4K動画編集はもはや楽勝!4K編集パソコン周辺機器の選び方


※2019年9月更新しました

映像の美しさを誇る4K動画。ですが扱う機器がそれに見合っていなければ、その描写の魅力は半減してしまうでしょう。

ここでは、4K動画を編集するパソコンや周辺機器を選ぶうえでのポイントを解説します。

ハイスペックな動画編集パソコン

GTX1080Ti

4K編集に必須の高性能なグラフィックカード

動画編集をするうえで欠かせないのは、重たいファイルでも快適に作業できるハイスペックなパソコンです。

CPU・メモリ・ストレージ・ビデオカードと、動画編集を行うなら必要最低限なスペックを搭載したものを選びましょう。

BTOショップには、ベースモデルに対してパーツ変更するなど、自分が求めるスペックで構成できるのでおすすめです。

パソコンのスペックを重視するとともに、周辺機器を繋げるケーブルも視野に入れましょう。

映像端子にもさまざまな種類があります。
4K対応のディスプレイには、接続ケーブルにはDisplayPortが必要です。

またはHDMIでもVer2.0の4Kに対応したバージョンを選んでください。

参考:4K動画編集はデスクトップがおすすめ!動画編集で差をつける方法

4K対応のディスプレイ

4K動画編集には、それを映し出す4Kディスプレイが必須なのは、言わずと知れたことでしょう。

sRGBをカバーしたり、チラつき防止のフリッカーフリー設計・ブルーライト軽減機能などが搭載された大型ディスプレイが、3万円台で購入することが可能になっています。

4Kディスプレイはあまり小さなサイズで購入するのはお勧めできません。
たとえば24インチ程度の4Kディスプレイが安価で販売されていますが、小さすぎる4Kディスプレイは解像度が本領発揮できません。

参考:4KモニターでPCゲーム、その前に注意しておきたいこと|ドスパラ

最低でも28インチ以上を使うほうが良いでしょう。

4Kディスプレイでオススメはiiyamaの4Kディスプレイです。
2K・フルHDに変更も可能です。

4K対応の録画機器(カメラ)

最近は4K動画を撮影できる機器が数多く販売されています。

これまでのフルHDの映像と比較すると、解像度の高い作品を作ることができるでしょう。

ビデオカメラ・一眼レフ・アクションカムと、機器はさまざま。パソコンと同様にそれぞれの特徴を知り購入しましょう。

オススメの4Kカメラ

SDカード

撮影した動画を保存するSDカード。
どれも同じように見えますが容量により区別されるので、高画質な映像を残すためにも知識をつけておきましょう。

SDカードは容量により3種類に分類されます。
機器により使用可能が異なるので、対応機器を調べて購入してください。

SDカード 記憶容量は2GBまで。対応機器:SD・SDHC・SDXC対応のカメラ
SDHCカード 記憶容量は2GB~32GBまで。対応機器:SDHC・SDXC対応のカメラ
SDXCカード 記憶容量は32GB~2TBまで。対応機器:SDXC対応のカメラ

動画を撮る場合は、SDHCカード以上がおすすめです。

フルHD動画なら8GBで約1時間弱の撮影が可能です。
同じ容量で4K動画を撮影するとなると9分ほどになります。

4K動画を長時間撮影するなら、余裕をもってSDXCカードの容量が大きなものを持ちましょう。

またSDカードもパソコン同様に、スピードクラスと転送速度は重要です。

動画保存には一定レベルの転送速度が備わっていなければ、データを書き込むこともできません。
SDカードを選ぶ際には、容量やスピードクラス、転送速度を確認してください。

記載されているClassと転送速度は以下の通り。
例えば「CLASS 8」なら、最低8MB/Sで転送できるという意味です。

CLASS2 最低2MB/S
CLASS4 最低4MB/S
CLASS6 最低6MB/S
CLASS8 最低8MB/S
CLASS10 最低10MB/S

動画編集ソフトウェア

忘れてはいけないのが、4K動画を編集するソフトウェアです。
近年販売されている有料のソフトウェアは、4K動画対応のものばかりです。

Premiere Pro Adobe
VideoStudio Pro Corel
PowerDirector サイバーリンク
Movie Studio Platinum VEGAS
Final Cut Pro Apple
DaVinci Resolve Blackmagic Design Japan
Filmora Wondershare
EDIUS PRO Grassvalley

いくつかの動画編集ソフトをざっくりとあげてみましたが、価格は数千円から数万円とピンキリです。

またAdobeの Premiere Proは、パッケージ版は販売されていません。

月額でライセンス料を払うシステムを導入しています。

どんな機能が搭載されているのか?
使いやすいインターフェースか?
ビデオカードを拡張予定なら、それとの相性は?

編集作業する環境によって左右されるので、確認してから購入しましょう。

4K映像編集にオススメの動画編集用パソコン

映像業界では編集マシン(PC)を4K動画編集対応機へ移行する動きが進んでいます。

SSDの低価格化が進んだことと、新型のCPUが2018年に次々と発売されたことでYouTubeユーザーの中でも4Kへの動きが今後盛んになるでしょう。

4K動画編集に対応できるパソコンはまだまだ安くはありませんが、かなり低価格になってきています。

ちなみにパソコンショップの4K編集対応モデルは2019年時点で25万~30万円の予算で非常に良い製品が出揃ってきています。

またパソコンに合わせて4K対応のディスプレイも揃える必要がありますよ。

マウスコンピューターのオススメ4K動画編集モデル

DAIV-DGZ530U2-M2SH5

4K解像度の動画像処理も快適な第9世代CPU + GeForceRTX 2080搭載モデル
CPU:Core i9-9900K
グラフィックス:GeForceRTX 2080(8GB)
メモリ:32GB
ストレージ:M.2 SSD 512GB + HDD 3TB

299,800円(税別)

マウス公式ページ

2019年9月 増税前のお得なキャンペーン!詳しくはコチラ

パソコン工房のオススメ4K動画編集モデル

LEVEL-R039-LCi9K-XYVI

第9世代Core i9とGeForce RTX2080 Ti 搭載・クリエイター向けミドルタワーパソコン
CPU:Core i9-9900K
グラフィックス:GeForce RTX 2080 Ti 11GB
メモリ:16GB
ストレージ:M.2 SSD 500GB + HDD 2TB

284,980円(税別)

PC工房公式ページ

ドスパラのオススメ4K動画編集モデル

raytrek LC-X P2

10コアCPU搭載クリエイターPC 4K編集も快適なハイスペックパソコン
CPU:Core i9-9820X
グラフィックス:Quadro P2000 5GB
メモリ:32GB
ストレージ:SSD 500GB + HDD 2TB

299,980円(税別)

ドスパラ 公式ページ

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1.5万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書いています。

動画制作に興味がある方はぜひ読んでみてください!


また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

動画編集用パソコンのススメ

動画編集用パソコンの選び方動画編集用PCのおすすめスペック動画編集用ノートPC選択5つのポイント

価格で選ぶときのポイント

10万円以内15万円以内20万円以内25万円以内30万円以内35万円以内40万円以内

4K高画質向けパソコン

4K動画編集用PCおすすめスペック4K動画編集はデスクトップが良い?4K編集向けの周辺機器

CPU

動画編集で快適なコア数とはCore i7Core i9

グラフィックカード

グラフィックボードの失敗しない選び方動画編集でQuadroは必須なのか?動画編集用パソコンとGeForceの相性

メモリ

動画編集でメモリは32GBが良い?メモリ32GBと64GBの違いを検証

ストレージ

動画編集におすすめのSSD外付けハードディスクを選ぶポイント最適なストレージ構成

マザーボード

マザーボードを選ぶときのポイント

液晶ディスプレイ

液晶モニターの選び方4K液晶モニターはこの5つをチェック4K PCモニターの注意点キャリブレーターについて

CPUファン

動画編集向けPCのCPUファン選び方

映像編集向けモニターヘッドホン

MDR-CD900STは今さら買うべき?

編集ソフトに最適なモデル

Premiere ProでオススメのPCとは?After EffectsでオススメのPCとは?EDIUSでオススメのPCとは?DaVinci ResolveオススメPC

パソコンショップについて

動画用PCを買う時のお店の選び方マウスコンピューターのおすすめPC一覧DAIVとG-TUNEの違いパソコン工房のおすすめPC一覧ドスパラのおすすめPC一覧

最近の記事

ページ上部へ戻る