この記事は2018/11/1に更新しました。

OM-D E-M10 markIII の動画性能レビューとオススメ編集ソフト

OM-D E-M10 Mark3

OM-D E-M10 markIII はセンサーシフト式の5軸手振れ補正を搭載しているので、手振れに強いミラーレス一眼カメラです。

 

手振れ補正効果はシャッタースピード4段分となっていて、静止画を撮影するときはほとんどブレることなく撮影ができます。

 

ではOM-D E-M10 markIII の手振れ補正機能は動画撮影時にどのぐらいの威力を発揮するのでしょうか?

 

ここではOM-D E-M10 markIII の動画撮影機能を検証してみます。

 

また、OM-D E-M10 markIII で動画を撮影する方に最適な動画編集ソフトも紹介しましょう。

 

オリンパス デジタル一眼カメラ「OM-D E-M10 MarkIII」ボディ(シルバー)

この動画はユーチューバーのジェットダイスケさんがオリンパスのフラッグシップ機 OM-D E-M1 MarkII とOM-D E-M10 MarkIIIの動画性能を比較してくれています。
OM-D E-M10 markIIIの動画性能がよく分かるのでぜひ視聴してみましょう。

 

オリンパスのOM-D E-M10 markIII は、ミラーレス一眼カメラですが、動画性能も充実しています。
動画撮影の最大の解像度は3840×2160/30Pの4Kで、1920×1080/60PのフルHDや1280×720のHDなどもカバーしています。

 

記録時間の制限は約29分で、ハイスピード撮影など多くの機能を備えています。

 

電子ビューファインダーが搭載されているので、ミラーレスながらも一眼レフのような撮影も可能で、加えて5軸手ブレ補正を採用していますので、手持ちの4K動画もきれいに撮れるようになっています。
そして、動画撮影時の音声録音は内蔵のステレオマイクで行います。

 

OM-D E-M10 markIII は前モデルのE-M10 markII よりもオートフォーカスの追従性能が向上していて、動画撮影時のピンボケをかなり防ぐことができるようになっています。

 

OM-D E-M10 markIIIの動画編集に最適な編集ソフトとは?

PowerDirector 16

OM-D E-M10 markIII で撮影した動画を編集するには、パワーディレクター16をオススメします。

 

これは人気の家庭用の動画編集ソフトの最新バージョンです。

 

特長は360度動画編集機能があることや、360度画像から2D動画をつくれたりもします。

 

また、2D動画編集にもコマ割りで区切って同時に再生するビデオコラージュ機能、あるいは人が話している時にBGMの音量を自動的に調節するオーディオダッキング機能などが目を引きます。

 

パワーディレクター16の主な機能

 

OM-D E-M10 markIII で普通の撮影技術の方が撮った動画を見ても分かる通り、強力な手ブレ補正のおかげなのか移動中でも手ブレはありません。

 

もし、それでも目立つ手振れがある場合はパワーディレクター16の手振れ補正機能を使用することでほとんどブレのない映像に編集することができます。

 

また、パワーディレクター16はダウンロード版とパッケージ版があって、体験版も用意されています。
使いこなせるか不安な方は体験版を使ってみてから購入することもできるので安心ですね。

 

サイバーリンク PowerDirector 16 Ultimate Suite 通常版

 

トップへ戻る