エントリー

動画編集用パソコンに必須のグラフィックボードの失敗しない選び方

グラフィックボードって何?動画編集用パソコンに必須のグラフィックボード

2019年5月に更新しました。

パソコンゲームをしているユーザーなら、グラフィックボードの性能がいかに重要か、骨身に染みているかと思います。

実は動画編集をする上でも、このグラフィックボードは重要なポイントになります。

グラフィックボードとは?

グラフィックボードとは、映像を出力する機能。画面に画像を映す役割を担います。

グラフィックボードを開発・販売している企業としては、アメリカのNVIDIA社がシェアが高く有名です。
同じくアメリカ企業のAMD社も引けを取りません。

グラフィックボードの中枢部分に当たるGPUは、NVIDIA社ではGeForceシリーズとして、またAMD社ではRadeonシリーズをそれぞれ展開しています。

グラフィックボードにはさまざまな種類のものがあり、規格により価格もピンキリです。

用途によっても仕様が違うので、「動画編集するなら、どのグラボが良いの?」と疑問に思うユーザーも多いことでしょう。

参考:動画編集用パソコンでGPUを選ぶ時に注意したいコト

この動画「【GTX1080】NVIDIA GEFORCE最新グラボの高画素写真&4K映像編集における実践パフォーマンス検証」では4K映像編集をしている動画クリエイター・ユーチューバーのTSUTTONさんがNVIDIA GEFORCEのパフォーマンスを検証しています。
グラフィックボードの威力が良くわかるのでぜひ視聴してみてください。

ソフトウェアによってグラフィックボードを選ぶ

グラフィックボードって何?動画編集用パソコンに必須のグラフィックボード

グラフィックボード

グラフィックボードが本当に必要か?

と問われたなら、「あったほうが良い。けれど動画編集ソフトによりけり」が、1番正しい答えなのかもしれません。

オンボードの性能で十分なソフトもありますが、GPGPUやOpenGLなどの処理に対応した動画編集ソフトなら、グラフィックボードはあったほうが良いといえます。

CPUの性能が高いに越したことはありませんが、エフェクトや動画エンコードなど、ビデオチップの性能に依存して処理をしたほうが、作業がスムーズにはかどる場合もあるからです。

参考:GPUはムダ?動画編集とグラフィックカードの秘密

GPGPU性能が発揮できるプラットフォームに、NVIDIA社では『CUDA』、AMD社では『ATI Stream』が用意されています。

動画編集ソフトを購入するときには、どちらに対応しているかも確認する必要があります。

またOpenGLというプラットフォームもありますが、これに対しても最適化されたグラフィックボードのほうが性能を発揮できますので、念頭に置いておくことをおすすめします。

グラフィックボードを検討するなら、動画編集ソフトの推奨環境と相談してみたほうが失敗は少ないかと思います。

OpenGL対応のグラフィックボード Quadro P2000

動画編集用パソコンでオススメのショップ

一般的に動画編集向けのハイエンドグラフィックボードを搭載したパソコンはかなり高額になりますが、BTOパソコンショップなら予算の少ない方でもかなり性能の良いグラフィックボードを搭載した動画編集用パソコンを購入することができます。

中でもマウスコンピューター・パソコン工房・ドスパラがオススメ。
各BTOパソコンショップの通販サイトでは型落ちのグラフィックボード搭載のパソコンがディスカウント価格で見つかりますよ。

マウスコンピューター

マウスコンピューターDAIV

マウスコンピューターではグラフィックボードにGeforceとQuadroが用意されています。

コスパ重視の方はGeforce、CG編集がメインの方はQuadroを搭載したデスクトップパソコン DAIVシリーズを選べば失敗しないでしょう。

マウス公式サイト

こちらもオススメ:【コスパ重視の方必見】当サイトとマウスコンピューターのコラボ企画パソコン

パソコン工房
パソコン工房
パソコン工房はここで紹介する3社の中でもグラフィックボードの入れ替わる頻度が高くて、セール対象製品も多く見つかります。

購入タイミングは最新型のグラフィックボードが発表されたときがねらい目です。
コスパ重視ならパソコン工房がオススメですよ。

パソコン工房公式サイト

ドスパラ

ドスパラ
ドスパラではハイエンドのグラフィックボードとCPUを搭載したゲーミングパソコンを選んでも動画編集で十分利用できます。

ドスパラ通販サイトでは動画編集ソフト推奨モデルも揃っており、そのスペックを参考にして自分で構成を変更することもできます。

映像会社でもドスパラを支持している方は多いですよ。

ドスパラ公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

映像でブランディングするプロの全手法を公開

スポンサーリンク

関連記事

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1.5万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書いています。

動画制作に興味がある方はぜひ読んでみてください!


また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

動画編集用パソコンのススメ

動画編集用パソコンの選び方動画編集用PCのおすすめスペック

価格で選ぶときのポイント

10万円以内15万円以内20万円以内25万円以内30万円以内35万円以内40万円以内

4K高画質向けパソコン

4K動画編集用PCおすすめスペック4K動画編集はデスクトップが良い?4K編集向けの周辺機器

CPU

動画編集で快適なコア数とはCore i7Core i9

グラフィックカード

グラフィックボードの失敗しない選び方動画編集でQuadroは必須なのか?動画編集用パソコンとGeForceの相性

メモリ

動画編集でメモリは32GBが良い?

ストレージ

動画編集におすすめのSSD外付けハードディスクを選ぶポイント最適なストレージ構成

マザーボード

マザーボードを選ぶときのポイント

液晶ディスプレイ

液晶モニターの選び方4K液晶モニターはこの5つをチェック4K PCモニターの注意点キャリブレーターについて

CPUファン

動画編集向けPCのCPUファン選び方

映像編集向けモニターヘッドホン

MDR-CD900STは今さら買うべき?

編集ソフトに最適なモデル

Premiere ProでオススメのPCとは?After EffectsでオススメのPCとは?

パソコンショップについて

動画用PCを買う時のお店の選び方マウスコンピューターのおすすめPC一覧パソコン工房のおすすめPC一覧ドスパラのおすすめPC一覧

ページ上部へ戻る