40万円以内のおすすめ動画編集パソコン4選

この記事は2024年4月に更新しました。また記事にはプロモーションが含まれています。

 

10万円以下で購入できる激安な製品もあれば、性能を追求して生まれたハイスペックなマシンまで、パソコンの価格は千差万別。

 

ここでは40万円以内で購入できる動画編集パソコンについて考えてみましょう。

 

40万円という予算になると動画編集が快適なのは当たり前で、「パソコンのロマンを語る方向き」と言っても過言ではありません。

 

 

40万円の予算はVFXやVRクリエイター向けのパソコンです

 

とはいえ最強性能のCPUを搭載するにはまだ予算が足りないということもあります。

 

では40万の予算でベストの選択とは一体どんなものでしょうか?

 

>>動画編集にオススメの40万円以内で手に入るデスクPC4モデルをすぐに確認する

 

記事監修者

ビデオグラファー 動画編集者 おーとふぉーかす

2018年からBTOパソコンを使った動画編集の検証を実施し、これまで年間20台以上 累計100台以上のパソコンレビュー記事を執筆しました。PC通販サイトとコラボで動画編集用のパソコンの企画・販売や当サイト限定クーポンの配布を行っています

動画編集初心者の方向けにパソコンの選び方を解説してみました。
ゲームPC選びにも役立つと思うのでぜひご覧ください。

予算40万円以内だと、スペックの高さをどこまで追求できる?

40万円予算のハイスペックPCは水冷クーラーが多いです

 

低価格が条件に入ってしまうと、どこかのパーツを妥協しなければいけない厳しい現実があります。

 

しかし予算が十分にあれば、納得できるマシンを手に入れることができるでしょう。

 

そうはいっても大手メーカーのパソコンに手を出してしまっては、金額の割には無駄なソフトウエアが入っていたりと損をするだけです。

 

40万の予算が組めるならパソコンショップのBTOパソコン一択です。

 

自作パソコンで組んでいきたい方もおられるかと思いますが、40万のパソコンは各パーツが高性能であり高価です。

 

ちょっとしたミスで10万円のパーツを壊してしまう可能性だってあります。

 

これまで何度も自作パソコンを組んできた方ならともかく、一度も組んだことがない場合は悪いことは言いません。
プロに任せましょう。

 

 

BTOパソコンで40万円のPCを構成してもらう場合、多くはベースとなるマシンの構成を変更しながら組み立てていきます。

 

そのため知識がない初心者でも、40万円以内の予算で自分がイメージしている通りのハイスペックなパソコンを手に入れることができます。

予算40万円で考えるCPU選び

パソコンは8割がたCPUで決まるものです。

 

これは40万円のPCでも変わりありません。

 

 

最新世代プロセッサの上位モデルを搭載するのが良いでしょう

 

例えばIntelのCPUだと、2022年10月にリリースされたRaptor Lakeアーキテクチャーの「Core i7-13700K」では16コア24スレッドとなっています。

 

対応ソケットはLGA1700を導入し、Core i7シリーズ・プロセッサとしてハイエンド向けのCPUとして販売されています。

 

ですが、その価格はCPU単体で6~7万円。Kシリーズにしてはかなり低価格になってきたというものの、依然高価なCPUです。

 

Core i7-13700Kが搭載されているクリエイター向けのパソコンは、パソコンショップのBTOパソコンで30万円ぐらいから手に入ります。

 

しかしCore i7-13700Kの少し前に発売開始したインテルCPU「Core i7-12700K」を搭載したマシンを基準として選べばかなり価格を抑えられます。

 

またAMD社だとRyzen Threadripperが最強モデルになります。

 

Ryzen Threadripperは64コア128スレッドという最上位モデル「Ryzen Threadripper 5995WX」を筆頭に、驚異のパフォーマンスを発揮します。

 

しかし残念ながら10コア以上のCPUに対応していない編集ソフトではほとんど意味がないので、Ryzen CPUを選ぶならRyzen 9シリーズで十分と言えます。

 

第13世代Core i7とRyzen 9は消費電力も高めなので、電気代も覚悟しなければなりません。

 

本当に必要かどうかよく考えて購入しましょう。

 

40万以内で動画編集用パソコンを探すときのポイント

 

最強CPUの1ランク下がオススメ!
ロマン価格&性能!本当に必要か見極めよう
消費電力も考えて選ぼう

 

40万円のおすすめ動画編集用パソコン4選

40万円クラスになると消費電力も大きいので、毎月の電気代のことも考えて省電力モデルに設計できないか、パソコンショップのスタッフさんに相談するのが良いです。

 

また、本当にここまでのスペックが必要なのかもじっくり検討してください。

 

ただしロマンを追い求めたい方はこのままどんどん突っ走っちゃいましょう!

 

マウスコンピューター DAIV 40万円以内モデル

 

G-Tune DG-I7G7S

CPU:Core i7-14700F 
グラフィックス:GeForce RTX 4070 SUPER 12GB 
メモリ:16GB PC4-25600 
ストレージ:M.2 SSD NVMe Gen4 1TB 

シークレット価格 ⇒279800円(税込)

>>シークレット価格のページを見る

※当サイトはMouse様より特別に許可を頂いてシークレット価格のページを紹介しています

 

パソコン工房の予算40万円以内オススメモデル

 

LEVEL-R776-147F-VTX

CPU:Core i7-14700F 
グラフィックス:GeForce RTX 4080 SUPER 16GB 
メモリ:16GB PC5-38400 
ストレージ:NVMe対応 M.2 SSD Gen4 1TB

362800円(税込)

>>公式ページを見る

 

ドスパラの予算40万円以内オススメモデル

 

GALLERIA XA7C-R48

CPU:Core i7-14700F 
グラフィックス:GeForce RTX 4080 16GB 
メモリ:32GB PC4-25600 
ストレージ:M.2 SSD NVMe 1TB

400980円(税込)
※4月24日時点の価格です。最新の価格は公式ページをご確認下さい

>>公式ページを見る