YouTube動画に悪意のあるコメントや誹謗中傷が多く困っています…

YouTubeに継続して動画をアップしていると、コメントがつくようになります。

 

YouTubeにつくコメントはブログやSNSに比べて誹謗中傷や揶揄表現が多い傾向があります。

 

一生懸命頑張って動画を作り、コツコツアップロードしているチャンネル運営者にとって、あまり気分のいいものではありません。

 

なので、コメント機能を利用しない設定にしているチャンネル運営者も多いです。

 

私も最初はコメント機能をオフにしていました。しかし、今はコメント機能を利用しています。

 

その理由は、コメント機能を利用したほうが再生回数が伸びることが分かったからです。

 

人気ユーチューバーのコメントをリサーチして分かった3つのコト

アップロード初日で数万~数十万回再生される人気のYouTuberさんの各動画のコメント欄を見ていると、とてつもない数のコメントがついています。

 

コメントの内容はさまざまで、なかには誹謗中傷もありますが、コメントの多くは

 

「ありがとう!」
「面白い!」 
「次回も楽しみです!」

 

という前向きな発言が多数みられます。

 

 

当時、私のチャンネルにはネガティブなコメントばっかりついていたのでとてもうらやましく感じました。

 

 

私はなぜ人気のチャンネルはコメント機能をオンにしているのか?

 

なぜコメントのやり取りが盛んなのか?ユーチューバーさんのアカウントを中心に調べてみることにしました。

 

どんな人からコメントが入っているか?

 

YouTubeはコメントを入れた人のアカウントがリンクされますので、どんな人がコメントをしているのか確認できます。

 

 

動画にコメントをしている人の90%以上は自分では動画をアップロードしていない人です。

 

 

そしてチャンネル運営者も彼らのコメントに対する返事は全くと言って良いほどしていません。

 

前向きなコメントに対しても返事をしている様子はありません。

 

なので、コメント返しでファンを増やしているわけでもなさそうだと判断できます。

 

 

 

あと、そういえば一つ発見がありました。

 

これは恐らくどんな動画に対しても有効だと思います。

 

実際に私のチャンネルで試してみると批判コメントが極端に減りました。

 

 

 

批判コメントを減らすノウハウ

 

YouTuberさんはまず最初に自分でコメントを入れています。

 

 

コメント内容はとてもシンプルです。

 

「今日の動画アップしました!見てください」

 

「お待たせしました!今日の動画です。感想待っていますね」

 

 

最初にこのようなコメントを入れるだけで、運営者の人間味を感じることが出来るし、ぐっと親近感がわきます。

 

例えば憧れのミュージシャンや芸能人がもし目の前に表れたら緊張しますよね。

 

私だったらたぶん目も合わせられないと思います。

 

反対に、全く興味がないタレントであれば普通に会話できるのではないでしょうか。

 

私たちが本当にコメントを入れてほしいのはチャンネル登録者であり動画のファンの方です。

 

でもファンであるほど、意識しすぎてコメントなんて入れられないものです。

 

批判的なコメントを入れる人は通りすがりのただのネットサーファーです。

 

ファンでもないし、普段こちら側に意識もしていないから平気で誹謗中傷コメントが書けるんです。

 

 

最初に自分がコメントを入れることでファンはコメントを書きやすくなり、荒らし目的の人は批判的なコメントを書きにくくなります。

 

 

また、批判的なコメントが入った時に、私の動画のファンの方が批判したコメントユーザーに反撃して味方になってくれるようにもなりました。

 

ほんのひと手間ですがこれはとても効果があります。

 

 

日本人のYouTubeユーザーは見習わないほうが良い

 

外国人のYouTube動画も調査してみました。

 

海外の動画のコメントを見てみると日本人よりも前向きなコメントが多く、動画に対する積極的な質問も目立ちます。

 

海外のYouTubeユーザーは真面目に動画を見ている感があります。

 

 

コメントをしているユーザーのYouTubeアカウントを調べると大半の方が自分でも動画をアップしています。

 

また、アイコンも自分の顔写真を使っている人が目立ちます。

 

 

海外のYouTubeユーザーは顔出しで積極的に動画で情報を発信しているのです。

 

 

日本人のYouTubeユーザーで自分の写真をアイコンにしている人は

 

ユーチューバー以外ほとんどいません。

 

 

匿名だからこそ批判が出来るのかもしれませんが、批判や誹謗中傷はニコニコ動画だけにしてほしいものです。

 

コメント機能を海外向けに開放する

 

日本の料理やお弁当の作り方を解説する動画がヨーロッパで大人気です。

 

とにかく日本の文化の動画コンテンツは海外でも人気が高いです。

 

 

私も試しに海外向けに動画を配信してみようと英語の字幕とナレーションを入れてみました。

 

日本語版と英語版を作成し、両方の動画を同時にアップロードして再生回数と評価を調査してみると、日本とは全く違う反応が現れたのです。

 

 

動画の内容は全く同じです。

 

YouTubeは同じ動画を重複してアップロード出来ないので、動画の尺の長さを少しだけ変えてアップします。

 

あとは英語テロップを入れ、動画タイトルを英語で入力します。

 

たったこれだけで英語版の動画が完成です。

 

 

結果、英語版の動画のほうがコメント・評価数が多く、視聴者数も伸びています。

 

 

海外の視聴者のコメントのほうが批判も少ない上、YouTubeの翻訳機能を使えば、意味も分かるし会話もできます。

 

また、お互いの動画を視聴しあうことでファンにもなってもらいやすいです。

 

この時、同じジャンルのチャンネル運営者と仲良くなれば、お互いのチャンネルを紹介しあうことも出来ます。

 

 

あなたのチャンネルが海外にも人気のジャンルであれば、日本の視聴者よりも海外の視聴者を大切にするほうが効率的ですね。

 

 

人気ユーチューバーのコメントをリサーチして分かった3つのコトまとめ

 

人気ユーチューバーのチャンネルや海外のYouTubeチャンネルを調査することでYouTubeを楽しみながら運営していく方法が分かりました。

 

  • 批判コメントユーザーの対処法
  • チャンネルのファンにコメントを入れてもらう簡単な方法
  • 英語版の動画を作り、同じコンテンツで再生回数を伸ばすやり方

 

それではさっそく動画を撮影してアップロードしてみましょう。

 

次回はYouTube動画の再生回数を増やすサムネイル画像の作り方とコツを解説いたします。

動画編集はAdobePremiereProCCがオススメです。


PremiereProCCはユーチューバーや動画クリエイター御用達の動画編集ソフトです。

業務用動画編集ソフトとしても利用されています。
Premiere Pro CC単体なら2,180円/月で利用できます。

Premiere Pro CC単体プランがお求めやすい 2,180 円/月 (税別)

PremierePro オススメ教本

YouTubeコメント,YouTubeいたずら,YouTube書き込み,YouTube誹謗中傷

PremiereProCCを基本から学ぶならPremiere Pro CC スーパーリファレンスがオススメです。

電子書籍版もありますので便利ですよ。

Premiere Pro CC スーパーリファレンス Amazonの価格と口コミを調べる


トップへ戻る