この記事は2018/11/6に更新しました。

α6500のズームレンズ選びで失敗しないポイントとは?

E PZ 18-105mm F4 G

ズームレンズを選ぶ時に間違ってしまわないためには、レンズの焦点距離を理解することが重要となる。

 

ズームレンズを見てみると例えば15mmから80mmというようにズーム量が必ず記載されている。

 

しかしこの数字はフルサイズのセンサーなのか、APS‐Cセンサーなのか、マイクロフォーサーズのセンサーなのかによって最終的なズーム量が変わってくるものだ。

 

そのためα6500に合うズームレンズを購入する時には35mm換算というような修正した説明が載せられているので、こちらの数字を以てズーム量を判断しなければいけない。

 

α6500に使用できるズームレンズにはE PZ 18-105mm F4 G OSS SELP18105Gがある。

 

α6500の焦点距離は広角18mmから望遠105mmであり、35mm判換算焦点距離は27mmから157.5mmである。

 

E PZ 18-105mm F4 G OSS SELP18105G

α6500の4K画質を最大限に引き出すGレンズ E PZ 18-105mm F4 G OSS SELP18105G

この動画はE PZ 18-105mm F4 G OSS SELP18105Gで撮影した動画になっている。
α6300の4K動画で非常にシャープな描写となっている。動画40秒ぐらいから電動ズームを使用して撮影したシーンがあるからぜひ参考に見てみよう。
手ブレ補正機能がないα6300で撮影した場合でも十分に手ブレを抑えることができている。

 

E PZ 18-105mm F4 G

5軸手ブレ補正を搭載したα6500で使用すればさらに安定した動画になるだろう。

 

E PZ 18-105mm F4 G OSS SELP18105Gの基本性能としては、ズーム倍率5.8倍、F値広角望遠共にF4、フィルター径72mm、レンズ構成12群16枚、手振れ補正あり、DCモーターとなっている。

 

大きさは最大径78mm、全長は110mm、重量427gである。

 

レンズは品質、表現力、デザインに優れたソニーの光学技術を集めたGレンズを使用している。

 

さらにEDガラス2枚、非球体レンズ3枚を含む12群16枚のレンズが作り出す高い解像力と素晴らしいコントラストは息を飲むほどの優美さを感じさせるほどだ。

 

Good Time.

 

写真は flickr Sony E PZ 18-105mm F4 G OSS SELP18105G 作品から引用しています

 

中望遠の157.5mm光学約6倍まで望遠機能を使うことができるが、ズームのスムーズさはさすがの電動ズームである。

 

レンズ自体にも手振れ補正が内蔵されているため、仮に中望遠であっても三脚を使わなくても安定した撮影を行なうことができ、動画撮影にも非常に向いていると言えるだろう。

 

E PZ 18-105mm F4 G OSS SELP18105G

 

光学ズーム6倍!

光学手ブレ補正・電動ズーム搭載

動画撮影に最適

 

トップへ戻る