ENTRY

2018年運動会用ビデオをソニーで買うならこの3つから選ぶべし!

2017年運動会用ビデオをソニーで買うならこの3つから選ぶべし!

運動会のシーズンがやってきたら、お父さんが準備しないといけないのが子供を撮影するカメラです。

一眼カメラでビデオ撮影できるようになっていますが、バッテリーの持ちや手ブレ補正の強さで考えるとやっぱりビデオカメラのほうが有利です。

特に動いている被写体を一眼カメラで撮影するのはプロでも難しいとされているのに、初心者さんやイベント以外でカメラを使わない方ならなおさらビデオカメラがオススメです。

ここでは2018年現在で運動会用のビデオカメラを選ぶ時のポイントと、ソニーのビデオカメラ人気上位3モデルを紹介します。

2018年運動会用ビデオカメラ購入時のポイントはこれだ!

ハイブリッド式の手ぶれ補正機能がオススメ!

今やほとんどのビデオカメラは手ぶれ補正機能を持つようになりました。

写真を撮るカメラにも手ブレ補正は必要ですが、ビデオカメラではずっとカメラを構えた状態が続いて揺れが生じるため、手ぶれ補正が一層重要です。

特に運動会では、走る子供を追いかけてカメラの向きを変えたりすることも多いです。

ぜひ、強力な手ぶれ補正機能を備えたビデオカメラを持って行きましょう。

最近のビデオカメラは、光学式の補正と電子式の補正を組み合わせたハイブリッド式の手ぶれ補正機能を搭載したものも増えています。

ハイブリッド式は補正力が高いのでおすすめです。

この動画ではソニーの空間光学手ブレ補正の効果を検証しています。ソニーの手ブレ補正がどの程度のものかよくわかるのでぜひ視聴してみましょう。

動画で検証されているSONY ビデオカメラ FDR-AX55 4K 64GB

4Kは必要?画像切り出しで威力を発揮する4K対応ビデオカメラ

運動会に持って行くビデオカメラのことを考えた時、4K対応が必要かどうかは気になるところです。

フルハイビジョンでも十分と言えば十分かもしれませんし、ハイビジョンである必要すらないという人もいるでしょう。

しかし、やはり4Kの動画の画質が優れていることは間違いがありません。

その差は特に、画像を拡大した時に現れます。

4Kは画素数が多いため、拡大してもきれいなままです。

また、4Kでは1コマ1コマの画素数が写真に匹敵します。

そのため、映像の1コマを取り出して写真を作りたいという人には4K対応ビデオカメラを強くおすすめします。

前述のように、ビデオカメラは撮影した映像から写真を作るという目的で使うこともできます。

参考:決定的瞬間を美しい静止画で切り出せる|FDR-AX40
動画の方が静止画よりも情報量は多いわけですが、写真の方が扱いやすくはありますし、競技に参加している子供の一番いい姿だけを取り出すこともできます。

そこで便利なのが、映像から静止画を切り出す機能です。

原理的にはどんな映像からも静止画の切り出しが可能ですが、動画ソフトの使い方などそれなりの知識が必要となるでしょう。
知識だけではなく動画や静止画を編集する手間もあります。

それを考えると、ビデオカメラ自体に画像切り出し機能がついているものは利便性が高いです。

ソニー 4K画像切り出し機能搭載の人気モデル FDR-AX40 4K 64GB

もはや編集ソフトは不要? カメラ内で動画編集できるモデルの出現

写真の切り出し以外の編集機能も、もちろん重要です。

とりあえず映像をとっておいて、後で見栄えのするように整えたり、映像をいじって楽しんだりという需要は高まっています。

静止画の切り出しと同様、どんな動画も原理的に後から編集することができます。

しかし、ビデオカメラで撮った映像をパソコンに取り込んで専用のソフトで編集するのは、やはり手間や知識が必要です。

ですから、映像の編集もカメラの中でそのままできる方がやはり便利です。

参考:撮った映像を、カメラが自動で1本のBGM付のショートムービーに仕上げてくれる「ハイライトムービーメーカー」

徹底的に映像をいじるのは難しいですけれども、映像の範囲を設定するといった基本的な編集を手軽に行いたい人におすすめの機能です。

ショートムービー編集機能を搭載したSONY Handycam 光学30倍ズーム

録画機能つきのスマートフォンやデジカメにいくらかシェアを奪われていますが、映像の撮影に関してはやはりビデオカメラが一番優れています。

高度な手ぶれ補正や長時間の録画といった機能があるだけでなく、動画の編集がカメラ内でできる製品もあります。

しっかりした映像を撮りたければ運動会にはビデオカメラを持っていきましょう。

2018年運動会用ビデオをソニーで買うならこの3つから選ぶべし!

SONY ビデオカメラ FDR-AX55 4K 64GB

ブレない新型の空間光学手ブレ補正搭載

ピント合わせが早い!

ヌケの良い描写

SONY ビデオカメラ FDR-AX40 4K 64GB

4K切り出しが便利!

ZEISS バリオゾナーT*搭載。キレイに撮れる

FDR-AX55が予算厳しいならFDR-AX40がオススメ

SONY ビデオカメラ Handycam 光学30倍 内蔵メモリー64GB

光学30倍ズーム搭載

ハイライトムービー編集がカメラだけで出来て便利!

4K撮影できないが、価格が安い

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

映像でブランディングするプロの全手法を公開

スポンサーリンク

関連記事

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る