Core i9搭載のオススメ動画編集用パソコン


※2020年11月更新しました
動画編集やオンラインゲームなど画像処理が主なソフトウェアを使用する場合、パソコンのスペックに高い性能を求められます。

なかでも動画編集は高性能なCPU性能を要します。

最近では動画編集に対応できるPCの要望も多く、高性能なCPUが毎年発売されています。

なかでもCore-i9は高画質な動画編集用のパソコンに最適なCPUとして映像クリエイターに人気があります。

2020年はインテルのCPUは第10世代がリリースし、Core i9の性能はさらにアップしています。

ここではCore i9がどんなCPUなのか?Core i9搭載のおすすめ動画編集パソコンはどんなものか?紹介します。


動画編集初心者の方向けにパソコンの選び方を解説してみました。ぜひご覧ください。

抜群の処理能力を持つ!i7の上位モデル「Core i9」

BTOパソコンショップで主流のCore i9は10コア20スレッドのCore i9-10900Kとなっています。

この他にも最上位モデルの「Core i9-10980XE」は18コア36スレッドと、従来のモデルから大幅に性能が向上しています。

今後は第10世代のCore i9に移り変わり、しばらくは第9世代Core i9が型落ちでお買い得な価格設定になるのが予想されます。

Core i9-10900K Core i9-10980XE
10コア20スレッド 18コア36スレッド
定格周波数:3.70GHz

ターボブースト時周波数:5.30 GHz

定格周波数:3.00GHz

ターボブースト時周波数:4.60 GHz

メモリーの種類:DDR4-2933 メモリーの種類:DDR4-2933
最大メモリー容量:128GB 最大メモリー容量:256GB
消費電力:125W 消費電力:165W
CPUソケット:FCLGA1200 CPUソケット:FCLGA2066
内蔵グラフィックス:インテルUHD 630 内蔵グラフィックス:なし
販売価格:6.5~7.2万円 販売価格:11.5~15万円

第10世代のCore i7の主流モデルであるCore i7-10700Kは8コア16スレッドで、マルチスレッド機能を持っています。

第9世代Core i7ではマルチスレッド性能がなかったのもあり、マルチスレッド性能を持つCore i9-9900Kの人気が高かったです。

しかし、第10世代インテルCPUはCore i7にマルチスレッド性能が復活したので、必ずしもCore i9を選ぶ必要がなくなってきています。

CPUベンチマーク 第10世代インテルCPU Passmark

CPU全体の性能、シングルスレッド性能ともにCore i7-10700KはCore i9-9900Kを上回っています。

Core i9-10900KとCore i7-10700Kの差は4,000ポイント以上の差となっています。

また第9世代のCore i9に比べると、第10世代インテルCPUはTDP(放熱量)が高くなっており、CPUに負荷をかける動画編集では相応の冷却装置が必要になります。

BTOパソコンでCore i9が導入されたマシンを手に入れるには?

Core i9 搭載PC 水冷ユニットを合わせることが多い

Core i9搭載のパソコンを買うならBTOパソコンショップがオススメです。

これまでCore i9搭載のパソコンとなると予算25~30万円ぐらいで考えなければなりませんでしたが、2020年は15万円ほどでも見つかります。

Core i9が身近なものになってきています。

ただし、動画編集で使うなら、十分な空き容量を確保できるストレージと16GB以上のメモリーを搭載したパソコンを選ぶのが良いです。

また性能の高いCPUを使い動画編集をするとなると発熱の心配があげられますが、グリスを良いものにするなど許容範囲内で変更も可能です。

BTOパソコンではCore i9の性能を十二分に発揮するためにCPUファンに水冷クーラーを標準装備したパソコンもありますよ。

2020年 Core i9 を搭載した動画編集用パソコンがお買い得

2020年は第10世代Core i9がリリースされましたが、依然としてコスパの高い第三世代Ryzenの人気が衰えません。

どちらを買うかは悩みどころですが、Core i9を搭載したパソコンは発熱の面から大型の冷却装置が必要になるので、お値段はやや高めとなります。

ここではCore i9と動画編集向けのグラフィックカードを搭載したパソコンを紹介しましょう。

マウスコンピューターのCore-i9オススメ動画編集PC

DAIV-Z9-Z390

8コアCPUと8GBビデオメモリのグラフィックスを搭載した動画編集パソコン
CPU:Core i9-9900K
グラフィックス:GeForceRTX 2070 SUPER(8GB)
メモリー:32GB  PC4-21300
ストレージ:M.2 SSD 512GB NVMe + 2TB

174,800円(税別)

>>販売ページを見る

当サイト限定モデルをカスタマイズすると

当サイトとマウスコンピューターのコラボ企画限定販売モデルを上記のスペックにBTOカスタマイズすると3万円ほど安く購入できます。

DAIV Z7-MVPR【Windows10】

CPU:Corei7-10700
メモリ:16GB PC4-21300
グラフィックス:GeForce RTX2070 SUPER(8GB)
ストレージ:SSD 512GB + HDD 2TB
光学DVDドライブ USB3.0接続 高速カードリーダー搭載

159,800円(税別)

>>販売ページを見る


※BTOカスタマイズは通販サイトで設定してください。

パソコン工房のCore-i9オススメ動画編集PC

LEVEL-R049-LCiX8K-TWXH

Core i9 10コア20スレッドとGeForce RTX 2080 SUPER 8GB搭載のフルタワーパソコン
CPU:Core i9-10850K
グラフィックス:GeForce RTX 2080 SUPER (8GB)
メモリ:16GB PC4-21300
ストレージ:M.2 SSD NVMe 500GB + HDD 2TB

179,980円(税別)

>>販売ページを見る

ドスパラのCore-i9オススメ動画編集PC

GALLERIA ZZ

第10世代 Core i9 10コア20スレッドとRTX2070 SUPER搭載のフルタワーパソコン
CPU:Core i9-10900X
グラフィックス:GeForce RTX 2070 SUPER (8GB)
メモリ:32GB PC4-23400
ストレージ:NVMe SSD 1TB

224,980円(税別)

>>販売ページを見る


ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:動画制作・ブロガー
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1.6万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書いています。

動画制作に興味がある方はぜひ読んでみてください!

動画編集用パソコンのススメ

動画編集用パソコンの選び方動画編集用PCのおすすめスペック動画編集用ノートPC選択5つのポイント

価格で選ぶときのポイント

10万円以内15万円以内20万円以内25万円以内30万円以内35万円以内40万円以内

4K高画質向けパソコン

4K動画編集用PCおすすめスペック4K動画編集はデスクトップが良い?4K編集向けの周辺機器

CPU

動画編集で快適なコア数とはCore i7Core i9Ryzen 5Ryzen 7Ryzen 9

グラフィックカード

グラフィックボードの失敗しない選び方動画編集でQuadroは必須なのか?動画編集用パソコンとGeForceの相性

メモリ

動画編集でメモリは32GBが良い?メモリ32GBと64GBの違いを検証

ストレージ

動画編集におすすめのSSD外付けハードディスクを選ぶポイント最適なストレージ構成

マザーボード

マザーボードを選ぶときのポイント

液晶ディスプレイ

液晶モニターの選び方4K液晶モニターはこの5つをチェック4K PCモニターの注意点キャリブレーターについて

CPUファン

動画編集向けPCのCPUファン選び方

映像編集向けモニターヘッドホン

MDR-CD900STは今さら買うべき?

編集ソフトに最適なモデル

Premiere ProでオススメのPCとは?After EffectsでオススメのPCとは?EDIUSでオススメのPCとは?DaVinci ResolveオススメPC

パソコンショップについて

動画用PCを買う時のお店の選び方PCメーカーの特徴を徹底解説マウスコンピューターのおすすめPC一覧DAIVとG-TUNEの違いパソコン工房のおすすめPC一覧ドスパラのおすすめPC一覧

ページ上部へ戻る