エントリー

エレコムのトラックボール M-DT2DRBKを買ってみましたよ!

※2019年11月に更新しました。

前回のエントリー「動画編集用マウスはやっぱりトラックボールがおすすめ?」ではトラックボールの特長と種類について解説しました。

その中から人差し指でトラックボールを操作するM-DT2DRBKを選んで購入してみました。

このエントリーではM-DT2DRBKの実際の使い心地と操作方法、長所・短所を述べてみたいと思います。

M-DT2DRBK開封・付属品

AmazonのEDIONショップで購入しました。M-DT2DRBKを注文して翌々日届きました。

年末ドライバーさん忙しいと思いますが容赦なく。配達ご苦労様です。感謝です。

届きました届きました!M-DT2DRBK。

下見もしましたけどやっぱり箱も立派ですね。

箱を開けると見開きが説明書になっています。

使い方はとっても簡単です。

トラックボールを指先で回すことでカーソル操作を行えます。

左クリックボタンとチルトホイールは親指で。右クリックは薬指で操作する感じですね。

支持球は取り外すことができるようです。

その他ファンクションボタンが3つ。戻る・進むボタンがあります。

早速開封してみましょう。

つるっとしたボディでカッコいいですね。

単三電池が1個付属しており、ケースから外すと中には無線のレシーバーユニットがありました。

早速電池を挿入してみましょう。

電池を装着する場所のそばにレシーバーユニットを挿入できる穴もありました。

持ち運びの時はここに挿入すれば紛失しないでしょうね。

電源スイッチもあります。L(ローエナジーモード)とH(ハイスピードモード)があり、ローエナジーモードだと一日8時間利用で想定使用日数が約273日、ハイスピードモードだと約176日だそうです。

結構持ちますね!

電源の消し忘れなどが想定されるので、実際はそんなに持たないと思いますけど仕様値でそんなにもつなら想像以上です。

M-DT2DRBKに早速手を乗せてみました!

早速手のひらを乗せてみました。

これまで使ってきたマウスよりも大きいのですが、手をのせた感じではまずまずです。

親指や人差し指の位置もしっくりきますね。

ボールのそばに3つのファンクションボタンがあります。

人差し指で操作することになるでしょうね。

トラックボール操作中にファンクションボタンを押してしまうことはなさそうです。

ボールとファンクションボタンの間には適切な間隔があります。

ちなみに右クリックはボールのすぐそばにあり、常に薬指をのせていても誤って押してしまうような感じではなく、割としっかりクリックする必要があります。

使いやすいです。

進む・戻るボタンは親指で押すことになると思います。

まだ不慣れですが、これはこれで頻繁に利用することになりそうですね。

チルトホイールも親指で操作になります。

縦スクロールは違和感ありません。使いやすいです。

カーソルのスピードを調整できる速度変更スイッチもあります。

2段階切り替えが可能で、購入時には遅い設定になっています。このままのほうが使いやすいので速度変更はしませんでした。

チルトホイールは左右に倒すことで画面上で左右にスクロールすることができます。

チルトホイールも押して操作が可能なボタンになっています。

8ボタンとチルトホイールに2方向の合計10か所に好きな機能を割り当てることができるようになっています。

早速設定を行います。

エレコム マウスアシスタントでM-DT2DRBKに機能を割り当てる

エレコムのホームページからエレコム マウスアシスタントをパソコンにインストールします。

エレコム マウスアシスタント

エレコムマウスアシスタントをインストールして起動します。

次に画面右上の「プロファイル編集」を選択します。

 

①プロファイル編集ウィンドウが開きますので、追加を選択。

②プロファイル名を入力します。プロファイル名は任意ですが、ひとまず動画編集ソフトの名称にすると分かりやすいのではないでしょうか。

今回ボタン機能に登録するのはEDIUS Pro8のショートカットキーです。

なので私はEDIUSにしました。

割り当てたいボタンを選択し、任意キーを選びます。

任意キー登録ウィンドウが開きますので入力1・入力2にそれぞれのキーを割り当てます。

EDIUSで私が頻繁に使用するショートカットキーを登録してみました。

これでキーボードで行う操作の半分以上をマウス操作でできるようになりました。

これは便利!

エレコムのトラックボール M-DT2DRBKを買ってみましたよ! まとめ

エレコムのトラックボール M-DT2DRBKを使うことで手首の負担も減り、動画編集の作業スピードも速くなりそうです。

思ってたよりもすぐに順応できそうなので安心しました。

動画クリエイターさんにはぜひオススメしたいマウスですね。

エレコム トラックボール M-DT2DRBK ワイヤレス

エレコム トラックボール M-DT2DRBK 有線もありますよ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク


MotionElementsの10%割引チケットを入手する

映像コンサルから学ぶ動画の作り方講座

関連記事

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:動画制作・ブロガー
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1.6万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書いています。

動画制作に興味がある方はぜひ読んでみてください!

動画編集用パソコンのススメ

動画編集用パソコンの選び方動画編集用PCのおすすめスペック動画編集用ノートPC選択5つのポイント

価格で選ぶときのポイント

10万円以内15万円以内20万円以内25万円以内30万円以内35万円以内40万円以内

4K高画質向けパソコン

4K動画編集用PCおすすめスペック4K動画編集はデスクトップが良い?4K編集向けの周辺機器

CPU

動画編集で快適なコア数とはCore i7Core i9

グラフィックカード

グラフィックボードの失敗しない選び方動画編集でQuadroは必須なのか?動画編集用パソコンとGeForceの相性

メモリ

動画編集でメモリは32GBが良い?メモリ32GBと64GBの違いを検証

ストレージ

動画編集におすすめのSSD外付けハードディスクを選ぶポイント最適なストレージ構成

マザーボード

マザーボードを選ぶときのポイント

液晶ディスプレイ

液晶モニターの選び方4K液晶モニターはこの5つをチェック4K PCモニターの注意点キャリブレーターについて

CPUファン

動画編集向けPCのCPUファン選び方

映像編集向けモニターヘッドホン

MDR-CD900STは今さら買うべき?

編集ソフトに最適なモデル

Premiere ProでオススメのPCとは?After EffectsでオススメのPCとは?EDIUSでオススメのPCとは?DaVinci ResolveオススメPC

パソコンショップについて

動画用PCを買う時のお店の選び方マウスコンピューターのおすすめPC一覧DAIVとG-TUNEの違いパソコン工房のおすすめPC一覧ドスパラのおすすめPC一覧

ページ上部へ戻る