エントリー

After Effectsでオススメの動画編集用パソコンってどれ?

After Effectsでオススメの動画編集用パソコンってどれ?

2020年8月に更新しました。

動画編集用で使う有名なソフトウェアとして、EDIUS、PremiereProCCが挙げられます。

そして3Dモーショングラフィックスを制作するソフトではAfter Effectsがあります。

After Effectsは先に述べた動画編集ソフトよりもやや高性能なPCスペックを必要とします。

パソコンのスペックが低いとスムーズに動かない、エンコードに時間が掛かるといった不具合が生じ、その体感スピードからストレスを感じることでしょう。

では、どのくらいのスペックを持ったパソコンならAfter Effectsを快適に使うことが出来るのでしょうか?



この動画では6:13以降にAfter Effectsに最適なメモリについても解説しているので合わせて視聴してみてください。

そもそもAfter Effectsってどんなアプリ?

アドビシステムズが販売している、動画編集用ソフト『After Effects(アフターエフェクツ)』は映画・テレビ番組・CMなどの映像加工をはじめとして、あらゆるコンテンツ制作に使われている知名度の高いソフトウェアです。

この動画はAfter Effectsで制作した合成動画です。
After Effectsを使えばこのような映像を簡単に作ることができます。

最新のバージョンでは、3Dレンダリングエンジンが搭載され、プロ品質のアニメーションや3Dモーショングラフィックス製作が可能ですが、CPUやメモリがそれに見合わなければ、本領発揮するのは難しいといえるでしょう。

参考:【永久保存版】動画編集用パソコンのおすすめスペックとは

パソコンでモーショングラフィックの制作をする場合は大量のメモリを消費します。

32bit版ではメモリ不足からくる処理速度の低下が考えられるので、After Effectsでは、バージョンCS5(10.0.0)から、64bit版のみの対応となりました。

After Effects 体験版】操作方法・機能がどのようなものか具体的に知りたい方へ向けて、公式サイトで体験版をダウンロードできます。

※ダウンロードにはAdobe IDの取得が必要です。

After Effectsを使うために必要なスペック

・CPUに大きな負担が掛かる
・メインメモリーを大量に消費する

動画編集をするうえで重要なポイントは、この2点が大きな要素を含むので、高機能なCPU・メモリを搭載したパソコンを推奨します。

CPUは、動画編集を行うのであれば、core i7あれば処理能力は高くサクサク動くでしょう。
コア数やクロック数は多い方が良いですが、バランスの取れたものにしましょう。

参考:映像会社の常識!動画編集用パソコンに最適なCPUの選び方

メインメモリーは、できれば16GBは確保したいところです。最低でも16GBは搭載することをお勧めします。

After Effectsは、高速処理レイトレース 3D レンダラーという機能が搭載されています。

それをGPUで高速処理するにはGeForce GTXシリーズのハイエンドモデルやQuadroシリーズなど、対応したグラフィックボードが必要です。
※他のGPU機能は、基本要件を満たしていればすべてのGPUに対応しています。

対応するGPUの規格は、Adobe公式サイトの必要システム構成のレイトレース 3D レンダラー用のサポートされる GPU一覧でご確認ください。

After Effectsの処理速度は、GPUでその性能が左右される部分があることがポイントの1つです。

参考例:マウスコンピューターのAdobe推奨パソコン

ここではマウスコンピューターのクリエイター向けパソコンを例に挙げてみます。

マウスコンピューターはAfter Effects向けのパソコンと明確に定義してはおりませんが、Adobe Creative Cloud推奨スペックパソコンを用意してくれています。

その中に民生用4K動画編集・特殊効果処理向けパソコンがあります。
その中でもミドルクラスに位置するのが以下のモデルです。

DAIV Z9

モデル名 マウスコンピューターのAdobe推奨モデル DAIV Z9-Z390
CPU インテルCore i9-9900K
グラフィックス GeForce RTX 2070 SUPER(8GB)
OS Windows 10 Home 64ビット
メモリ 32GB
1stストレージ M.2 SSD 512GB
2ndストレージ HDD 2TB
チップセット インテル Z390
価格 249,800円

After EffectsはAdobeのソフトの中でも映像の特殊効果を制作できる製品なので、このカテゴリで適切だと思います。
インテルのコアi9を搭載しており、かなりハイスペックです。
保存容量が512GBのM.2 SSDと、2TBのHDDで容量も十分です。

グラフィックカードは上位製品でメモリーも32GBなので概ね賛成です。
After Effectsで生成するファイルは極めて大きいので、ストレージは十分に用意するほうが良いでしょう。

ちなみにAfter EffectsはCore i7でも問題なく動作します。
上記の推奨PCは4K解像度を想定しているのでしょう。

動画編集用パソコンでオススメのショップ

映像制作会社で実際に使われているBTOパソコンショップを人気順に並べました。
BTOショップでは動画編集用パソコンのことを「クリエイターパソコン」と呼んでいます。

マウスコンピューター

BTOパソコンで有名なマウスコンピューターには映像クリエイター向けのDAIVシリーズの中にAfter Effectsで行う特殊効果を快適に処理できる動画編集用パソコンを用意してくれています。ハイエンドなグラフィックカードを搭載しており、4K映像にも対応できるようになっているのでオススメです。

>>マウスコンピューターの通販サイトを見る

当サイトとマウスコンピューターのコラボ企画パソコン

ここで紹介したAdobe推奨パソコンよりも安い価格設定でストレージも大容量のモデルを特別に構成してもらいましたよ。オススメ!
価格を抑えた映像クリエイター向けハイスペックPCです

DAIV Z7-MVPR【Windows10】

CPU:Corei7-9700K
メモリ:16GB
グラフィックス:GeForce RTX2060 SUPER(8GB)
ストレージ:SSD 512GB + HDD 2TB
光学DVDドライブ USB3.0接続 高速カードリーダー搭載

159,800円(税別)

>>販売ページを見る

パソコン工房

パソコン工房ではデジタルアーティスト向けのクリエイターパソコンを「CG・MOVIE GARAGE」のブランドで販売しています。
After Effectsに限定した推奨パソコンではありませんが、CG制作を含んだ動画編集にも対応できるハイスペックなパソコンを低価格で購入できるようになっていますよ。

>>パソコン工房の通販サイトを見る

ドスパラ

ドスパラ
ゲームパソコンで有名なドスパラではノートPC・デスクPCともにAdobe PremiereProCC・AfterEffectsの推奨モデルが用意されています。
中でもCG向けの動画編集用パソコンではOpenGL対応のグラフィックカード(NVIDIA Quadro)を搭載したハイエンドPCがオススメと言えます。

>>ドスパラの通販サイトを見る

ドスパラのAfter Effects向けパソコン

ドスパラは動画編集・CG向けパソコンを用意しています。
最新のCPUを搭載し、グラフィックカードは8GBのビデオメモリを搭載しています。
After Effectsに十分な性能です。

raytrek XVR i7-10700搭載モデル

ドスパラの動画編集向けPC
CPU:Core i7-10700
グラフィックス:GeForce RTX 2060 SUPER 8GB
メモリ:16GB
ストレージ:SSD 512GB + HDD 2TB

149,980円(税別)

>>販売ページを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク


MotionElementsの10%割引チケットを入手する

映像コンサルから学ぶ動画の作り方講座

関連記事

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:動画制作・ブロガー
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1.6万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書いています。

動画制作に興味がある方はぜひ読んでみてください!

動画編集用パソコンのススメ

動画編集用パソコンの選び方動画編集用PCのおすすめスペック動画編集用ノートPC選択5つのポイント

価格で選ぶときのポイント

10万円以内15万円以内20万円以内25万円以内30万円以内35万円以内40万円以内

4K高画質向けパソコン

4K動画編集用PCおすすめスペック4K動画編集はデスクトップが良い?4K編集向けの周辺機器

CPU

動画編集で快適なコア数とはCore i7Core i9Ryzen 5Ryzen 7Ryzen 9

グラフィックカード

グラフィックボードの失敗しない選び方動画編集でQuadroは必須なのか?動画編集用パソコンとGeForceの相性

メモリ

動画編集でメモリは32GBが良い?メモリ32GBと64GBの違いを検証

ストレージ

動画編集におすすめのSSD外付けハードディスクを選ぶポイント最適なストレージ構成

マザーボード

マザーボードを選ぶときのポイント

液晶ディスプレイ

液晶モニターの選び方4K液晶モニターはこの5つをチェック4K PCモニターの注意点キャリブレーターについて

CPUファン

動画編集向けPCのCPUファン選び方

映像編集向けモニターヘッドホン

MDR-CD900STは今さら買うべき?

編集ソフトに最適なモデル

Premiere ProでオススメのPCとは?After EffectsでオススメのPCとは?EDIUSでオススメのPCとは?DaVinci ResolveオススメPC

パソコンショップについて

動画用PCを買う時のお店の選び方PCメーカーの特徴を徹底解説マウスコンピューターのおすすめPC一覧DAIVとG-TUNEの違いパソコン工房のおすすめPC一覧ドスパラのおすすめPC一覧

ページ上部へ戻る