【注意】ビデオカメラマンが知っておきたい教会式と人前式の違い

人前式撮影

チャペル人前式の撮影は教会式とどう違うのか?

動画引用元:YouTube オリエンタル京都朱雀邸人前式

アットホームな結婚式を望むカップルが多い中、列席者に結婚の誓いをして結婚の証人になってもらう人前式は人気です。

神父さんなしで結婚式を行いますので、費用を抑えられるため「楽婚」のように結婚式を安価にプランニングしてくれるサービスでは人前式が多いのも頷けます。

カメラマンは撮影前に教会式、人前式のどちらで行われるかを確認して撮影に臨みます。

教会式とは若干撮影ポジションと撮り方が違います。
今回はそれぞれの相違点を中心に、チャペル人前式のビデオ撮影を説明します。

人前式で失敗しない撮影ポジション【入場編】

教会式と人前式では進行が微妙に違います。

教会式の撮影ポジションはすでに説明した通りです。

人前式では新郎新婦が一緒に入場したり、別々であったりと決まりがありません。
新婦が新婦父と一緒に入場せず、一人で入場するケースあります。

撮り方はそれほど変わりませんが、立ち位置は注意しましょう。

通常牧師が立つ位置に新郎新婦が列席者側に向かって進行されますので、式進行中のカメラマンの立ち位置は図のようになります。

誓いの言葉、指輪交換、署名台で結婚証明書のサインを行うなど、チャペルの祭壇を動き回ることが多い人前式では、新郎新婦の立ち位置に合わせてポジションを変えます。

教会式よりも重点的に撮らなければならないもの

人前式は教会式と違って、新郎新婦が参列者側に向いています。
なので教会式と比較すると新郎新婦の良い画が撮れます。

ただし、注意点がふたつあります。

それは教会式と人前式では新婦と新郎の位置が逆になることです。

結婚式の主役は花嫁なので
「新郎の表情<新婦の表情」で撮影するためには新郎側に立ってカメラを構えるべきです。

理由は、式中は指輪交換やキスシーンなど、新郎と新婦が向かい合うことが多く、新婦側に立ってしまうと向かい合われたときに新婦の背中ばかり写すことになってしまうからです。

また、結婚の誓約の文言は新郎新婦ふたりが考えて当日披露するので、ユニークな新郎新婦だと、参列者にどっと笑わせる面白い結婚の誓約をします。

その場合は笑顔の列席者の表情を撮影しましょう。

人前式は列席者と新郎新婦で成り立つ式なので、教会式よりも列席者のリアクションを多く撮ります。

人前式ビデオ撮影のまとめ

  • 人前式は牧師がおらず、進行が違う。
  • 新郎新婦の向きが違うので撮影ポジションを変える。
  • 列席者のリアクションも十分に撮影する。

形式にとらわれないオリジナリティあふれる式をしたい新郎新婦のために
良い思い出になるような映像を撮ってあげましょう。

では次回は式の後に行うフラワーシャワー、ブーケトスの撮り方に続きます。

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ロゴマルシェ - LogoMarche

ページ上部へ戻る