35万円以内のおすすめ動画編集パソコン

予算が多ければ多いほど、性能を求めたパソコンを手に入れることができますよね。

35万の予算であれば、およそ4~5年ぐらいは買い換える必要がなくなります。

映像のプロとして何年も仕事をする人には中途半端な値段のPCよりもむしろコストパフォーマンスが高くなります。

ここでは35万円を予算として、どのような性能の動画編集パソコンを求めることが出来るのか考えていきましょう。

ハイエンドモデルでの構成がオススメ

パソコンの性能を左右するのがCPUです。

これはできれば最上級モデルを搭載して欲しいと思います。

Core i9以上あれば文句なしですね。
その中でも上位モデルの製品を搭載したものなら、エフェクト処理やエンコードなど、複数の作業を並列処理しても間違いなく快適な動作環境を得られるでしょう。

また動作環境を軽快にするためにも、HDDのみではなくて、SSDと併用して使ったストレージ構成をオススメします。

OSやソフトウエアなどのインストールはSSDに。
保存するデータはHDDにしておきたいところです。

また、SSDは書き出しを高速化するRAID0構成にしたり、ATA SSDの3~5倍の処理速度を誇るM.2 SSDを搭載するのも良いでしょう。

そして4K動画を扱うのなら、メモリは最低でも16GB。35万の予算なら32~64GBも可能なはずです。

グラフィックボードは、使いたい動画編集ソフトと合わせて考えたほうが良いのですが、高解像度を扱うならハイエンドモデルの製品が適しているかと思います。

NVIDIA社ならGTX1080Tiが良いでしょう。
QuadroならP4000(8GB)がオススメです。

性能がよいCPUやグラフィックボードを搭載する上で心配なのが、消費電力や発熱の問題です。

Core-i9のハイエンドモデルは発熱も多いため、強力な冷却装置を装備する必要があります。
パソコンショップによっては冷却機能に優れた水冷型のCPUクーラーも搭載している場合があるので、そこも考慮しながら選びたいですね。

動画編集に時間がかかるのは、編集作業よりもエンコードなどの処理ではないでしょうか?

解像度の高い動画ならなおさらのことです。

追求すればするほどに高額になるパソコンですが、35万円以内の予算ならCPUをはじめとしたパーツをかなり強化して構築することができると思いますよ。

35万円以内で動画編集用パソコンを探すときのポイント

CPUは最高モデルを選ぼう

CPUとグラフィックスの発熱に注意

水冷ファンやM.2 SSDで強化しよう

2018年 各パソコンショップの35万円以内の動画編集用パソコン

動画編集用PCに35万円の予算が組めるなら、現在発売されているCPU・グラフィックボードの最上位クラスを搭載できます。

4K動画編集はもちろん、カラーグレーディングや3Dアニメーションにも対応し、あらゆる映像業務をこなすことができるでしょう。

35万円という予算となると各パソコンショップでもかなり異なる構成となるのが特長です。
好みのCPUやグラフィックカードに変更するという手もありますよ。

マウスコンピューター DAIV 35万円以内モデル

DAIV-DGX750H2-SH5

高解像度の動画像処理も快適に!

CPU:インテル® Core™ i9-7900X
グラフィックカード:GeForce® GTX 1080 Ti(11GB)
水冷CPUクーラー搭載

レビューを読む DAIV 公式ページ
icon

パソコン工房の予算35万円以内オススメモデル

SENSE-R0X3-R8X-QVR

Ryzen7 8コアCPUとQuadro P4000搭載・クリエイター向けミドルタワーパソコン
CPU:Ryzen 7 1800X
グラフィックカード:Quadro P4000 8GB GDDR5
メモリ:DDR4-2133 DIMM (PC4-17000) 64GB(16GB×4)

SENSE 公式ページ
icon

ドスパラの予算35万円以内オススメモデル

raytrek LC-X P4

6コア12スレッド 最高級のCPUパワーとクリエイター向けVGAのQuadro搭載モデル
CPU:Core i7-7800X (6コア/HT対応/定格3.50GHz/TB時最大4.00GHz/L3キャッシュ8.25MB)
グラフィックカード:NVIDIA Quadro P4000 8GB
M.2 SSDはオプションにて追加可能です。

raytrek 公式ページ

プロモーション動画のテンプレートを公開します

No.1 マーケッター 神田昌典先生が絶賛した驚きの動画メソッド

最高峰のドキュメンタリー動画の作り方を丸ごと1本の教材におさめました。
素人でもプロ顔負けのCM・ドキュメンタリー動画を作る「型」を教えます。

詳しく見る

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る