この記事は2018/11/7に更新しました。

FUJIFILM X-A5に最適なメモリーカードの選び方

X-A5

FUJIFILM X-A5に欠かせないアイテムがメモリーカードです。

 

X-A5は4K動画も撮影できるようになっているので、あまり安価なSDカードを使うとX-A5のデータ書き込み速度に追いつかない場合があります。

 

そのような場合は撮影したデータが破損していたり、データが喪失してしまうこともあります。

 

ここではFUJIFILM X-A5のメモリーカードを選ぶ時の注意点とおススメのメモリーカードを紹介します。

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-A5レンズキット

X-A5の力を引き出すには高性能メモリーカードが不可欠です

SDSDXPK-064G

デジタルカメラのデータ記録にメモリーカードは欠かせませんが、4K動画も撮れるFUJIFILM X-A5にはSanDisk エクストリーム プロ SDXC UHS-II 64GBをおすすめします。

 

このメモリーカードは、最大読み取り速度が300MB/秒で、最大書き込み速度が260MB/秒のSDXC UHS-II規格です。

 

実力としては、フルHDやシネマ品質の4K動画の録画がスムーズにできて、プロの要求にも応えられると言われています。

 

カメラに装着するメモリーカードですから、衝撃を受けることもありますし、雨に濡れることも考えられるでしょう。

 

また、飛行機を利用する時にはX線検査がありますが、これによりデータが破壊されることもあるそうです。

 

SanDisk エクストリーム プロ SDXC UHS-II 64GBの場合には、耐久性に優れていて防水性能も備わっています。

 

X線に対しても、記録してあるデータを完璧に守れるようです。

 

サンディスク SDXCメモリカード 64GB Class10 UHS-IIエクストリーム プロ SD UHS-IIカード

SanDisk エクストリーム プロ SDXC UHS-II 64GBの実力

 

このメモリーカードは64GBの容量がありますが、X-A5の静止画でしたら4000枚から5000枚は記録できるでしょう。

 

フルHD動画ならば2時間以上、4K動画も同じくらいは大丈夫です。

 

読み取り書き込み速度も速いですから、ストレスなくX-A5の連写性能を引き出せます。

 

さらに、動画撮影も4Kで推奨されているUHS-II 3規格を満たしています。

 

記録したデータをパソコンに転送する時も、このメモリーカードは転送速度が速いですから、USB3.0を使えば処理時間を短くできるでしょう。

 

またSanDisk エクストリーム プロ SDXC UHS-II 64GBには、128GBの上位カードもあります。

 

性能的には64GBのカードと同じですが、倍の容量がありますので、余裕があれば128GBをオススメします。

サンディスク SDXCメモリカード 64GB Class10 UHS-IIエクストリーム プロ SD UHS-IIカード

 

4K動画・フォトに対応するSDカード

64GBで4~5000枚は撮れます

書き込み速度は毎秒260MB

 

トップへ戻る