エントリー

動画編集用PC購入前に知っておきたいSSDの知識

動画編集用PC購入前に知っておきたいSSDの知識

※2019年10月に更新しました

メモリチップと基盤でシンプルに構築されたSSD。どのようにパソコン内で働くのかをご存じでしょうか?

動画編集用のパソコンの購入を考えているのなら、このSSDについて知っておくと今後のパソコンライフに非常に役立ちます。

SSDってなに?

010855

SSDとは、Solid State Drive(ソリッドステートドライブ)といい、コンピューターの記憶装置(ストレージ)として、ディスクドライブのように扱うことができる半導体素子メモリを用いたデバイスです。

これまでパソコンの記憶装置としてHDD(ハードディスク)が使われてきていますが、SSDはHDDと同じ機能といえます。

ただ違うのが、その動作環境によるもの。HDDよりも処理速度が速いのがSSDの大きな特長です。

参考:動画編集用パソコンでSSDとHDDはどのぐらい違うのか?

実はほぼ全てのスマートフォンやタブレットPCにはSSDが搭載されています。

また、SSDを搭載するパソコンが市場に増えてきたこともあり、まだまだHDDの普及率は高いですが、あと数年で世代交代するとも言われています。

SSDのメリット

・シークタイムがないのでランダムアクセスが速い
・動作音が静か
・振動や衝撃に強い

※シークタイム:ハードディスク(HDD)光磁気ディスク(MO)などの記憶装置内で、磁気ヘッドがディスク上の目的までに到達するまでの所要時間。シークタイムが短ければ記憶装置の性能は高い。
※ランダムアクセス:記憶装置にアクセスするための方法のこと。読み書きする目的のデータだけを割り出して、先頭から順番にファイルを検索してアクセスすることでかかる時間を短くできる。

SSDは、書き込みの速度がやや劣るのですが、読み込み速度はHDDと比べると、圧倒的に速いことが実感できます。

電子データのやりとりのみで行われているため、HDDのように回転するディスク上を磁気ヘッドが読み書きする必要がないからです。

そのことから音も全くないのもメリットです。

消費電力を抑えられ発熱も少ない。小型で軽量であり衝撃などにも強いと言われています。

参考:【2019年】動画編集用パソコンにおすすめのSSDはどれ?

SSDのデメリット

・HDDと比較すると容量の単価が高い
・常備稼働には向いていない
・長期使用では速度低下がみられる

デメリットについてまず言えるのが、容量の割には価格が高いという点です。

TLC NAND型フラッシュメモリを導入したことにより、大容量化・低価格化が進んでいますが、例えば500GBのSSDなら1万円ほどで販売されています。
現在では1万円で4TBのHDDを購入できるのでコスト面だけで考えればハードディスクの方が良いです。

また、SSDは書き込み回数に制限があります。動画編集用パソコンに使うなら、ヘビーユーザーになればなるほど、パソコンの寿命よりもSSDの寿命のほうが早いかもしれません。

このようなデメリットはSSDを入れなおしたり、HDDとの使い分けでデメリットは回避できます。

SSDへのメリットは非常に高いともいえるので、動画編集をするならこれらの点に対処しながら使いこなすと良いでしょう。

参考:動画編集用パソコンで内部ストレージを選ぶコツと最適なストレージ構成はこれだ!

動画クリエイターパソコンで人気の大容量SSD

大容量500GBのSSD

TLC NAND型で低価格

動画編集用パソコンでオススメのショップ

動画編集で専用のパソコンを購入すればSSD搭載の高性能なパソコンが簡単に見つかります。

中でもBTOパソコンショップのストレージ(データ保存領域)が二つ以上ある動画編集用パソコンを選ぶのがオススメです。
ここではデュアルストレージ対応で比較的安価なクリエイター向けパソコンを揃えているパソコンショップを紹介します。

マウスコンピューター

マウスコンピューターDAIV
マウスコンピューターでは複数台ストレージを搭載しているモデルは基本的にOSをSSDにインストールしています。
Windows10 64bitは20GB程度の空き容量を最低でも確保したいので、その他動画編集の専用ソフトウェアをインストールすることも考えると480GBは欲しいところです。

マウスコンピューター DAIVシリーズの2つ目のストレージは下位モデルでも2TBはあります。
SSDの容量に注意すれば最適なパソコンが揃っていますよ。

マウス公式サイト

こちらもオススメ:【コスパ重視の方必見】当サイトとマウスコンピューターのコラボ企画パソコン

2019年9月 増税前のお得なキャンペーン!詳しくはコチラ

パソコン工房
パソコン工房
パソコン工房ではSSD搭載パソコンを絞り込み検索することができ、最低価格で3万円台のパソコンでもSSDが装備されています。

ただし容量は少ないので、動画編集に使うなら最低でも15万円前後の予算は必要になるでしょう。
低価格なパソコンが並ぶパソコン工房はPCに予算捻出が厳しい方に最適なBTOパソコンショップです。

パソコン工房公式サイト

ドスパラ

ドスパラ
ドスパラの動画編集向けパソコンは10万円以下でデュアルストレージの仕様となっています。
4K動画編集向けでは500GB以上のSSDと大容量のHDDを実現してくれているので、映像制作会社の都合をよく理解した構成で組んでくれているのがよく分かります。

動画制作者に強く支持されているドスパラもオススメのパソコンショップです。

ドスパラ公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

映像でブランディングするプロの全手法を公開

スポンサーリンク

関連記事

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1.5万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書いています。

動画制作に興味がある方はぜひ読んでみてください!


また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

動画編集用パソコンのススメ

動画編集用パソコンの選び方動画編集用PCのおすすめスペック動画編集用ノートPC選択5つのポイント

価格で選ぶときのポイント

10万円以内15万円以内20万円以内25万円以内30万円以内35万円以内40万円以内

4K高画質向けパソコン

4K動画編集用PCおすすめスペック4K動画編集はデスクトップが良い?4K編集向けの周辺機器

CPU

動画編集で快適なコア数とはCore i7Core i9

グラフィックカード

グラフィックボードの失敗しない選び方動画編集でQuadroは必須なのか?動画編集用パソコンとGeForceの相性

メモリ

動画編集でメモリは32GBが良い?メモリ32GBと64GBの違いを検証

ストレージ

動画編集におすすめのSSD外付けハードディスクを選ぶポイント最適なストレージ構成

マザーボード

マザーボードを選ぶときのポイント

液晶ディスプレイ

液晶モニターの選び方4K液晶モニターはこの5つをチェック4K PCモニターの注意点キャリブレーターについて

CPUファン

動画編集向けPCのCPUファン選び方

映像編集向けモニターヘッドホン

MDR-CD900STは今さら買うべき?

編集ソフトに最適なモデル

Premiere ProでオススメのPCとは?After EffectsでオススメのPCとは?EDIUSでオススメのPCとは?DaVinci ResolveオススメPC

パソコンショップについて

動画用PCを買う時のお店の選び方マウスコンピューターのおすすめPC一覧DAIVとG-TUNEの違いパソコン工房のおすすめPC一覧ドスパラのおすすめPC一覧

ページ上部へ戻る