動画編集用パソコンでSSDとHDDはどのぐらい違うのか?

この記事は2024年4月に更新しました。また記事にはプロモーションが含まれています。

 

SSDとHDD。もしかしてパソコン初心者の方には、両者の違いどころか何のことだか分からないかもしれません。

 

 

SSDとHDDはストレージ(記憶装置)としてパソコンに必要不可欠なパーツです

 

動画編集パソコンを選択する上でSSDとHDDの違いやそれぞれの性能を理解しておくことは重要です。

 

ここでは、動画編集用パソコンでストレージを搭載する場合、SSDとHDDではどのように違うのか?ということを解説していきます。

 

>>高速SSD搭載のおすすめ動画編集用パソコン4台をすぐに確認する

 

記事監修者

ビデオグラファー 動画編集者 おーとふぉーかす

2018年からBTOパソコンを使った動画編集の検証を実施し、これまで年間20台以上 累計100台以上のパソコンレビュー記事を執筆しました。PC通販サイトとコラボで動画編集用のパソコンの企画・販売や当サイト限定クーポンの配布を行っています

この動画では動画編集者向けのストレージの選び方について解説しました。
どのSSDやハードディスクを選べば良いか分からない方はぜひ視聴してみてください。

 

HDDとSSDの特徴

動画編集に最適な大容量内蔵HDD

 

HDDは、hard disk drive(ハードディスクドライブ)の略であり、レコードのような円盤状のディスクと、モーターにより稼働する磁気ヘッドで構成されています。

 

HDDは、パソコン内部の情報を記憶・読み出しをする装置として長年にわたり使われてきました。

 

ただこのHDDは、構造上壊れやすいというデメリットがあります。

 

外部からの衝撃などに弱く、磁気ヘッドのクラッシュ(衝突)により、致命的なダメージを与える恐れが常にあります。

 

経年劣化による動作不良の可能性もあることから、定期的なバックアップは必須ともいえます。

 

また、ディスク上を磁気ヘッドが稼働することから動作音があり、その稼働時間からタイムロスを生じやすい。

 

消費電力が高く発熱しやすいという、いつくかのデメリットが特徴として挙げられます。

 

そこでいまHDDの代わりとなりつつあるものがSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)です。HDDと同じ役割がありますが、こちらはチップと基盤だけで構成されています。

 

 

HDDと真反対という、以下のようなメリットがあります。

 

・衝撃に強い
・無音
・ランダムアクセス※が速い
・消費電力や発熱は低い

 

※ランダムアクセス:記憶装置にアクセスする方式。読み書きする目的のデータだけをファイルの先頭から順番に検索してアクセスする

 

両方のメリットを取り入れた利用も可能

SATA III 接続のSSD

 

パソコンを動画編集用として使うなら、その動作環境が最適でなければ相当なストレスがたまります。

 

動画編集後、書き出し時間が8時間〜それ以上かかる場合があります。

 

修正の度に多くの時間を費やすので、納期が厳しいプロジェクトの場合は寝る間もなく編集作業を課せられるかもしれません。

 

最適にするその1つとして、HDDやSSDは性能の良いものを選びましょう。

 

 

動画編集には大きなストレージ容量が必要です。

 

SSDはTLC NANDメモリが導入されて以降、SSDも大容量化・低価格化が進んでいますが、HDDと比較すると容量が少ない割に価格が高いのがデメリットです。

 

もしもSSDだけでストレージを構成するとしたら、予算も大きく見積もる必要があるでしょう。

 

そして速度だけをみればSSDのほうが圧倒的に有利ですが、SSDは書き換え回数に制限があるというデメリットもあります。

 

ですが、両者は併用して使えるので、例えば起動ディスクはSSD、保存はHDDに…といった、両者の特徴を踏まえたうえで組み合わせるのも良いのではないでしょうか?

 

 

HDDは目的・用途により性能を高める製品が増加した傾向にあります。またSSDに限っていえば、先にも記載したとおり大容量化・低価格化はこれからも進むことと思います。

 

タイミングを見計らってSSDを増築するのも良いかもしれません。

 

動画編集用パソコンは性能・耐久性・価格など、HDDそしてSSD、両者の最新トレンドを把握しながら検討することをオススメします。

 

動画クリエイター用パソコンで人気のHDD Seagate 7200rpm

 

 

クリエイター用パソコンで人気のSSD Crucial

 

 

高速SSD搭載の動画編集用パソコンを買うならこの4台がオススメ

 

BTOパソコンショップで動画編集用パソコンを購入すれば、ほとんどの場合CドライブにSSDを搭載したモデルを手に入れることができます。
最近の傾向ではM.2 SSDを搭載した動画編集用パソコンが主流です。

 

マウスコンピューター

 

マウスコンピューターにはクリエイターパソコンのDAIVを選ぶことでSSD搭載の高速処理性能を持った動画編集用パソコンを手に入れることができます。
4K動画編集を前提とするなら500GB以上の容量を持ったM.2 SSD搭載パソコンを選ぶのがオススメです。

 

NEXTGEAR JG-A5G60

CPU: Ryzen 5 4500  
グラフィックス:GeForce RTX 4060 8GB 
メモリ:32GB PC4-25600 
ストレージ:M.2 SSD NVMe 1TB 

137500円(税込)

>>公式ページを見る

 

当サイト限定販売でお買い得です

※オプションでLEDケースファンを搭載できます

G-Tune DG-I5G60

CPU:インテル Core i5-14400F
メモリ:16GB PC5-38400
グラフィックス:GeForce RTX 4060 8GB
起動ディスク:M.2 SSD NVMe Gen4 500GB
保存ディスク:HDD 2TB 
空冷CPUクーラー・DVDドライブ標準搭載 
電源:750W

179800円(税込)

>>公式ページを見る

 

パソコン工房

 

パソコン工房のSSDはSAMSUNG製のSSDが主流となっており、M.2 SSDは高速処理性能を誇ります。
パソコン工房の通販サイトでは購入時にSSD容量を自由に選択できるので、用途に合わせて最適なSSD・HDDを搭載したパソコンを手に入れることができますよ。

 

LEVEL-R776-147F-RLX

CPU:Core i7-14700F 
グラフィックス:GeForce RTX 4060 8GB GDDR6
メモリ:32GB PC5-38400 
ストレージ:M.2 SSD NVMe 1TB 

204800円(税込)

>>公式ページを見る

 

ドスパラ

 

ドスパラの大容量SSDを搭載したパソコンはゲーミングPCまたはクリエイター用PCのどちらでも選べますが、デュアルストレージ対応のパソコンはクリエイターPCのGALLERIA / raytrekシリーズのほうが充実しています。
ドスパラならコストパフォーマンスの高いSSD搭載動画編集用パソコンを手にれることができますよ。

 

GALLERIA RM7C-R46-C 動画編集向けモデル

CPU:Core i7-14700F 
グラフィックス:GeForce RTX 4060 8GB 
メモリ:32GB PC4-25600 
ストレージ:M.2 SSD NVMe Gen4 1TB 

220580円(税込)
※4月24日時点の価格です。最新の価格は公式ページをご確認下さい

>>公式ページを見る