動画編集用パソコンの内蔵ハードディスク容量はどの程度必要?オススメのHDD

この記事は2024年4月に更新しました。また記事にはプロモーションが含まれています。

 

大容量のハードディスクは、コストパフォーマンスにも優れ人気の秘訣です。

 

また大容量化し続ける一方で、性能も向上しています。消費電力の軽減、そして静音化が進んでいます。

 

大きな役割を持つハードディスクですが、動画編集用パソコンにはどのくらいの容量が必要なのでしょうか?

 

>>高速SSD搭載のおすすめ動画編集用パソコン4台をすぐに確認する

 

記事監修者

ビデオグラファー 動画編集者 おーとふぉーかす

2018年からBTOパソコンを使った動画編集の検証を実施し、これまで年間20台以上 累計100台以上のパソコンレビュー記事を執筆しました。PC通販サイトとコラボで動画編集用のパソコンの企画・販売や当サイト限定クーポンの配布を行っています

この動画では動画編集者向けのストレージの選び方について解説しました。
どのSSDやハードディスクを選べば良いか分からない方はぜひ視聴してみてください。

HDDには用途によって設計が違う

個人用PCのSATAIII接続ハードディスク

 

情報処理の高速化が望めるSSDと比較して、HDD(ハードディスク)は、データを大容量記憶できるという点が、大きな特長です。

 

SSDも低価格化が進んでいますが、まだまだHDDには敵いません。そしてHDDは、用途の細分化が進んでいます。

 

 

デスクトップパソコン向け・ネットワークHDD(NAS)・監視システム用のHDDなど、目的によって設計されており、速度・安定性・価格など、どこにパフォーマンスを重視しているかにも違いがあります。

 

動画編集をするにあたって、HDDは内蔵ハードディスクとして用意したほうが作業を効率的に進めることができます。

 

監視システム用は用途が全く異なるので論外ですが、NASなどのネットワークHDDなら「複数のパソコンで共有して使えるから良いのでは?」と思うユーザーもいるでしょう。

 

ですが、ネットワークHDDでは速度の問題が生じます。

 

仕上がった動画などを保存する用途なら良いかもしれませんが、編集作業においては動作が遅くなったりエンコードの時点でつまずくこともあります。

 

映像制作会社でよく利用される内蔵HDD ウェスタンデジタル

 

動画編集初心者の方向けにパソコンの選び方を解説してみました。
ゲームPC選びにも役立つと思うのでぜひご覧ください。

この動画の7:23以降では動画編集用のパソコン向けのSSDとHDDについて解説しましたので合わせて視聴してみてください。

動画編集用パソコンには大容量の規格サイズ

低価格化が進むSATAIII接続 SSD

 

ストレージには高速処理を図れるSSDもありますが、大容量のファイルを扱う意味ではやはりHDDは低価格で使い勝手が良いでしょう。

 

HDDとSSD、2つを使い分けることでどちらのメリットも得られるかと思います。

 

 

最近は手軽に4K撮影ができることから、高ビットレートの動画が増えました。

 

そういった点から、動画編集で取り扱うメディアファイルひとつひとつのサイズがとても大きなものになっています。

 

動画編集用パソコンに搭載したい内蔵ハードディスクは、最低でも1TBまたは2TBは欲しいところです。

 

いまやHDD市場は大容量で低価格化が進んでいます。7,8千円ほどで3TBほどのHDDも購入できることから、お財布に余裕があればそのくらいのものでも良いですね。

 

 

もしそれ以上のハードディスクを購入したいなら、あとから追加して※RAID 0で動作環境を作っても良いですね。

 

※RAID 0:2台以上のディスクを組み合わせて並列処理していくことで、速度高速化を図る。

 

動画クリエイターに人気のM.2 SSD

 

 

高速SSD搭載の動画編集用パソコンを買うならこの4台がオススメ

 

ここでは映像制作会社にも人気があるパソコンショップを人気順に並べました。

 

BTOパソコンショップでは動画編集用パソコンをクリエイターパソコンから選べます。

 

マウスコンピューター

 

マウスコンピューターのクリエイターパソコンにはデュアルストレージ仕様が主流で、Cドライブ用にM.2 SSDを搭載したモデルもあります。

 

高画質化が進んでいるので、データ保存用HDDは3TBはほしいところ。

 

マウスコンピューターなら比較的安価な動画向けパソコンでも大容量HDDを搭載しているのでオススメです。

 

DAIV FX-I7G60

CPU:Core i7-14700KF 
グラフィックス:GeForce RTX 4060 8GB 
メモリ:32GB PC4-25600 
ストレージ:M.2 SSD NVMe 1TB 

シークレット価格 ⇒228800円(税込)

>>シークレット価格のページを見る

※当サイトはMouse様より特別に許可を頂いてシークレット価格のページを紹介しています

 

当サイト限定販売でお買い得です

DAIV FX-I7G7S

CPU:インテル Core i7-14700F 
メモリ:32GB PC5-38400 
グラフィックス:GeForce RTX 4070 SUPER(12GB) 
ストレージ:M.2 SSD NVMe Gen4 1TB + HDD 2TB 
水冷CPUクーラー・DVDドライブ標準搭載 
電源:750W 

304800円(税込)

>>公式ページを見る

 

パソコン工房

 

パソコン工房もクリエイター向けパソコンではデュアルストレージを推奨しており、通販サイトで簡単に追加注文(増設)できるようになっています。

 

中でもM.2 SSDにすることで起動速度や読み書き速度を向上できるので、お値段が少し上がりますがオススメです。

 

LEVEL-R776-147F-RLX

CPU:Core i7-14700F 
グラフィックス:GeForce RTX 4060 8GB GDDR6
メモリ:32GB PC5-38400 
ストレージ:M.2 SSD NVMe 1TB 

204800円(税込)

>>公式ページを見る

 

ドスパラ

 

ドスパラのクリエイター向けパソコン GALLERIA / raytrekシリーズには4K動画編集向けパソコンが用意されています。SSD+HDDのデュアルストレージが標準となっております。

 

GALLERIA ZA9C-R47

CPU:Core i9-14900KF 
グラフィックス:GeForce RTX 4070(12GB) 
メモリ:32GB PC5-38400 
ストレージ:M.2 SSD NVMe 1TB Gen 4

354979円(税込)
※4月24日時点の価格です。最新の価格は公式ページをご確認下さい

>>公式ページを見る