ENTRY

5000円で買えるドローンを選ぶときのポイント

ドローンには、高いものほど性能が良いというイメージがあります。
しかし中には5,000円で購入できるもドローンもあり、初心者から選ばれているようです。

ここでは5,000円以下のドローンを購入するときのポイントとドローン初心者に人気がある5,000円以下のドローンを紹介しましょう。

この動画ではトイドローン Holy Stoneを紹介してくれています。
かなり小型で航空規制法対象外のドローンになっていますが撮影も可能です。
これからドローンを始めようと考えている方はぜひ視聴してみましょう。

ドローンは5,000円で購入できるのか?

高価なドローンにはなかなか手が出せない、本格的でなくてもいいから飛ばして遊びたいと考える人は多いです。

軽い遊びや趣味の範疇なら、ドローンは高いものを選ぶ必要はありません。
通販サイトなどで5,000円もあれば購入できる、非常に安価な機体も存在します。

いきなり数万円も出すことはハードルが高く、購買意欲の障壁にもなりかねません。

ドローンは操縦して慣れなければ上手く扱えませんので、初心者なら安いもので練習するのがおススメです。

ドローン初心者さんは「ドローンは落下し、壊れてしまうことがある」ことを考えずに購入します。

操縦技術が未熟なうちはかなりの確率ですぐに壊してしまうものです。

操縦に関してまだ技術が未熟であるのに、高価なものを衝突させて壊してしまうことは避けるべきです。

ただ話題のドローンを持っていたいのなら、数万円もする空撮用のものでなくても問題ないはずです。
5,000円で買える安いドローンでも、飛行させて楽しむことは十分可能です。

5,000円のドローンを選ぶ際のポイント

ドローンでありながらどれだけ安いか、またどれだけ気軽に使えるかがポイントです。

操縦練習には失敗が当たり前ですが、サラッと購入できる安いものならたとえ破壊してしまっても諦めがつくでしょう。

もちろん大切に使って長持ちさせるのに越したことはありませんが、通販サイトなどで、5,000円で買えるものを探してみてください。

また安いトイドローンを万が一墜落させてしまった場合でも、ドローン自体がかなり軽量なのでよほどのことがない限り壊れることはありません。

練習用に最適なトイドローンのLuxon ミニドローン

練習用に最適なトイドローンのLuxon ミニドローン

トイドローンは簡単に購入でき、意外とタフなため初心者に最適な機体と言えます。
またトイドローンは規正の対象外であり、安心して飛行させることが可能です。
公園など広いところでの練習も良いですが、まずは自室の中で基本練習を行うべきです。

尚、5000円以下のドローンはカメラを搭載したものを見つけるのが難しくなりますが、とにかく飛行訓練を徹底的に行って腕を上げてからカメラ搭載のドローンを買えばよいのではないでしょうか?

ドローンにある高価で高性能というイメージを見事に覆したのが、簡単に購入できるトイドローンです。
5,000円もあれば買えるため、練習を始めたい初心者に最適なのです。

5,000円で購入できるドローン人気ランキング

JD-TOYS ドローン RCマルチコプター

JD-TOYS ドローン RCマルチコプター
JD-TOYSドローンRCマルチコプターは、数あるドローンの中でも安い部類に含まれます。
いきなり高いものから目指すのではなく、初心者であればJD-TOYSから始めると良いでしょう。

コンパクトなデザインのため、外ではなく室内で操作することも可能です。
自分の部屋の中で練習のために飛ばすのに最適であり、操作も難しくなりません。
小さな子どもがおもちゃとして遊ぶのはもちろん、非力な女性でも安心です。

小さくても練習用として十分なのがオススメであり、何より小型軽量機であるため壊れにくいです。
操作に慣れていないのに高いものを選んで壊してしまうと、モチベーションが下がってしまいます。
JD-TOYSならば、楽しみながら自らの操作性を上げることができます。

JD-TOYS ドローン RCマルチコプター

Luxon ミニドローン 2.4G

Luxon ミニドローン 2.4G
安いドローンから始めてみたいという人には、Luxonミニドローンがオススメです。
わずか2.4Gと軽量であり、初心者用には最適の機体です。
ヘッドレスモード機能搭載で、操縦レバーを傾けるとその方向に向かって飛行するシンプルさが人気を博しています。
ドローンのヘッドがどちらに向いていても、簡単に操縦可能なことが最大のメリットです。

Luxonミニドローンは中級または上級者にとってもオススメです。
航空法規制対象のドローンはせっかく購入しても、飛ばす機会が少ないです。

長期間ドローンの操縦をしないと腕が落ちてしまいますが、Luxonミニドローンなら日常的に狭い部屋でも練習することができますよ。

操作性は意外とシビアで室内で練習し、壁にぶつけることなく飛ばせるようになれば、屋外でのドローン操作はとても簡単に感じることでしょう。

プロペラ部分はガードにより守られているため、練習中に落下しても壊れにくく安心できます。
子どものおもちゃとして購入する保護者も多いようです。

Luxon ミニドローン 2.4G

Holy Stone ミニドローン

Holy Stone ミニドローン
ドローンの操縦をしたいが、小さな子どもが使うようなおもちゃは嫌だと考えるユーザーは少なくありません。
基本的な操縦ができるのであれば、HolyStoneミニドローンをオススメします。

最大の特徴は、飛行中に宙返りすることができる3D宙返り機能です。

プロが行うような本格的な操縦レベルでなくとも、練習次第では初心者でもアクロバティック飛行を楽しむことができます。

空中で回転しながらバランスが崩れた機体を立て直す飛行練習は、本格的なドローンを操縦するときの万が一に備えた訓練になるでしょう。

操縦タイプはモード1、モード2それぞれ販売されており、購入時には確認したほうが良いです。
初心者の方におススメはモード2のタイプです。

参考:初心者必見!ドローンの飛ばし方とコツをざっくり解説

パーツの中ではプロペラが重要となるため、練習時はプロペラをなるべくぶつけないように気をつけてください。

Holy Stone ミニドローン

Holy Stone 子ども用ドローン

Holy Stone 子ども用ドローン
ドローンは近年ビジネスにも用いられ、大人が操縦する例が多く見られます。
しかし子どもが楽しく遊ぶことができるおもちゃとしてもドローンは注目されており、HolyStone子ども用ドローンは最適な製品と言えます。

この価格帯の製品には珍しく高度維持機能が搭載されていることも魅力の一つであり、気圧センサーも備わっています。
子ども用ドローンとは言えないほど高性能であり、離陸と着陸も簡単に行えるため遊び道具として良いでしょう。

Holy Stone 子ども用ドローン
また機体が小さく折り畳んで収納することができ、保護者の管理も非常に楽です。

しかも十分な飛行ができるだけのパワフルさを兼ね備えており、練習用としてこれ以上のものはありません。

子ども用ドローンは外で飛ばすよりも室内で練習するのに適しているため、雨や風が強い日でも遊べます。

Holy Stone 子ども用ドローン

ZZRC Toys ミニドローン 6軸ジャイロ

ZZRC Toys ミニドローン
この価格帯のドローンでは珍しくカメラを搭載しているのがZZRC Toys ミニドローン 2.4GHz 4CH 6軸ジャイロです。

6軸ジャイロと呼ばれるセンサーを集合させたものが搭載されており、小型ながらも安定した飛行精度を誇ります。

ZZRC Toys ミニドローン
送信機を使えば動画や静止画の撮影を簡単に行うことができ、室内で空撮に用いるのにオススメの機体です。
また機体がどの方向に向いていても、操縦者から見た方向を基準として動かすことができます。

価格は平均的ですが、初心者のみならず中級者以上にも適した機体です。
スピードを切り替えることができ、60から100パーセントに設定することで迫力のある撮影と飛行が楽しめます。

ミニドローンなので置き場所にも困らず、メンテナンスがしやすいことも魅力です。

ZZRC Toys ミニドローン 6軸ジャイロ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

映像でブランディングするプロの全手法を公開

プロモーションビデオを作れるようになりたいけど、構成やディレクションの方法がよく分からないと悩んでいませんか?
ムービーアカデミーでは
あなたの動画の格をあげ、単価をあげる2つのポイント
1台のカメラで擬似3カメ編集 対談動画のポイント
ドキュメンタリームービーの構成テンプレート
など、実績を上げているプロの映像クリエイターから今すぐに活用できる具体的なテクニックを詳細に解説してもらえます。
ぜひ貴社の動画マーケティングにご活用ください。

詳しく見る

スポンサーリンク

関連記事

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る