エントリー

Nikon D750の動画撮影で人気の交換レンズはどれ?

Nikon D750の動画撮影で人気の交換レンズはどれ?

※2020年6月に更新しました。

Nikon D750の動画撮影で人気の交換レンズはどれ?
D750はニコンFXフォーマット(フルサイズ)の一眼レフカメラです。

ニコンは写真家に絶大な支持を持つメーカーですが、動画撮影機能も見逃せません。

特にD750はフルHD60Pでの高フレームレート動画撮影が可能で、手ブレ補正搭載のレンズを使用することでプロ用のビデオカメラとしての利用も可能です。

ではD750の動画撮影で人気のある交換レンズはどれでしょうか?

この動画では動画撮影用の交換レンズの選び方を、初心者さん向けに解説してみたのでぜひ合わせて視聴してみてください。

Nikon D750の動画撮影で人気の交換レンズはどれ?

Nikon D750の動画撮影で人気の交換レンズはどれ?

2432万画素の高画質フルサイズセンサーを供えた一眼レフ、ニコン D750で動画を撮影したいと思うのなら、レンズにはAF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VRを選ぶのがおすすめです。

D750の特徴とも言える安定感のあるグリップと合わされば、長時間の撮影でも疲労を最小限に抑えることができるレンズですよ。

この動画はプロのフォトグラファーさんによるAF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6の紹介です。
28-300mmという撮影領域をどのように取り扱ったらよいかも解説していて撮影のヒントになるので見てみましょう。

AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VRは10.7倍の高倍率ズームレンズとなっており、28-300mmという普段から使いうる範囲はほぼカバーできうるだけのズーム性能を持っています。

画質にも十分なこだわりを持って作られたレンズで、EDレンズを2枚、非球面レンズが3枚と複数の特殊レンズを含む14群19枚もの豪華なレンズ構成で、フルサイズの高画質センサーであるD750でも不足を感じてしまうレンズではありません。

超音波モーターを採用した高速なオートフォーカスは、音も静かで動画内に雑音を入り込ませてしまうこともありませんから、動画撮影にはもってこいのレンズと言えるでしょう。

300mmの手持ち撮影でも安定感を得られる、強力な手ブレ補正機能も備えていますから、ズーム状態を問わずに動画撮影を楽しめますよ。

10.7倍の高倍率フルサイズ用ズームレンズ

シャッター速度3.5段分の手ブレ補正搭載

高速AFは動画撮影でも十分活用できます

D750の人気アクセサリー

Nikon D750のズームレンズ用で人気のレンズ保護フィルター

Nikon D750で人気No.1の液晶保護ガラス

Nikon D750用純正リチャージャブルバッテリー

コスパ最強のカメラクリーニングキット

D750にオススメのSDカード

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク


MotionElementsの10%割引チケットを入手する

映像コンサルから学ぶ動画の作り方講座

関連記事

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:動画制作・ブロガー
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1.6万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書いています。

動画制作に興味がある方はぜひ読んでみてください!

ページ上部へ戻る