花束贈呈・謝辞シーンの撮影方法

c824b2fce043de2aa8278fd680e8a818_s

披露宴の最後の締めくくり、新郎新婦から両家ご両親に花束贈呈
そして謝辞のシーンの撮影の手順と基本を解説します。

難しいシーンではありませんが
長い披露宴の最後のシーンなので緊張感が途切れてしまっている場合もあります。

最後に大きな失敗をして当日の撮影が台無しになってしまうことがないように
基本をおさえて最高のウェディングムービー作品を納品しましょう。

花束贈呈シーン

動画引用・参照元 youtube 花嫁テレビ

花束贈呈シーンは新婦がご両親にあてた手紙を読むシーンに続いて行われます。

新郎新婦が最後に両親に花束を贈り、来賓のお客様への謝辞と披露宴の締めくくりのあいさつとなります。

(引用した動画では謝辞と締めくくりの挨拶は省略されております。)

花束贈呈シーンカメラの位置

まずはカメラの設置位置(ハンディ撮影の場合の立ち位置)から解説いたします。
zoutei
花束贈呈シーンは新婦が両親にあてた手紙を読み終わった後
高砂席付近から両親の立つ位置まで新郎新婦は移動し、花束を手渡します。

高砂席付近から出口に近いご両親の立ち位置への新郎新婦の移動シーンを撮影し
その後の撮影を行うにはAもしくはBの位置で撮影するのが理想です。

代表謝辞・最後の挨拶

花束を贈呈後、新郎と新婦は列に加わります。
この時に元々の立ち位置、AとBのどちらかで構え続けても問題ありません。
zoutei02

または新郎新婦が列に加わり代表者謝辞が始まるまでの数秒

カメラマンの移動時間が生まれますので、Cの位置に移動するのも一つのアイディアです。
(無理して動く必要はありません。)

それでは花束贈呈の構成・画角の基本を解説しますね。

固定ページ:

1

2

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ロゴマルシェ - LogoMarche

ページ上部へ戻る