ENTRY

SONY定番モニターヘッドホン MDR-CD900STは今さら買うべき?

動画編集を行う場合、音声はパソコンのスピーカーではなくイヤホンやヘッドホンでモニタリングしているのではないでしょうか。

自宅で一人で動画編集している場合はスピーカーの音でモニタリングしても良いかもしれませんが、制作会社では全員がパソコンに向かって動画編集しているので、ヘッドホン・イヤホンは必須です。

映像クリエイターの方に一番普及しているのがモニターヘッドホンで、SONY MDR-CD900STやAudio Technica ATH-M50xあたりが定番とされています。

結論から先に言うとSONY定番モニターヘッドホン MDR-CD900STを購入して使うことにしましたが、購入までけっこう色々悩みました。

実はモニターヘッドホンはいろんなメーカーから良い製品が発売されており、いまさら何年も前に発売した定番のモニターヘッドホンを買うべきなのか疑問を感じたわけです。

ここでは定番モニターヘッドホンのメリット・デメリット、定番とはいえ、やや古ささえ感じるSONY MDR-900STをこれから購入するべきか?

私が購入に至った理由などを述べてみます。

モニターヘッドホンをまだ持っていない方や、これから音声収録が重要になる動画の編集(ほとんどそうだと思いますが(;’∀’))を行う方はぜひ読んでみてください。

このエントリーで検証するヘッドホン

モニターヘッドホンってなに?普通のヘッドホン・イヤホンとどう違う?

そもそもモニターヘッドホンって普通のヘッドホンと違いがあるのでしょうか。
SONY MDR-CD900STについては製品名としてモニターヘッドホンとなっております。

実は「モニターヘッドホン」という規格は存在せず、普通のヘッドホンをモニターヘッドホンとして使用している方もいます。

但しMDR-CD900STはSONYによって業務用と定義されており、一般的な家電製品に当たり前のようにある1年間の製品保証はありません。

MDR-CD900STの箱

MDR-CD900STの箱に無償修理期間は設定されていない旨が明記されている

デザインされた化粧箱もなく質素な段ボール箱に梱包されています。そういえばSONYの業務用カメラも全て段ボール箱に梱包されていますね。

まず一般的なヘッドホンとモニターヘッドホンの違いは音の聞こえ方が違うと言われています。

よく「原音のまま」の音が聞こえるのがモニターヘッドホンであると言われていますが、これは一般的なヘッドホンが音楽を楽しむためにあるものであり、モニターヘッドホンがノイズや雑音を発見するためのものであることが理由であるとされています。

一般的なヘッドホンは中低音がしっかり聞こえるものが多くて音域に厚みがあるのが特長です。

長時間快適に音楽を聴けるように設計されており、没入感を保てるよう側圧(耳を挟む圧力)が強いヘッドホンが多いです。

このような特徴から、モニターヘッドホンに対して「リスニングヘッドホン」とも呼ばれています。

これに対し、モニターヘッドホンは特定の音域を誇張したりせず、音がクリアに聞こえます。

癖がないので、ノイズを発見しやすく映像制作会社や音楽業界では標準機種となっているのが特長です。

また、耳にあてたり外したりを繰り返し、片耳だけで聞いたりするような場合でも対応できるように設計されているので、側圧はほどほどです。

音の解像度が高いせいか、長時間聴いていると結構疲れるというデメリットもあります。

この動画はユーチューバーのgyueenさんによる SONY MDR-CD900STとリスニングヘッドホンの名器と言われているSONY MDR-Z900 、そしてゲーミングヘッドセットを比較検証した動画です。
バイノーラルマイクで3つのヘッドホンの聞こえ方を検証してくれており、動画5分以降の比較テストが非常に分かりやすいのでぜひ視聴してみましょう。

私がSONY MDR-CD900STを購入した理由

制作会社でMDR-CD900STを使っている方も多い上に、同僚からもよく薦められてはいましたが、これまで購入には至っておりませんでした。

しかし同じような映像作品を取引先に納品し続けるといった仕事も増え(つまり得意先)、毎回異なる収録環境で撮影した映像でも、音の品質を安定させたいと思うようになりました。

その場合イヤホンやヘッドホンは壊れたら買い替えるという今のやり方ではなく、同じヘッドホンを使い続ける方が良いのではないかと思いまして、SONY MDR-CD900STの購入に至りました。

MDR-CD900STの音の聞こえ方ももちろん魅力でしたが、それよりもまずMDR-CD900STが壊れにくいヘッドホンであることと、ヘッドホンで劣化しやすい部分(イヤーパッドやケーブル)が簡単に交換できるという点のほうが大きな魅力でした。

MDR-CD900STのイヤーパッド 厚さ控えめ

MDR-CD900STのイヤーパッド 厚さ控えめ

MDR-CD900STのイヤーパッドは一般的なヘッドホンよりも薄くて、音が出る部分と耳との距離が近いです。

そのため、音が良く聞こえる感じがします。
ただしあんまり耐久性はなさそうで、ただでさえ汗をかきやすい私の場合、イヤーパッドは交換できる方が好ましいです。

MDR-CD900STのイヤーパッド 取り外しができる

MDR-CD900STのイヤーパッドは簡単に取り外すことができ、交換も簡単です。
交換用イヤーパッドは安く売っているのも嬉しいです。
定番のヘッドホンとしてロングセラーのMDR-CD900STは別売り部品も充実しています。

MDR-CD900ST用イヤーパッド

MDR-CD900STのヘッドバンドMDR-CD900STのヘッドバンドには「STUDIO MONITOR」の文字が。

ヘッドバンドも頑丈で、踏んでも壊れないと言われていますが、もし経年劣化してもヘッドバンドも交換することができるようになっています。

伸縮可能なMDR-CD900STのヘッドバンド。L(Left)側に左耳をあてがいます。右にも R(赤色)のマークがあり分かりやすい。

ヘッドホン MDR-CD900STは側圧がそれほど強いわけではありませんので、長時間取り付けていても耳が痛くなるような感じはありませんね。

MDR-CD900STのイヤーパッドは180°反転できる

MDR-CD900STのイヤーパッドは180°反転できる

イヤーパッド部分を180度回転させて反対側に回して、頭に装着せずに耳にあてることができます。

こういう使い方ができるのは地味なことですが非常に便利です。

MDR-CD900STのステレオ標準プラグ

プラグはステレオ標準プラグとなっており、パソコンで使うには3.5mmステレオミニプラグに変換するプラグが必要になります。

オーディオミキサー YAMAHA AG03

オーディオミキサー YAMAHA AG03

変換プラグを購入するのが安上がりですが、ステレオ標準プラグをそのまま差し込めるオーディオインターフェースを購入するのがオススメですよ。

私はYAMAHA AG03を使っています。インターネット配信にも便利なループバック機能も搭載している3チャンネルのミキサーです。

YAMAHA ウェブキャスティングミキサー 3チャンネル AG03

MDR-CD900STのコード全長

SONY MDR-CD900STのコードの長さは2.5mと結構長いです。パソコンまわりで使う場合は持て余してしまうかもしれません。

一般的なイヤホンのコードはちょっと引っ張っただけでも断線することがありますが、MDR-CD900STのコードは業務用のモニターヘッドホンというだけあって、かなり頑丈でちょっとやそっと踏んだりしても断線しそうにありません。

もし断線しても純正のプラグ付きコードが販売しているので、ケーブルを付けなおすこともできますよ。
ケーブルを交換する場合はSONY純正である必要はありませんが、純正品があるというのは安心感がありますね。

SONY定番モニターヘッドホン MDR-CD900STは今さら買うべき? まとめ

こんな感じです。
MDR-CD900STは何年もモニターヘッドホンの定番として君臨してきただけあって、交換可能な部品の数がハンパないです。

またMDR-CD900STの修理を受け付けてくれるイヤホン・ヘッドホンショップも多く、故障にも困らなさそうです。

自分でできる部品交換についてはYouTubeでもやり方が紹介されているので、ぜひそれらを参考にMDR-CD900STを長く愛用していこうと思います。

結論。映像クリエイターはMDR-CD900STを今から購入するのも全然遅くありません。オススメです。

サウンドハウスの箱

あと追記です。

ヘッドホンやマイク、音響の機材はサウンドハウスがお買い得価格なので、ぜひチェックしてみてください。

このエントリーで検証したヘッドホン

MDR-CD900STの部品交換に関する動画リンクまとめ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

映像でブランディングするプロの全手法を公開

スポンサーリンク

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る