームを楽しむ・動画編集、動画再生、それ以外のソフトウエア…それぞれに用途が違います。

 

Quadroは、NVIDIA社から販売されているビデオチップですが、同社からはもう1つのビデオチップとして、GeForceシリーズが出ています。

 

グラフィックス処理性能の高いGeForceはゲーム用途に適していることと比べて、Quadroは動画編集に最適なGPUです。

 

 

色深度RGB各色8ビット、約1677万色の出力に対応しているGeForceと比較して、Quadroは色深度RGB各色10ビット、10億6433万色もの出力に対応しています。

 

より精密な色彩・グラデーションが求められる動画編集には、Quadroのほうが適しているのです。

 

 

この動画はユーチューバーKazuさんの「QUADRO K4000の実力検証!動画エンコード時間は変わるのか?」です。Quadroを搭載したパソコンでPremiereProのモニターや書き出し処理の速度を分かりやすく検証してくれています。Quadroを検討している人はぜひ視聴してみてください。

 

Quadroは、動画編集のほかにも画像編集・3DCGのモデリング・医療イメージング・建築設計など、幅広いクリエイターに使われている業務用向けのGPUとして考えられています。

 

一昔前、動画編集はプロの映像制作会社とハイアマチュアユーザーだけに取り組まれていましたが、最近は気軽に動画撮影・編集するユーザーが増えたこともあり、Quadroを搭載しているパソコンも販売されているのが目にとまります。

 

このように、Quadroは動画編集に適しているGPUではあるのですが、動画編集用パソコンにQuadroは絶対に必須か?と問われれば、実は必ずしもそうではないのです。

 

 

Quadroを搭載しても意味がない?動画編集ソフトとQuadroの関係性

Quadro RTX 4000

 

もしQuadroを推奨している動画編集用ソフトがあれば、それはQuadro特有の機能に対応できるように開発されています。
なので、そういった動画編集用ソフトにはQuadroが適していると思います。

 

しかし必ずしもQuadroを必須としていないソフトウェアでは、その種類によっては、逆に動作が遅くなったりなどの不具合が生じる場合もあるのです。

 

Quadroのドライバは、OpenGLを高速処理できるよう最適化されています。

 

動画編集ソフトがOpenGLへ依存しているか否かで、Quadroのパフォーマンスが左右されるでしょう。

 

 

またQuadroは、マルチディスプレイもサポートしています。
動画編集の効率をあげるために複数台モニターを使っているのなら、Quadroを選ぶ価値は十分あります。
Quadroはそのような作業環境の構築が可能です。

 

もしQuadroを導入したいのであれば、まずは動画編集で使用するソフトウェアがQuadroを推奨しているかどうかを確認しましょう。

 

そしてQuadroが搭載されているパソコンなら、Quadroの力を発揮できる動画編集ソフトを選ぶことをオススメします。

GeForce RTXシリーズならQuadroを超えた性能になる?

GeForce RTX 3060

 

NVIDIAのグラフィックカードには現在GeFoce GTX 1660シリーズ・1650シリーズのほかにGeFoce RTX 30XXシリーズがあります。

 

またQuadroの後継機となるRTX Aシリーズもあり、とりわけQuadro RTX 4000の後継でNVIDIA RTX A4000もあります。

 

この中で映像編集向けのパソコンにはGeFoce RTX 30XXシリーズが広く普及しており、4K動画編集をする方にはGeFoce RTX 3070・GeFoce RTX 3060が人気のビデオカードとなっています。

 

これはGeFoce RTXシリーズからQuadroのように4K 10bitの映像が扱えるようになってきたことが理由です。

 

(グラフィックドライバーのアップデート(NVIDIA Studioドライバーのインストール)や4Kモニターの利用といった条件を満たす必要があります。)

 

本来ゲーム向けのビデオカードとなるGeFoce RTXシリーズで高価なQuadroと同様の動画編集ができるなら、限られた予算でパソコンを用意する方は嬉しいはずです。

 

Quadroの後継であるNVIDIA RTX Aシリーズが非常に高価なので、今のところはQuadroかGeFoce RTXのビデオカードを選ぶのが良いでしょう。

 

Quadro搭載の動画編集向けパソコンおすすめ3モデルを紹介

 

BTOパソコンはQuadro搭載の動画編集用パソコンがかなり多く揃っています。

 

Quadro搭載モデルが必要なのが分かった時点でここで紹介するパソコンショップで見積もりをとってもらいましょう。
思っていたより安い価格になるかもしれませんよ。

 

マウスコンピューター

 

マウスコンピューターにはグラフィックカードにNVIDIA Quadroを搭載した動画編集向けパソコンを豊富に取り揃えているBTOパソコンショップです。
マウスコンピューターのAfter Effects向けQuadro RTX4000搭載パソコンが25~30万円程度です。
徐々にNVIDIA RTX Aシリーズに移り変わっております。

 

公式ページを見る

 

パソコン工房

 

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

パソコン工房ではQuadroは業務用のグラフィックスとしており、Quadro RTX4000はハイエンド、QuadroP2000をミドルレンジとして用意しています。とは言え15万円ぐらいでQuadroP2000搭載のクリエイター向けパソコンを買えるのでハードルはそれほど高くありません。
4K動画ならQuadro RTX4000を狙っていきましょう。

 

公式ページを見る

 

ドスパラ

 

ドスパラではAdobe PremierePro、After Effects推奨パソコンの最上位機種にQuadroを搭載し、エントリー・ミドルクラスはGeforce搭載モデルとしています。Quadroが本当に必要かどうか十分考えて購入するのが良さそうです。
ドスパラでは購入後のグラフィックカード追加・交換サービスをやっているので、一度使ってみて後々アップグレードするということも可能です。

 

公式ページを見る

 

マウスコンピューターのNVIDIA RTX・Quadro搭載動画編集用パソコン

MousePro BP-I7N2A

CPU:Core i7-13700F 
グラフィックス:NVIDIA RTX A2000 12GB 
メモリー:16GB PC5-38400 
ストレージ:M.2 SSD NVMe Gen4 500GB 

274780円(税込)

>>公式ページを見る

パソコン工房のNVIDIA RTX・Quadro搭載動画編集用パソコン

SENSE-F079-137F-NLX?

CPU:Core i7-14700F 
グラフィックス:NVIDIA RTX T1000 8GB  
メモリー:32GB PC5-38400 
ストレージ:M.2 SSD NVMe 1TB 

244800円(税込)

>>公式ページを見る

ドスパラのNVIDIA RTX・Quadro搭載動画編集用パソコン

raytrek MEXQ20

CPU:Core i7-14700F 
グラフィックス:NVIDIA RTX A2000(12GB) 
メモリ:16GB PC4-25600 
ストレージ:M.2 SSD NVMe 500GB 

280600円(税込)

>>公式ページを見る