予算は最低でもいくら必要?動画編集パソコンのうまい買い方


※2021年8月更新しました

「動画編集をするためのパソコンが欲しい。」目的ははっきりしているものの、一体いくら予算を組めば良いのか…。

パソコンが欲しくても詳しくないユーザーなら、まず知りたい部分ではないでしょうか?

動画編集用でパソコンを選ぶときに決めないといけないのが予算です。
予算を組んでいないと、パソコンの価格は膨れ上がるばかりです。

ここでは、動画編集パソコンを購入する前の上手な予算決めについて解説します。


動画編集初心者の方向けにパソコンの選び方を解説してみました。ぜひご覧ください。

大手メーカーのパソコンは動画編集に特化して作られていない


あまりパソコンに詳しくないユーザーにとっては、大手メーカーのパソコンを購入したほうが価格も明確。その日に購入して使えるという手軽さがあります。
ですが、もし目的がはっきりしているのなら、踏みとどまり考え直して欲しいのです。

大手メーカーの設計したパソコンは、必要なソフトウエアが事前に組み込まれた上で販売されている製品が数多くあります。

デザインも豊富で魅力は十分にあります。
ですが使っていくうちに、有難いと思っていたプリインストールされたソフトたちは、段々と邪魔になってくるのも確かです。

自由度が低く拡張性がないことに不便さを覚えてくるでしょう。

「高いお金を出したのに割に合わない…。」後からになって後悔するユーザーも少なくありません。

パソコンの価格はピンからキリまであります。
その価格はスペックに左右されます。
パソコンに詳しくないユーザーでは、家電量販店で販売されているパソコンを見に行っても、価格という情報しか分からないでしょう。

合わせて読みたい記事:動画編集用パソコンを買うときのお店の選び方

動画編集パソコンに必要なスペックは?

ハイスペックなパーツを詰め込んだ動画編集用のパソコン

目的が動画編集なら、高い画像処理能力が求められます。

ある程度のスペックを持つパソコンでないと、動作が重くなったりフリーズするなど、ストレスを感じるハメになるでしょう。

CPUは動画編集なら、最低でもCore i5以上は搭載したいところです。

メモリも8GBから16GBの容量が必要です。これが4K動画になると、現行で主流となるCore-i7はもちろん32GB以上のメモリを搭載して欲しいものです。

ストレージは転送速度や処理速度の点で考えるとSSDがオススメですが、高価格なのがネックです。

予算を抑えるならSSDとHDDの使い分けでもいいでしょう。

ビデオカードですが、これは編集ソフトによって左右されますので合わせて考えてください。

参考:プレミアでサクサク動画編集するのに必要なスペック

ビデオカードは無くても良いなんていう声もありますが、より良い作品を作るなら搭載することをオススメします。

また、現在販売されている動画編集ソフトウエアは4K対応のものばかりですので、もし4K動画を出力するとなると、それに対応したディスプレイも必要です。

予算として考えると、Core i7を搭載したパソコンでマシン本体だけなら10万円前後で購入が可能です。

下記の製品はIntelの最新CPU Core i7-10700が搭載して13万円程となっています。

Core i7最新シリーズが搭載されたオススメパソコン

マウスコンピューターと当ブログのコラボ企画のパソコンでお買い得な製品です。

DAIV Z5-MVPR(i5-10400 ver)

CPU:Core i5-10400
メモリ:16GB PC4-21300
グラフィックス:GeForce GTX1650 GDDR6(4GB)
ストレージ:M.2 SSD NVMe 512GB + HDD 2TB

119,800円(税込 131,780円)

>>販売ページを見る


CPUに「Core i7-10700」を搭載しています。

Core i7-10700は8コア16スレッドとなっており、処理速度を大幅に強化したCore i7最新モデルとなっています。

メインドライブには512GBのM.2 SSDに加えてデータ保存用のストレージとして2TBのHDDを搭載しています。

グラフィックボードはGeForce GTX1660 SUPERを搭載し、低消費電力でワットパフォーマンスに優れています。

カスタマイズ可能なBTOパソコンがオススメ

BTO(ビルト・トゥ・オーダー)パソコンなら、購入時にカスタマイズできるメリットがあります。

「CPUのスペックをダウンする代わりに、HDDの容量を増やしたい」
「スペックはこのままで、あとで増設しよう」

などと自由度が高く、予算に合わせてパーツを構成していくことが可能です。

これなら予算内で思い通りのパソコンを購入できるのではないでしょうか?

ある程度の知識があれば、購入後の増設もできます。
あとから安いパーツを探して取り付けるのも良いですね。

予算内で購入するマウスコンピューターの動画編集用パソコン

マウスコンピューターの通販サイトに価格でソートする機能はありませんが、用途・CPU・ビデオカード別に検索すると値段の安い順番で表示されるようになっており、非常に便利です。
また、通販でもカスタマイズパーツを自由に選べるようになっているので、求める性能のパソコンを予算内に抑えてカンタンに購入できますよ。

>>マウス通販サイトを見る

予算内で購入するパソコン工房の動画編集用パソコン

パソコン工房の通販サイトでは予算に合わせてパソコンを購入できるページが用意されています。価格順に表示でき、セール商品も一目瞭然です。

値段重視で動画編集用パソコンを購入する方には最適です。

>>パソコン工房通販サイトを見る

予算内で購入するドスパラの動画編集用パソコン

ドスパラの通販サイトでは5万円単位で予算の条件を変更して商品をソートできるようになっており、CPU・ビデオカード・メモ・ストレージが一覧表示されます。
納期も明記されているので、予算に合った動画編集用パソコンをすぐに見つけて手に入れることができますよ。

>>ドスパラ通販サイトを見る


ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:動画制作・ブロガー
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1.6万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書いています。

動画制作に興味がある方はぜひ読んでみてください!

動画編集用パソコンのススメ

動画編集用パソコンの選び方動画編集用PCのおすすめスペック動画編集用ノートPC選択5つのポイント

価格で選ぶときのポイント

10万円以内15万円以内20万円以内25万円以内30万円以内35万円以内40万円以内

4K高画質向けパソコン

4K動画編集用PCおすすめスペック4K動画編集はデスクトップが良い?4K編集向けの周辺機器

CPU

動画編集で快適なコア数とはCore i7Core i9Ryzen 5Ryzen 7Ryzen 9

グラフィックカード

グラフィックボードの失敗しない選び方動画編集でQuadroは必須なのか?動画編集用パソコンとGeForceの相性

メモリ

動画編集でメモリは32GBが良い?メモリ32GBと64GBの違いを検証

ストレージ

動画編集におすすめのSSD外付けハードディスクを選ぶポイント最適なストレージ構成

マザーボード

マザーボードを選ぶときのポイント

液晶ディスプレイ

液晶モニターの選び方4K液晶モニターはこの5つをチェック4K PCモニターの注意点キャリブレーターについて

CPUファン

動画編集向けPCのCPUファン選び方

映像編集向けモニターヘッドホン

MDR-CD900STは今さら買うべき?

編集ソフトに最適なモデル

Premiere ProでオススメのPCとは?After EffectsでオススメのPCとは?EDIUSでオススメのPCとは?DaVinci ResolveオススメPC

パソコンショップについて

動画用PCを買う時のお店の選び方PCメーカーの特徴を徹底解説マウスコンピューターのおすすめPC一覧DAIVとG-TUNEの違いパソコン工房のおすすめPC一覧ドスパラのおすすめPC一覧

ページ上部へ戻る