30万円以内のおすすめ動画編集パソコン


30万円ともなれば、ハイスペックな動画編集パソコンを購入できますが、買い方によっては、無駄だらけのマシンになってしまいます。

高額な予算だからこそ、しっかりとしたパーツを選んで理想のパソコンを手に入れたいですね。

ここでは予算30万円で動画編集用パソコンを選ぶときのポイントやオススメPCを解説します。

予算30万円以内のパソコンで何をどうしたいのか?

予算30万円ともなれば、4K動画でもサクサクと編集できるパソコンを手に入れることができるでしょう。

この金額を出して宝の持ち腐れのようなマシンとなっては、実にもったいない話。

・なにをしたいのか?(動画編集ですね!)
・どのような環境を作りたいのか?(サクサクな動きですね!)
・映像に求めるものは?(美しい滑らかな高画質ですね!)

このぐらいざっくりでも、イメージをつけながらスペックを考えていきましょう。

求めるものは高性能な各パーツ

4Kなどの高解像度な動画で編集・変換をするなら、CPUはCore i7の6コア以上をおすすめします。

予算が30万円以内なら、Core Xシリーズを搭載するのも良いでしょう。

グラフィックカードも、予算が許す限り上位モデルを考えてみるとよいでしょう。

例えば、Core i7 6950XなどのハイエンドモデルCPUにGeForce GTX1080などのハイパワーのGPUの組み合わせも面白いですね。

メモリは作業環境により違いがありますが、4K動画を扱うなら16GB以上は用意しておいたほうが良いでしょう。

30万の予算なら32~64GBが可能です。

ウェスタンデジタルのM.2 SSD

ウェスタンデジタルのM.2 SSD

ストレージについてはSSDのみで組み立てるには、コスト面でも大きなものとなるので、HDDと組み合わせるのが良いでしょう。

ちなみに今後も動画クリエイターとしてバリバリ活動していくなら、SSDはM.2 SSDがオススメです。

参考:1万円台からでも選べる、超高速な「M.2 SSD」最新カタログ|価格.komマガジン

30万以内で動画編集用パソコンを探すときのポイント

CPUとグラフィックボードは上位クラスで

メモリは64GBを搭載

SSDはM.2 SSDがオススメ

2018年 各パソコンショップの30万円以内の動画編集用パソコン

BTOパソコンはセミオーダーで作る、自作PCに近いパソコンです。

ベースとなるスペックから許容範囲で構成していくので、理想となるオリジナルなパソコンができるのでおすすめですよ。

30万円という予算で人気のパソコンショップがどんなパーツを組み込んでくれるのか?十分理解して購入するのがオススメです。

マウスコンピューターの予算30万円モデル

DAIV-DGX750M1-SH5

高解像度の動画像処理も快適に!

CPU:インテル® Core™ i7-7820X プロセッサー
グラフィックカード:GeForce® GTX 1080 (8GB)
M.2 SSDはオプションにて追加可能です。

レビューを読む DAIV 公式ページ
icon

パソコン工房の予算30万円オススメモデル

SENSE-R0X3-R7-QVR

8コアCPUのRyzen7とQuadro P4000搭載 プロのクリエイター・エンジニア専用マシン

CPU:Ryzen 7 1700
グラフィックカード:Quadro P4000 8GB GDDR5

SENSE 公式ページ
icon

ドスパラの予算30万円オススメモデル

raytrek-V XZ

速さと快適さを追求した6コア12スレッドCPU 32GBメモリモデル
CPU:Core i7-8700 (3.20GHz-4.60GHz/6コア/12MBキャッシュ)
グラフィックカード:NVIDIA GeForce GTX1080 Ti 11GB
メモリ:32GB DDR4 SDRAM(PC4-19200/8GBx4/4チャネル)

raytrek-V 公式ページ

プロモーション動画のテンプレートを公開します

No.1 マーケッター 神田昌典先生が絶賛した驚きの動画メソッド

最高峰のドキュメンタリー動画の作り方を丸ごと1本の教材におさめました。
素人でもプロ顔負けのCM・ドキュメンタリー動画を作る「型」を教えます。

詳しく見る

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る