自作パソコン CPUクーラーおすすめ5選と選び方を徹底解説するよ

この記事は2024年2月に更新しました。また記事にはプロモーションが含まれています。

自作でパソコン組むときに
純正のCPUクーラーじゃダメなの?

自作パソコンを作るためにCPUを買ったら、多くの場合箱の中にCPUクーラーが入っています。

 

これは純正クーラー(リテールクーラー)と呼ばれるものです。

 

ところが自作パソコンを事前に調べていると、純正クーラーを使わずに別途で購入したCPUクーラーを使っているのをよく見かけますよね。

 

 

CPUクーラーのお悩み例

 

✅純正CPUクーラーではダメなの?
✅どんな用途なら高価なCPUクーラーを選べばよい?
✅水冷クーラーと空冷クーラーはどちらが良い?
✅非純正品のCPUクーラーは取り付け難しい?

 

CPUクーラー選びは自作パソコンのパーツ選びで悩ましい選択の一つです。

 

ここでは自作パソコン初心者の方向けにCPUクーラーの選び方を徹底解説します。
そしておすすめのCPUクーラー5つのモデルを紹介します。

 

>>自作パソコンにおすすめ! CPUクーラー5選

 

記事監修者

ビデオグラファー 動画編集者 おーとふぉーかす

2018年からBTOパソコンを使った動画編集の検証を実施し、これまで年間20台以上 累計100台以上のパソコンレビュー記事を執筆しました。PC通販サイトとコラボで動画編集用のパソコンの企画・販売や当サイト限定クーポンの配布を行っています

この動画では自作パソコンを組みたい動画編集者の方向けにパーツ選びについて詳しく解説しました。
組み立て方については「自作パソコンの組み立ての流れを動画編集者さん向けに解説」で解説したので合わせてご視聴ください。

CPUに付属のCPUクーラーはダメなの?

CPUに付属するCPUクーラー(リテールクーラー)

 

自作パソコンのパーツを選んでいるとき、CPUクーラーがひとつのパーツとして販売されているのを見て

 

「CPUに付属しているものをそのまま使うより、別にCPUクーラーを買った方がいいのかな?」と悩んだ経験がある方も多いかもしれません。

 

CPUクーラーが単独で販売されているとなんとなく純正の付属CPUクーラーでは不足があるような気がしてしまいますよね。

 

ですが実際のところ、普通に使用する分には純正CPUクーラーを使っていてもまったく問題はありません。

 

ここで言う「普通」とは、オーバークロックを想定しない使い方のことです。
オーバークロックすることを前提とするのであれば、別途CPUクーラーを購入することはもちろん、通気性の高いPCケースを使う必要があるでしょう。

 

オーバークロックとは、メーカーが動作保証しているクロック周波数以上の数値で動作させることで、CPUの処理速度をさらに向上させることを指します。

 

普通に使用するときよりも、一段と速いスピードで処理ができるようにはなりますが、メーカーの保証範囲外の使い方であり、保証がつかないという点には注意が必要です。

 

オーバークロックを行うとそれだけCPUの温度も高くなり、付属の純正CPUクーラーでは冷却が追いつかなくなって熱暴走を起こしてしまいます。
オーバークロックによる熱暴走を防ぐためには、冷却性能が純正のものよりもさらに強力なCPUクーラーが必要になるというわけです。

 

CPUクーラーの種類と空冷・水冷どっちが良いか

水冷ユニット

 

CPUクーラーには、大きく分けてふたつの種類があります。

 

ひとつは空冷式のCPUクーラー、もうひとつは水冷式のCPUクーラーです。
それぞれにメリット・デメリットなどが異なるので、比較するためにも双方の大まかな特徴をご紹介します。

 

空冷CPUクーラー

 

大型のラジエーター付きCPUクーラー

 

ファンがついており、風を起こしてCPUを冷やすタイプのCPUクーラーです。

 

種類によってその仕組みは少しずつ異なりますが、近頃はCPUの熱をコアプレートからヒートパイプへと伝導していき、ヒートパイプをヒートシンクが冷やし、さらにヒートシンクをファンが冷やす…というタイプのCPUクーラーが多いようです。

 

空冷CPUクーラーは種類も多く、ファンが大きいもの、ヒートシンクの性能がいいものなど、冷却効果や音の大きさに違いがあらわれます。

 

水冷CPUクーラー

 

360mm ラジエーター付き水冷ユニット

 

ポンプとチューブ、ラジエーター、ファンで構成されているCPUクーラーが水冷クーラーです。

 

さらに細かく分けると簡易水冷と本格水冷がありますが、一般的に水冷クーラーと言えば簡易水冷クーラーを指し示すことが多いです。

 

まず、ポンプでCPUの熱を奪い、熱が移って温まった循環液がチューブを通ってラジエーターへ、そしてラジエーターが空気中に熱を放出するのとともに、ラジエーターにファンが風を当てることでさらに冷却効果をアップさせる…という仕組みになっています。

 

冷やされた循環液はまたチューブを通ってポンプへと戻り、上記の手順を繰り返す流れになります。

 

実際に同じ条件下で空冷CPUクーラーと水冷CPUクーラーの冷却効果を比較してみると、水冷CPUクーラーの方が優れている傾向があり、平均すると3度から6度ほどCPUの温度を低く保ってくれます。

 

高性能で高度な情報処理をするCPUほど温度が高くなるため、高性能な自作パソコンをつくりたい場合は水冷CPUクーラーの方が向いているといえます。

 

 

静音性に関しても、水冷CPUクーラーの方が若干静かです。

 

といっても水冷CPUクーラーにもファンがついていて回転するのは変わらないため、そこまで大きな差はないと考えていいでしょう。

 

静音性を重視する場合、どちらの種類のCPUクーラーを選ぶかよりも、静音ファンが使われているかどうかに注目して選んでみてください。

 

性能のいい水冷CPUクーラーですが、デメリットとして価格が全体的に高いということが挙げられます。

 

 

まためったにないことですが、循環液が漏れるなど、空冷CPUクーラーにはないトラブルのリスクがあることも意識しておきたいところですね。

CPUクーラーの選び方

高さが15.8cmになるnoctua NH-U12A

 

CPUクーラーと一口に言っても、実際にはいろいろな種類の製品があります。
たくさんある製品の中から、どんなポイントに注目してひとつを選べばいいのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?

 

まず、空冷CPUクーラーと水冷CPUクーラーのどちらを選ぶかを決めましょう。

 

空冷CPUクーラーと水冷CPUクーラーには、それぞれメリット・デメリットがあります。

 

一般的に高性能なCPUには冷却機能に優れている水冷CPUクーラーが向いているとされますが、価格が高価である点、水漏れする可能性がゼロではない点に注意が必要です。

 

自作パソコンに使うCPUの性能やどんな用途に使う予定があるかなどをふまえて、空冷か水冷かを選びましょう。

 

 

空冷CPUクーラーの選び方

 

CPUクーラーの高さはケースの横幅の長さ以内に収めるのが肝心

 

空冷CPUクーラーを選ぶ場合、気をつけたいポイントは「他のパーツと干渉しないかどうか」です。

 

空冷CPUクーラーはCPUに直接取り付ける上、性能がいいものはそれだけサイズも大きいので、性能だけを見て選ぶと他のパーツに干渉して取り付けられないことがあります。

 

いちばん干渉が起こりやすいのは、PCケースのサイドパネルです。

 

空冷CPUクーラーの端がサイドパネルに当たってケースを閉められなくなってしまうのです。

 

CPUの高さは必ず調べる

 

目安として、150mm以上の高さがあるCPUクーラーはサイドパネルと干渉する可能性が高いと覚えておきましょう。

 

PCケース側で対応しているCPUクーラーの高さを公開していることも多いので、あらかじめ確認してみてください。

 

大型CPUクーラーはメモリを挿してから取り付ける

 

またメモリも、干渉が起こることがあるパーツです。
大きなヒートシンクを搭載しているモデルを選ぶと取り付けられないケースがあります。

 

また干渉まではいかずとも間隔が狭すぎて後からメモリをスロットに取り付けられない、といったケースもあります。

 

この場合、メモリ交換・増設の際にCPUクーラーを取り外さなければならず、多大な手間がかかります。

 

これらを踏まえて慎重に製品を選びましょう。

 

 

水冷クーラーの選び方

 

画像引用元:Amazon

 

水冷CPUクーラーには、本格水冷と一体型水冷と呼ばれるふたつのタイプの製品があります。
自作パソコンでは一体型水冷が使われるのが一般的なので、ここでは一体型水冷のCPUクーラーを選ぶ際のポイントについてご紹介します。

 

水冷CPUクーラーはラジエーターの長さをチェック

 

水冷CPUクーラーの性能は、ラジエーターのサイズで決まります。
ラジエーターのサイズは、一般的に、120mm、240mm、280mm、360mmの4つに分かれています。

 

ラジエーターが大きいものほど冷却性能が高く、240mm以上のサイズのラジエーターを使っているモデルではファンをふたつ以上取り付けることになります。

 

また、水冷CPUクーラーではラジエーターをPCケースに固定するため、PCケース側が対応しているサイズの水冷CPUクーラーを購入する必要があります。

 

ラジエーターを取り付けるためのネジ穴はファンのネジ穴と共通なので、搭載可能なファンの数を調べるとそのPCケースがどのサイズのラジエーターまで対応できるかが大体わかります。

 

PCケースによっては、対応しているラジエーターの種類が仕様の中に明記されていることもあるので、まずはチェックしてみましょう。

 

マザーボードと天板までの距離は要チェック

 

空冷CPUクーラーとはまた違った部分で、他パーツとの干渉にも気を配らなければいけません。
CPUソケット周辺のパーツは問題ないのですが、ラジエーターとマザーボードの間では干渉が発生する恐れがあります。

 

ラジエーターは、一般的に厚みが25mmほどあります。

 

ファンを取り付けると、合わせて50mmほどの厚みとなります。

 

天板に取り付けるとすると、干渉を避けるためにはマザーボードと天板の間に少なくとも50mm以上のスペースを確保する必要があります。

 

ATX用ケースの中には前側にラジエーターを設置可能

 

購入してから干渉することがわかった場合、返品以外で解決する方法は多くありません。

 

ATX対応のPCケースの場合は前側にラジエーターを装着できるものもあるので便利ですが、サイズの小さいMicroATXやMini-ITXでは失敗すると致命的です
水冷CPUクーラー選びではPCケースのチョイスが非常に重要になるため、あらかじめ対応しているかどうか必ず調べてみましょう。

 

CPUクーラーの固定方法

CPUクーラーを取り付け固定する方法としては、「バックプレート式」「プッシュピン式」「クリップorレバー式」の3種類が一般的です。
それぞれの方法の詳細についてご紹介します!

 

バックプレート式

 

CPUクーラーとマザーボードを固定するバックプレート

 

プレートを使って、CPUクーラーとマザーボードを挟み込み固定する方式をバックプレート式といいます。

 

マザーボードの背面にCPUクーラーのバックプレートを取り付ける

 

大きいヒートシンクでも安定してしっかり固定できるというメリットがあります。

 

CPUクーラーを取り付けるときにマザーボードを一旦外さなければいけないため、作業時には工具が必要になります。

 

プッシュピン式
プッシュピン式でCPUクーラーを装着

 

インテルのCPUに採用されている取り付け方法で、CPUクーラーのピンを押し込んで固定するという方法です。

 

工具等必要ないため、取り付け作業が非常に簡単であるというメリットがあります。

 

とはいえ、対角で留めることをはじめ独特のコツを知る必要があることに注意です。

 

クリップorレバー式

 

AMD Ryzenのリテール(純正)クーラー

 

intelのCPUに採用されているプッシュピン方式に対し、AMDのCPUに採用されているのがこのクリップorレバー式です。

 

AMDのCPUに同梱されているリテールCPUクーラーがこの仕様になっています。

 

CPUクーラーにはアタッチメントが複数あり、複数のCPUソケットに対応していますが、マザーボードのソケットタイプを事前に調べておき、対応している製品を選ぶようにしてください。

 

CPUクーラーの取り付け作業時の注意として、CPUクーラーの向きが合っているかどうかにも気を配りましょう。

 

空気の流れを乱す向きで取り付けてしまうと、かえって熱が内部にこもってしまうリスクがあります。

 

エアフローの向きにも、注意して取り付けましょう。

CPUグリスの塗り方・拭き取り方

CPUの温度を、CPUクーラーのヒートシンクへと伝導させるために必要になるのが「CPUグリス」です。

 

CPUグリスは時間が経過するとともに乾燥してきて本来の機能を果たせなくなるため、乾燥したら拭き取り、また新しく塗り直す必要があります。

 

CPUグリスの塗り方
CPUクーラーに付属のグリス。注射器のような容器に入っています

 

CPUグリスの容器は注射器のような形をしています。

 

先端のキャップを取り外して、CPUの上にグリスを適量塗布します。

 

CPUグリスがはみ出た状態 左:マザーボードのCPUソケット 右:CPU

 

注意したいのが、CPUグリスを出しすぎてしまうことです。
容器には数回分の量が入っているため、塗りすぎてしまうことが多いのです。

 

また、CPUグリスは粘性があるものと、サラサラとして良く伸びるタイプがあります。

 

伸びやすいグリスはCPUを装着した後、縁からはみ出してCPUについたり、マザーボードのCPUソケット部分を汚してしまう場合があります。

 

多少グリスが付着してもCPUは稼働しますが、気持ちが悪いですよね。

 

グリスの性質によって塗り方を変える

 

私のやり方ですが、サラサラのグリスは中央にのせて、伸ばさずにCPUクーラーを付けます。

 

CPUクーラーをねじ止めして圧着するとグリスは伸びるので、縁からはみ出ていないかネジを回しながら確認します。

 

一方で、粘りのあるグリス(主に別売り オススメ)はCPUの上に放射線を描くように付けます。

 

そして付属のヘラを使って少し伸ばします。
多く出しすぎたときも、ヘラであれば余剰分をすくい取って調節しやすいです。

 

また、粘りのあるグリスはある程度へらで伸ばさないと広がりません。

 

どちらも塗りすぎは禁物です。

 

サラサラのグリスよりも粘りがあるグリスの方がはみ出しを防げるので、自作パソコン初心者の方にはおススメします。

 

CPUクーラーを設置するとその分圧力がかかり縁の方までグリスが伸びるので、縁ぎりぎりの細かいところまで無理をして塗る必要はありません。

 

CPUグリスの拭き取り方

 

乾燥したCPUグリスを拭き取るには、ウェットクリーニングティッシュが便利です。

 

CPUクーラーを一旦取り外してから、ウェットクリーニングティッシュを用いてCPUグリスをきれいに拭き取ります。

 

そしてCPUクーラーのヒートシンク側に付着したグリスも同様に拭き取ります。

 

コツとしては、力を入れすぎずごく優しく拭き取ることです。

 

乾いたグリスがなかなか取れないとつい力が入りそうになりますが、CPUのヒートスプレッダは非常にやわらかく、簡単に傷がついてしまいます。

 

急がずていねいに、優しく拭き取るよう心がけましょう。

自作パソコンにおすすめ! CPUクーラー5選

Deepcool AS500 CPUクーラー AS500 R-AS500-BKNLMN-G

 

Deepcool AS500 CPUクーラー Ryzen5000シリーズ対応

 

Deepcool AS500はインテル・AMD両方に対応する空冷タイプのCPUクーラーです。

 

コンパクトサイズでメモリと干渉しません。
厚さがわずか48mmのスリムヒートシンクを採用したことで、コンパクトな構造になっています。

 

ですが冷却性能が空冷では最高クラスなこともあり、自作パソコンのCPUクーラーとしても最適です。

 

特許取得済みのファンによる静音性が魅力です。

 

TF140S PWMファンが採用されていて、羽の外側に独特な形状なスリットが入っています。
このスリットで乱流が抑制することで、静音性と排熱効率を高めているのです。

 

冷却性能の高さが特徴も特徴の1つです。
ナロー型放熱フィンの採用と、56枚のアルミニウム板を使った仕様になっています。

 

放熱面積が大きく、コンパクトサイズの空冷でも冷却性能は、最新のCPUでも利用できるほどです。

 

 

Corsair iCUE H150i RGB PRO XT CW-9060045-WW(簡易水冷 3ファン)

 

Corsair iCUE H150i

 

電源ユニットで人気メーカーのCorsair製簡易水冷ユニット iCUE H150i RGB PRO XTも高い冷却性が特徴です。

 

水冷一体型になっていて、120mmファンが3基搭載されています。

 

水冷のポンプヘッド部分にはLEDが採用されていて、パソコンを光らせたいという人にもおすすめです。
自作パソコンのCPUクーラーとしては、動画編集やゲーマー向けになります。

 

静音性が高いのも魅力の1つになります。
磁気ベアリングのMLシリーズファンが採用されていて、このファンは磁気浮上によって静粛性がましているのです。
幅広いレンジでの回転制御にも対応しています。

 

ICUEが便利です。
総合管理ソフトウェアのことで、付属のUSBケーブルを接続することで、システムのモニタにリングが可能になります。

 

CPU温度やファンの回転数なども管理できるので、高負荷の作業が多い人におすすめです。

 

 

Noctua NH-U12A

 

ノクチュア NH-U12A

 

Noctua NH-U12Aは空冷クーラーでは最高クラスの冷却性能が特徴です。
本体は120mmサイズのファンをサイドに2つ搭載している形なのですが、140mmファン搭載のクーラーに匹敵する冷却性能があります。

 

旧来の製品と比較すると37%以上も表面積が向上しているので、性能もアップしているのです。

 

サイズが小型なのも魅力になります。
設計の段階でメモリに干渉しないように作られていて、最大で高さ42mmまでなら大丈夫です。

 

ヒートシンク付きのメモリを使っていても問題なく利用できます。

 

高性能ファンも特徴の1つです。
NF-A12x25 PWMという単体でも販売されているファンなのですが、PC用だけではなくラジエーターの冷却にも使われるほどす。
静粛性と耐久性も強いので、自作パソコンのCPUクーラーにこだわりたい人向けでしょう。

 

 

TH240 ARGB Sync Snow Edition CL-W301-PL12SW-A [ホワイト] (簡易水冷 2ファン)

 

Thermaltake TH240 ARGB Sync Snow Edition

 

Thermaltake TH240 ARGB Sync Snow Editionは本体色が特徴的なのに注目したいです。
一般的にCPUクーラーと言えば黒の本体色が多いのですが、この製品は白が使われています。

 

白のLEDファンも搭載されているので、ケースから白で纏めたい人にとっては白の簡易水冷CPUクーラーとして第一の選択肢でしょう。

 

高い冷却性能に期待できます。
熱伝導効率を高める銅製をベースとしたウォーターブロックには、高い信頼性を持つポンプも併用されているのが特徴です。

 

放熱効率をアップさせるファンも2基搭載しているので、高負荷作業用自作パソコンのCPUクーラーとしておすすめです。

 

パソコンを光らせたい人にも向いています。

 

マザーボード上から一括操作ができるピンだけではなく、付属のコントローラーから操作することも可能です。

 

ピンの数が不足する時でも、付属のコントローラーを仕えば一括管理ができます。

 

 

虎徹 MarkII SCKTT-2000

 

虎徹 MarkII

 

虎徹 MarkIIは省スペース化によってPCケースの選択肢が増えたことが特徴の1つです。
従来の製品と比較すると、全高が6mm低くなっています。

 

CPUクーラーの有効スペースを考えると、コンパクトミドルタワーでも使える汎用性の高さは初めての自作パソコン用CPUクーラーとしても使いやすいでしょう。

 

全体的なコンパクトさに磨きがかかっています。
メモリスロットに干渉しないナロータイプフィン構造です。

 

メモリスロットとの距離が保たれるようになっているため、大型のヒートスプレッダ付きのOCメモリでも安心して利用できます。

 

コストパフォマンスが良い製品です。
全体的にサイズダウンを行ってコンパクト設計になりましたが、従来製品と比較しても冷却能力が低下していません。

 

それでいて価格的にもほぼ変わらないので、自作パソコンのCPUクーラーとして優秀です。

 

自作パソコン CPUクーラー選びと取り付け方徹底解説 まとめ

CPUクーラーの選び方は

 

CPUクーラーの選び方のポイント

 

✅オーバークロック、または長時間負荷をCPUかける場合、社外品がおすすめ

 

✅空冷クーラーは高さを調べるのが必須。PCケースに入るか確認する

 

✅水冷クーラーはマザーボードと干渉する場合がある

 

 

といった感じです。

 

CPUクーラーのグリスは縁まで塗らない方が良いですね。

 

粘りのあるグリスの方がはみ出しにくいので、お気に入りのグリスを見つけることが失敗しない近道になるでしょう。

 

ご自身にピッタリのCPUクーラーを手にいれて、取り付けに失敗しないようにしてくださいね!