アフターエフェクトで文字に流れる光のアニメーション効果を適用する手順

アフターエフェクトで文字アニメーション作成時に定番のエフェクトがあります。

それは文字の上を光が流れる効果です。

ブランドロゴが飛び出し、最後にキラッと光る。

動画のオープニングで活用できる使用頻度が高いアニメーションですが、作ったことがない方はどのように作業を進めればよいか分からないですよね。

ここではAfter Effectsで文字に光が流れる効果を適用する方法を解説します。

アフターエフェクトで文字に流れる光のアニメーション効果を適用する手順

この動画ではアフターエフェクトで一番手っ取り早い文字に光が流れるエフェクトを適用するテクニックを解説してくれています。

とても簡単なのでぜひ視聴してみましょう。

After Effectsで文字やロゴを光らせる方法は一つのやり方だけではなく、私が知っているものだけでも3~4種類あります。

その中でも最も簡単な方法を解説しましょう。

光を使って文字に立体感を出す

After Effectsを立ち上げたら、まずは文字と背景を用意します。

アフターエフェクト,After Effects,光,流れる

テキストレイヤーと平面レイヤーを作成して、適当な文字を入力します。

そして平面の上に文字を配置します。

分からない方は下記リンクを参考にしてください。

平面の作成方法
テキストの作成方法

アフターエフェクト,After Effects,光,流れる

次にレイヤーパネル上の文字を選択した状態でメニューバーの「エフェクト」⇒「描画」⇒「CC Light Sweep」を選択します。

アフターエフェクト,After Effects,光,流れる

するとプロジェクトパネルにエフェクトコントロールパネルが開き、「CC Light Sweep」の設定ができるようになりました。

ここで格項目の値を変更してテキストに好みの立体感を出します。

アフターエフェクト,After Effects,光,流れる

数値を変更する前に光の元となるライトの位置を文字の中心に移動します。

アフターエフェクト,After Effects,光,流れる

そして光の角度はDirection、光の幅はWidth、文字のエッジ部分の強さは「Edge Intensity」で調整、エッジの厚さは「Edge?Thickness」で調整します。

ライトの色は白、ライトの形(Shape)はSharpに設定します。

移動する光を作成する

アフターエフェクト,After Effects,光,流れる

次に文字をキラッと光らせるアニメーションの設定をします。

再び文字レイヤーに「CC Light Sweep」を適用します。

アフターエフェクト,After Effects,光,流れる

するとエフェクトコントロールパネルに「CC Light Sweep 2」が適用されました。

動く光のアニメーションはCC Light Sweep 2で設定します。

アフターエフェクト,After Effects,光,流れる

設定する項目はCenterです。

Centerは光の中心位置を設定でき、数値はX値とY値になります。

ここではX値を変更して文字の上を左から右へ光が駆け抜ける効果を設定しましょう。

①タイムラインの再生ヘッド(タイムラインインジケーター)を左端に移動します。

②そしてまずX値を小さくして光の位置を左に移動します。

サンプルの文字サイズではX値は100でちょうどよい位置に設定できました。

③次にストップウオッチのアイコンをクリックしてキーフレームを打ちます。

アフターエフェクト,After Effects,光,流れる

光のアニメーションの終わりの位置を設定します。

①まずはタイムラインインジケーターをアニメーションの終わりの位置に移動します。

②そして次にCenterのX値を変更してモニターを確認しながら光が右へ移動するように設定します。

アフターエフェクト,After Effects,光,流れる

プレビューパネルで再生し、光のアニメーションを確認します。

これで完成です。

アフターエフェクトで文字に流れる光のアニメーション効果を適用する手順 まとめ

こんな感じ!

これ以外にも白のシェイプマスクもキーフレームで移動したり、いろんなやり方があります。

今回紹介したやり方はカンタンで一番自然な仕上がりになるので紹介しました!

企業のロゴマークをオープニングムービーで表示する動画を作るときはぜひ挑戦してみてください!

アフターエフェクトの文字を動かす基礎講座 目次に戻る

講師・企業のブランド力を飛躍的に引き上げる動画テンプレート

素人でもプロ顔負けのCM・ドキュメンタリー動画を作る「型」を教えます

被写体をカリスマ化させる動画収録・編集講座

被写体をカリスマ化させる動画収録・編集講座で学べること

  • 音楽PV、ハリウッド映画に学ぶギャップの法則
  • ドキュメンタリーは三部構成 そのストーリー構成
  • 思わず最後まで見てしまう映像のつかみ
  • 一瞬で惹きつけるためのBGM選び
  • 失敗、挫折シーンは作れる?ドキュメンタリー素材を作る方法
  • 等々、講師や経営者のカリスマ性を引き出し圧倒的なブランドを築くための映像制作技術が学べます。

    オンライン講座について詳しく見る

    関連記事

    1. アフターエフェクト,文字,回転

      アフターエフェクトで文字が回転するアニメーションを作成する手順

    2. アフターエフェクト,After Effects,文字.書き順

      アフターエフェクトで文字を書き順で一文字ずつ出現させる方法

    3. After Effectsの作業効率がアップする初心者が必ず読むべき6…

    4. Photoshopで作ったテキストをアフターエフェクトで編集する方法

      Photoshopで作ったテキストをアフターエフェクトで編集する方法

    5. アフターエフェクトで分厚い立体感のある文字アニメーションを作る手順

    6. アフターエフェクトのタイムラインをスムーズに再生する3つの方法

    7. アフターエフェクトの文字を動かす基礎が全て分かる!初心者必見の記事10…

    8. アフターエフェクトで文字を一文字ずつ出現させるアニメーションの手順