【転職前に知っておきたい】映像業界に向かない人7つの特徴

この記事は2024年3月に更新しました。また記事にはプロモーションが含まれています。

 

映像業界に入る前に、「そもそも映像の仕事って自分に合っているの?」と不安に思われている人もいるのではないでしょうか。

 

これに関して、筆者である私本人の経験と今までに映像会社で先輩として出会った方たち、またフリーの映像クリエイターとして活躍されている方の特長などから、どんな人が映像業界で仕事をするのに向いているか考察しまとめました

 

ちなみに、映像業界に向いていないから、映像クリエイターの道をあきらめる必要はありません。

 

どんな人でも、やろうと思えば映像クリエイターにはなれます。

 

映像クリエイターとはそんな仕事だと思います。

 

ただし、映像クリエイターになったとしても、将来ディレクターやプロデューサーといった職種を目指してキャリアアップを図るときや、フリーランスで生きていこうと考えた時、映像業界に向いているかどうかは大きく影響すると思います。

 

記事監修者

ビデオ撮影・撮影スタジオ運営 水田 吉紀

2023年 12月 監修者:ビデオ制作ディレクター / MDM合同会社 代表 水田吉紀
2012年 営業職から映像製作会社に転職し、アルバイト、正社員、フリーランスで映像製作の業務に携わる。
2020年 MDM合同会社を設立。ライブ配信業務を中心にビデオ撮影・動画編集の仕事を請け負っている。

映像業界に合っている人

 

映像業界に適応しやすい人、長く勤めることが出来る人は以下の7つに当てはまります。

 

1.映画やドラマが好きで、そこから得たアイディアを積極的に取り入れようとすることができる

 

2. わからないことをとにかくすぐネット検索して答えを導き出すことができる

 

3.いつも未知のことにトライしてみるのが好きである

 

4.仕事で関わる人達とコミュニケーションを取ることがイヤになったりしない

 

5.「アート」と「デザイン」を分けて考えられる

 

6.ものごとを分析することが好きな人

 

7.自分で作ったものを客観的に見ることができる

 

全てに当てはまる必要はありませんが、映像を見るのが好きで同じものを再現してみたいと考える方はかなり向いているでしょう。

 

映像業界に合っていない人

反対に映像業界に向いていない人は以下のどれかに当てはまります。

1.そもそも映画やドラマに興味がない人

 

2.わからないことがあっても自分で調べようとは思わない人

 

3.新しい仕事を任された時にめんどくさいと思う人

 

4.人とコミュニケーションをとるのがとにかく苦手で、意見を言い合うのはなるべく避けたいと思う人

 

5.人と同じことをするのがイヤな人

 

6.自分がやりたいことしか興味がない人

 

7.他人の作品をすぐにけなす人

 

映像の仕事はチームで行う分業作業が大半になるので、協調性がない人はてとも苦労するでしょう。

 

逆に言えば、突出した技術を持っている人よりも、チームの中で自分の役割を把握してチーム全体のパフォーマンスを向上できるような仕事をする方はとんとん拍子で出世する傾向があります。

 

映像クリエイターの適正って?

 

映像業界は、とりわけ移り変わりが速い業界です。

 

撮影や映像編集のやり方も、どんどん新しくなりますし、新しい機材のことや編集ソフトの操作方法も学ばなくてはいけません。

 

現在、最前線で活躍されている人達も日々テレビ番組や映画から映像のアイディアをキャッチして実践しています。

 

私が映像業界に入ったばかりのころ、長年この仕事を経験している先輩にカメラや編集ソフトの操作方法について質問をしたことが幾度もあります。

 

彼らは毎日映像制作にプロとして携わっているにも関わらず、映像に興味のある人ならアマチュアの人でも知っていそうなことをまったく知らなくてびっくりしたときもあります。

 

また、趣味で映像編集ソフトをちょっとだけさわったことがある程度の若い人が、長年映像の仕事をやってきた人が驚くほど良い映像作品を作るときがあります。

 

つまり、映像の仕事は自分のやる気次第で技量なんかはいくらでも身につきます。
逆に、何もやらなければ能力はどんどん低下してしまいます。

 

どんな時でも新しいことに取り組む意欲と、新しい技術・情報を吸収して、実践していくことを楽しめる人は、映像クリエイターとして活躍できるはずです。

 

映像業界はフリーランスで活躍している人が多い業界です。やる気次第でどんどん仕事を任してもらえるでしょう。

 

 

映像業界での転職活動でメリットの多い転職エージェント

転職先を探す場合、求人サイトや求人情報誌などを活用している人は多いでしょう。

 

しかし好条件な求人ほどすぐに採用が決まってしまうため、なかなか思いどおりの求人先は見つからないというのが現状です。

 

面接まで進むことができたとしても自分をアピールすることが上手にできず、どのようにPRすれば良いか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

 

そのような悩みを持つ方は転職エージェントを利用するのがオススメです。

 

 

面接や書類選考が通らない方におすすめなのがtype転職エージェント

 

転職をうまく進めるには、type転職エージェントのような転職支援サービスを活用するのが得策です。

 

type転職エージェントは経験豊富なプロの転職エージェントがカウンセリングを行い、応募書類の作成や面接におけるアドバイスを行ってくれます。

 

書類選考がなかなか通らなかったり、面接でうまく話せない人にとっては、type転職エージェントを利用するメリットは大きいといえます。

 

typeの人材紹介

type転職エージェント

 

type転職エージェントはもともとエンジニア系の職種に特化した転職サービスだったため、他の転職エージェントと比べ、IT系の求人が多いことでも知られています。

 

>>キャリアアドバイザーに相談する

 

type転職エージェントは求人企業と求職者との面接日程の調整を行ってくれるだけでなく、給与や入社日などの待遇面についても交渉を行ってくれますので、メリットは大きいといえるでしょう。

 

type転職エージェントのHPのクリエイティブ職種を探す項目 キャリアアドバイザーに相談するのはこちら

 

ちなみにtype転職エージェントでは大手WEB制作会社で映像配信の運用スタッフの求人が増加中です。

 

給料・福利厚生が充実している企業の求人情報が多いので、安定した環境で働きたいならtype転職エージェントに登録して求人情報をチェックすることをお勧めします。

 

 

面接や書類選考が通らない方におすすめなのがシリコンスタジオエージェント

 

映像業界での面接や書類作成において悩む方はシリコンスタジオエージェントに登録すのが良いでしょう。

 

シリコンスタジオエージェントは、映像業界に特化した転職支援を提供しており、応募者が成功するための様々なツールとサポートを提供してくれます。

 

Silicon Studio Agent(シリコンスタジオエージェント)

 

シリコンスタジオエージェントは、映像業界の転職において重要な書類である職務経歴書の作成をサポートします。

 

職務経歴書は、採用企業が応募者の経験やスキルを評価するための重要なツールであり、特に映像業界では、携わったプロジェクトや具体的な仕事内容が重視されます。

 

>>キャリアアドバイザーに相談する

 

シリコンスタジオエージェントは、履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策など、転職活動全般にわたりサポートしてくれるので、書類選考や面接において断然有利にすすめることができます。