Core i7搭載のオススメ動画編集用パソコン

Core i7搭載のオススメ動画編集用パソコン
※2019年5月更新しました

動画編集といえばエンコードの処理時間をなるべく抑えたいというところではないでしょうか?

そのためには、パワフルな性能を持つCPUが必要不可欠ですね。

作業効率を少しでも上げるためにも、CPUはCore i7の上位モデルのものを選びましょう。

Core i7の特長とは?

Intel社の現行の最上位モデルのCPUは、「Core X」シリーズがリリースされています。

最上位モデルi9-9980EXで18コア36スレッド。文句なしのパワフルさがあります。

ですが、「Core i7」シリーズも上位モデルとして動画編集でもサクサク動く快適さを提供します。

Core i7の特長として、ターボブーストテクノロジーを採用しているところでしょう。

これは、システムに余力があれば、性能を自動的に高速化する機能です。

また、ハイパースレッディングテクノロジーという、1つのCPUをOS上で2つあるようにみせ、並列処理できる機能が採用されています。

マルチタスク機能に優れ、動画編集に最適なパフォーマンスを発揮するCore i7は、映像にエフェクトを加えたり、エンコードなどの重たいデータ処理にでも、モタつきなく動作するでしょう。

Core i5も第8世代からハイパースレッド機能が備わり動画編集の性能は十分にありますが、4K画質が一般的になりつつある今では動画編集用にパソコンを用意するとなると、やはりCore i7以上は搭載して欲しいところです。

内蔵GPUを搭載した第8世代Core i7搭載のパソコンがオススメ

Core i7は、ハイスペックということから動画編集には適しているCPUですが、その中でもコードネーム「Coffee Lake-S Refresh」と呼ばれているCore i7-9700/9700Kは、動画編集時のエンコード性能を重視したいユーザーに最適なCPUとなっています。

インテル最上位CPUのCore i9はCPU全体の性能ではCore i7よりも性能が上になりますが、それはコア数が多いので当然と言えるでしょう。
しかし、コア単位で比較するとCore i9とCore i7 9700Kは性能差がそれほど大きくありません。

参考:Core i7とCore i9の違い:i9搭載ゲーミングPCの価値とは?|ちもろぐ

また、Core i9は内蔵GPUを備えていないというデメリットもあり、内蔵GPUに依存する動画編集用ソフトを使う場合はCore i7のほうが処理速度が速くなることもあります。

価格についてはCore i9の方がかなり高価となっており、予算が厳しく1日に何回も動画のエンコードを行うことがないならばCore i7-9700/9700Kを選ぶことで問題ありません。

2019年オススメのCPUを搭載した動画編集用パソコン

2018年はCore-i7も9世代となり上位モデルとなるCore-i9が低価格になってきました。

これまでCPUはintel Core-i7一択と言われてきましたが、勢力図が大きく変わっています。

高いCPU性能が必要な動画編集パソコン選びにおいて選択肢が増えるのは嬉しい反面、どれを選んだらよいのか迷うこともあるでしょう。

Core-i7の上位モデルがCore-i9の登場でお値段が抑えられる傾向にあるので狙い目ではあります。
ここではCore-i7に絞って動画編集用パソコンを選ぶときにオススメのマシンを紹介しましょう。

マウスコンピューターのCore-i7オススメ動画編集PC

マウスコンピューターのCore-i7搭載動画編集パソコン

DAIV-DGZ530M2-SH5

第9世代CPU + RTX2070搭載の高速処理モデル
CPU:Core i7-9700K
グラフィックス:GeForce® RTX2070
メモリ:16GB
ストレージ:SSD 480GB + HDD 2TB

239,800円(税別)

マウス公式ページ

パソコン工房のCore-i7搭載クリエイターPC

パソコン工房のCore-i7搭載動画編集パソコン

SENSE-R039-i7K-LX-CMG

第9世代Core i7とGeForce GTX 1050 Ti 搭載の動画編集向けパソコン

CPU:Core i7-9700K
グラフィックス:GeForce GTX 1050 Ti 4GB
メモリ:32GB
ストレージ:HDD 1TB

164,980円(税別)

PC工房公式ページ

ドスパラのCore-i7搭載オススメPC

ドスパラのCore-i7搭載動画編集パソコン

raytrek ZQ2

ドスパラの6コアCPUとQuadro2000を搭載した動画クリエイター向けPC

CPU:Core i7-9700K
グラフィックス:NVIDIA Quadro P2000 5GB
メモリ:16GB
ストレージ:SSD 500GB + HDD 2TB

189,980円(税別)

ドスパラ公式ページ

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1.5万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書いています。

動画制作に興味がある方はぜひ読んでみてください!


また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

動画編集用パソコンのススメ

動画編集用パソコンの選び方動画編集用PCのおすすめスペック

価格で選ぶときのポイント

10万円以内15万円以内20万円以内25万円以内30万円以内35万円以内40万円以内

4K高画質向けパソコン

4K動画編集用PCおすすめスペック4K動画編集はデスクトップが良い?4K編集向けの周辺機器

CPU

動画編集で快適なコア数とはCore i7Core i9

グラフィックカード

グラフィックボードの失敗しない選び方動画編集でQuadroは必須なのか?動画編集用パソコンとGeForceの相性

メモリ

動画編集でメモリは32GBが良い?

ストレージ

動画編集におすすめのSSD外付けハードディスクを選ぶポイント最適なストレージ構成

マザーボード

マザーボードを選ぶときのポイント

液晶ディスプレイ

液晶モニターの選び方4K液晶モニターはこの5つをチェック4K PCモニターの注意点キャリブレーターについて

CPUファン

動画編集向けPCのCPUファン選び方

映像編集向けモニターヘッドホン

MDR-CD900STは今さら買うべき?

編集ソフトに最適なモデル

Premiere ProでオススメのPCとは?After EffectsでオススメのPCとは?

パソコンショップについて

動画用PCを買う時のお店の選び方マウスコンピューターのおすすめPC一覧パソコン工房のおすすめPC一覧ドスパラのおすすめPC一覧

最近の記事

ページ上部へ戻る