Nikon D850でズームレンズ24-70mm f/2.8は買いか?

Nikon D850でズームレンズ24-70mm f/2.8は買いか?

この記事は2018/11/7に更新しました。

Nikon D850でズームレンズ24-70mm f/2.8は買いか?

D850

一眼レフカメラには大三元レンズというものがあります。
カメラと同メーカーが販売している最高級レンズの3本を指し、その内訳は広角レンズ・標準ズームレンズ・望遠ズームレンズで構成されています。

 

Nikonにももちろん大三元レンズと呼ばれるレンズがあり、標準ズームレンズに当たるのがAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRです。

 

最高級と言うだけあって20万円以上するレンズですが、このレンズとD850の相性はどうなのでしょうか?

 

ここではD850にAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRを買うべきかどうかユーザーの口コミをもとに調べてみます。

 

Nikon D850 ボディ

この動画はユーチューバーのジェットダイスケさんがNikonD850のレビューをしてくれています。
動画7分以降からD850とAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRのレビューをしてくれていますのでぜひ視聴してみましょう。

 

Nikon D850で1本だけレンズを選ぶならAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR?

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8

Nikon D850でスナップ写真を撮ったり、旅行の写真などを撮るなら広角から望遠の入り口まであれば十分です。

 

それならズームレンズのAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRがおすすめということになります。

 

このズームレンズは、Nikon D850のFXフォーマットで使用した時には、画角84度の広角から約34度の中望遠までカバーしています。

 

一方DXフォーマットに切り替えた時には、画角が61度35mmカメラで換算すると焦点距離が36mmという広角から約22度105mmの望遠までと変化します。

 

開放でf2.8はズームレンズとしては明るく、暗い場所あるいはボケを強調した撮影が楽にできることになります。

 

ズームリングには、よく使われる単焦点レンズの焦点距離と同じ24mm 28mm 35mm 50mm 70mmが刻まれている点も親切な設計になっていると言えます。

 

Nikon 標準ズームレンズAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR フルサイズ対応

逆光に強いAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR

 

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRは、NIKKORレンズの名に恥じない描写ができます。

 

[古董婚紗] 陳沛醇

 

写真は flickr NikonD850とAF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR 作品から引用しています

 

逆光や夜景撮影であらわれやすいゴーストやフレアは、最新のナノクリスタルコートによって大幅に改善されています。

 

最短撮影距離は焦点距離によって若干異なりますが、概ね0.4メートル前後とカメラに近い被写体も苦にしません。

 

AFは超音波モーターによって、静かでスムースなピント合わせができます。

 

重さは約900グラムと少々重いかも知れませんが、f2.8の明るいズームレンズですから我慢しましょう。

 

大きさは長さが約13センチメートル、口径が約8センチメートルですから、このようなズームレンズとしてはコンパクトと言えます。

 

普通の写真を撮るのでしたら、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRが1本あれば良いというほどのズームレンズです。

 

そしてNikon D850のFXとDXの2つのフォーマットを切り替える機能を使えば、更に表現力が広がるでしょう。

Nikon 標準ズームレンズAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR フルサイズ対応

 

Nikonの大三元レンズ

最新のナノクリスタルコートで逆光に強い特性があります

これ一本あれば十分!というレンズです

 

トップへ戻る