カラーグレーディング・カラーコレクションをこれから始める初心者向けのサイト

menu

動画で学べるカラーグレーディング

DaVinci Resolveのキャッシュはどこに保存される?

DaVinci Resolveのキャッシュはどこに保存される?

動画編集ソフトのPremierePro、FinalCutProは編集作業を進める上でキャッシュが自動生成されます。

この自動生成されるキャッシュは貯まると膨大になり、パソコンの容量を食って作業スペースを阻みます。

そうすると動作が遅くなる原因となりますので、定期的に削除するといった管理が必要です。

実はDaVinci Resolveも例外ではなく、作業しているうちにキャッシュを保存しています。

このエントリーではDaVinci Resolveで常に快適に作業をするためのキャッシュの管理について解説しましょう。

DaVinci Resolveのキャッシュはどこに保存される?

この動画の2分40秒以降ではDaVinci Resolveのキャッシュについて詳しく解説してくれています。
手動でキャッシュを生成する手順についても分かりやすく解説してくれているのでぜひ視聴してみましょう。

キャッシュってそもそも何よ?

キャッシュとはそもそも何なのでしょうか?

実は動画を再生するとき、動きがカクカクする場合があります。

これはメディアのファイル容量が大きかったり、PCのスペックが低い場合に起こります。

動画編集ソフトはこのようなスムーズに再生できない事態が起きた時は自動的にキャッシュを取得し、スムーズに再生できるようにしてくれます。

DaVinci Resolveのキャッシュ保存先はどこなの?

キャッシュを保存することで作業効率は高まりますが、蓄積されるキャッシュファイルを放置しているとディスクスペースを占拠してしまいます。

定期的にキャッシュファイルの管理を行う必要があります。

ではDaVinci Resolveのキャッシュ保存先を確認してみましょう。

DaVinci Resolve,プロジェクト設定

まずプロジェクト設定を表示します。

DaVinci Resolve,キャッシュフレーム

プロジェクト設定の「一般オプション」タブを選択します。

一般オプション内に「キャッシュフレーム」という項目があります。

ここではキャッシュファイルをどのように保存するか選ぶことができます。

DaVinci Resolve,キャッシュ保存場所

そして「作業フォルダー」にはキャッシュファイルとギャラリースチルの場所を指定できる項目があります。

キャッシュファイルの保存場所はなるべくCドライブ内ではなく、Dドライブや外付けのハードディスクに保存するようにすると良いでしょう。

キャッシュファイルは定期的に削除しよう

キャッシュファイルは編集・カラーグレーディングが完了したら削除しても構いません。

作業スペースを空けることができるので、定期的に削除するのが望ましいです。

キャッシュの削除方法

DaVinci Resolveのキャッシュ削除方法はカンタンです。

メニューバーの「再生」を選択します。

その中に「レンダーキャッシュの削除」がありますので「すべて」「使用されていないもの」「選択したクリップ」から選びます。

レンダーキャッシュを削除しますか?と表示されるので「はい」を選択します。

これでキャッシュは削除されました。

DaVinci Resolveの便利なキャッシュ設定

DaVinci Resolveにはキャッシュの取得方法を選択することができます。

まずメニューバーの「再生」を選択します。

DaVinci Resolve,レンダーキャッシュ

「レンダーキャッシュ」を選択すると「なし」「スマート」「ユーザー」を選択することができます。

なし…キャッシュを取得しません
スマート…自動でキャッシュを取得します
ユーザー…キャッシュを手動で取得します

キャッシュを手動で取得する場合はユーザーを選択します。

DaVinci Resolve,キャッシュ

キャッシュを取得して再生をスムーズにしたいときはクリップを選択し、「右クリック」をします。

「クリップのソースをレンダーキャッシュ」→「On」にします。

DaVinci Resolve,キャッシュ取得

するとクリップの上のタイムコードの色が青に変わりました。

この状態になればキャッシュが取得されていることを意味します。

ユーザー設定でキャッシュを取得するメリットはハードディスクの容量が少ない場合にも必要なクリップだけキャッシュを取得してスムーズに作業を進めることができるという点です。

DaVinci Resolveのキャッシュはどこに保存される? まとめ

こんな感じ!

キャッシュ取得はDaVinci Resolveでも便利な機能ですが、定期的に管理が必要です。

作業スペースを確保するには編集が終わったプロジェクトのキャッシュを削除するようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク


MotionElementsの10%割引チケットをもらう

映像コンサルから学ぶ動画の作り方講座

関連記事

コメントは利用できません。

ブログ管理人プロフィール

ブログ管理人:おーとふぉーかす
関西在住のビデオグラファーです。

このブログではDaVinci Resolveの使い方とカラーグレーディングの基本を解説しています。

私もまだまだ勉強中の身ですが、一緒に映像制作の勉強をしてみましょう。

著者の経歴:「私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。

フォローしてくれたら嬉しいデス!


すべての製品が使えるCreative Cloudコンプリートプランが 4,980 円/月 (税別)