私が考える失敗しない動画編集パソコンの選び方

私が考える失敗しない動画編集パソコンの選び方
動画編集用のパソコンを購入しようと考えたとき、まずその値段を見て驚きませんでしたか?

今時、最新のパソコンが5万円程度で手に入るのに、動画編集用のパソコンとなると20万円ぐらいするモデルがザラにあります。

例えばユーチューバーさんの中にはプロの映像編集者でも憧れのハイエンドモデルを購入する方もおられます。

これから動画制作に挑戦しようと考えている方や、まだYouTubeで全く収益が出ていない方にとっては

「そんな高いパソコン買えないよ」

「最初は安いパソコンで始めたいなぁ」と考えてしまいますよね。

実は動画編集では初心者の方ほど高価なパソコンを購入するべきです。

そうは言ってもお金がない。そんなに投資しても元が取れなかったらどうするんだ?って考えてしまうかもしれません。

カメラも買わなくちゃいけないから、パソコンはなるべく安いのを購入したいんだよって言いたい方もおられるでしょう。

正直に言うと、私も初めて動画編集用のパソコンを購入したときは「本当にこんなの必要なの?」って考えたし、使ってしばらくの間も実はちょっと後悔していました。

しかし今、私が過去に戻れるなら当時の自分にこう言います。

「さっさと投資しろや!」ってね。

動画編集パソコンを買うときは「お金で時間を買う」という考え方をするべきです。

初心者の方は動画編集にやたらと時間がかかります。

この理由はまず動画編集のソフトウェアの操作に慣れていないということに他ならないのですが、数をこなしていないうちは頭であーだこーだ考えながら何度も何度も修正してしまいます。

そしていざ書き出しを行う際にもコーデックやビットレートとかチンプンカンプンなので、YouTubeにアップするための動画に数十GBの膨大な動画ファイルを出力してしまうこともあるでしょう。

低スペックのパソコンだと、ファイルの書き出しの度に何時間もかかってしまいます。

一日中ヒマならいいですよ。

でも会社から帰ってきて動画編集に取り組んで、書き出しして、ミスに気が付いて修正して、また書き出しして…ってやってたらマジで寝る暇ありません。

そんな時、もしパソコンが動画編集に十分な性能を持っていたら、動画編集ソフトも快適に動いて途中でフリーズすることもありません。

動画の書き出しも数分で終了し、十分な容量があるのでしばらくはハードディスクも買う必要がないのです。

良いパソコンを購入すれば、動画編集の数をこなすことができるので、自然と動画編集のスピードも速くなって上達します。

そして時間に余裕が生まれれば、さらに凝った映像作品を作ることも可能になるのです。

もちろん自分の編集技術に合わせたパソコンでも構いませんが、スペックを上げればその分パソコンも長く使えるので、できれば1ランク上のパソコンを狙っていきましょう。

コラボレーションモデル一覧

コラボその1 エントリーモデル

icon

DAIV-DGZ530S2-MVPR【Windows10】

動画共有サイト・SNS発信用の動画をガンガン作りたい方はコレ!
ユーチューバーを目指す方やWEB配信する動画をワンマンで作る方にピッタリです。SSD+HDDでデータ容量も十分!カードリーダーも搭載していてこんなにお得な価格設定です。

CPU:Corei7-9700K
グラフィックス:GeForce GTX1660(6GB)
ストレージ:M.2 SSD NVMe 256GB + HDD 2TB
16GBメモリ 光学DVDドライブ USB3.0接続 高速カードリーダー搭載

169,800円(税別)

レビューを読む
公式サイトを見る

コラボその2 ミドルモデル(ハイアマチュア・セミプロ向け)

DAIV-DGZ530M2-MVPR【Windows10】

4K動画編集も挑戦したい動画クリエイター向け!
編集した映像をDVD納品までできるプロの動画クリエイターが求める機能を満たしたPCです。M.2 SSD・GeForce RTX2070を搭載し、コストパフォーマンス抜群。お買い得な一品!

CPU:Corei7-9700K
グラフィックス:GeForce RTX2070(8GB)
ストレージ:SSD 512GB + HDD 3TB
32GBメモリ 光学DVDドライブ USB3.0接続 高速カードリーダー搭載

229,800円(税別)

レビューを読む
公式サイトを見る

コラボその3 ハイエンドモデル(映像制作会社向け)

DAIV-DQZ530S2-MVPR【Windows10】

映像制作会社も納得!プロの動画編集者用ハイエンドモデル
カラーグレーディング・4K動画編集も快適に作業を進めることができます。Core i9とQuadro RTX4000と水冷クーラー搭載でハードな環境でも長期にわたり安心して使えます。

CPU:Corei9-9700K
グラフィックス:Quadro RTX4000(8GB)
ストレージ:SSD 512GB M.2 SSD NVMe対応 + HDD 3TB
64GBメモリ・水冷CPUクーラー・光学DVDドライブ・USB3.0接続 高速カードリーダー搭載

299,800円(税別)

レビューを読む
公式サイトを見る

プロの映像クリエイターから映像編集テクニックを学べるメルマガ

ページ上部へ戻る