エントリー

【2019年】動画編集用パソコンでおすすめのノート型パソコンとは?

2019年1月に更新しました

一眼レフ・ビデオカメラ・そしてなんとスマホまで…
4K対応のカメラの普及率も高くなり、高画質で映像を記録することも当たり前になってきました。
高画質であるからこそ、プロ並みの動画編集をしたいと手掛ける人も多いですよね。

動画編集をするのであれば、コスパがよく拡張性も高いデスクトップが最適ですが、ノート型パソコンで作業をしたいユーザーも多数います。

では、動画編集用パソコンでおすすめのノート型パソコンとはどんなモデルになるのでしょうか?

この動画ではMacbook Proを動画編集用で使用するのに必要なスペックについて解説してくれています。
Macbook Proで動画編集したい方はぜひ視聴してみてください。
ちなみに高性能なパソコンにするならMacbook ProよりもWindowsのほうが低価格で構築することができます。

負担を最小限にするために高性能なスペックを

ノート型パソコンで動画編集をするメリットは《場所をとらない》《どこでもできる》この2点につきるのではないでしょうか?

たとえば、外で撮影した動画をその場ですぐにパソコンに取り込み編集。室内でも室外でもどこでも省スペースでできる気軽さが、ノート型パソコンの魅力です。デスクトップ型のようにホコリが溜まりにくいのもポイントですね。

ですが、動画編集ソフトを使い作業をしていると、パソコンに過大な負荷が掛かってしまうことは否めません。長時間使い続けていくうちに、発熱も高くなってくるでしょう。

そういったことから、ノート型パソコンを利用する場合は、省電力・高速処理に優れたスペックを搭載したものをオススメします。

参考:動画編集用パソコンならどっち?デスクトップとノート型パソコン

外部モニターと繋いでマルチディスプレイ対策

またノート型パソコンは、ディスプレイのサイズが小さいことも問題点です。15~17インチほどの小さいな画面で作業をするのはやや負担。画面めいっぱい使っていても細部が分かりづらく編集がしづらいなどというデメリットがあるでしょう。

ですが、これには外部モニターと接続してマルチディスプレイとして利用するという策を講じられます。その際は、両者を繋ぐためのVGA・DVI・HDMIといった接続端子がついていることを確認しましょう。

動画編集用パソコンにオススメのノート型パソコン

NEXTGEAR-NOTE i5560PA1-C 174,800円(税抜)

マウス公式サイト

マウスコンピューターさんの公式通販サイトに掲載されていたモデルです。(2019年1月調べ)

この機種は動画編集用パソコンでは中程度のスペックとなりますが、動画の簡単な編集であれば十分対応可能です。
予算が厳しい場合でもこのぐらいであれば何とかなりますよね。

モデル名 NEXTGEAR-NOTE i5560PA1-C
CPU インテル Core i7-8750H プロセッサー
グラフィックス GeForce GTX 1060
形状 15.6型(非光沢カラー液晶)
解像度 フルHD(1920×1080ドット)
OS Windows 10 Home 64ビット [DSP版]
メモリ規格 PC4-19200 DDR4 SODIMM
メモリ容量 16GB (16GB×2 / デュアルチャネル)
1stストレージ M.2 SSD 256GB Samsung PM981 NVMe対応
2ndストレージ 2TB Serial ATAII 5400rpm (Serial ATAIII接続)
チップセット モバイル インテル HM370 チップセット
カードリーダー SD(HC/XC)/MMC/MEMORYSTICK対応カードリーダー
オーディオ機能 High Definition Audio subsystem
重量 約2.6kg(※バッテリーを含む)
サイズ 約幅390mm×奥行271.5mm×高さ26.1mm (折り畳み時/ 突起部含まず)

第8世代であるCoffee Lakeアーキテクチャを採用しているCore i7-8750Hを搭載。

メインドライブにはSSDを導入しているので、処理速度の高速化を図れます。

HDMIがついているので、外部モニターとの接続も可能。パーツのアップグレードもできるBTOパソコンです。

動画用パソコン購入の予算に余裕がある場合は

予算にまだ余裕があって上記モデルよりもさらに上位機種を希望する場合は、メモリの容量を64GBまで増量し、グラフィックスをGeForce GTX最上位モデルにすることをオススメします。

また液晶モニターは光沢がないタイプを選択するのが良いです。

参考:動画編集用パソコンで最適な液晶モニターの選び方

動画編集用パソコンを購入する場合はメーカーパソコンではなくBTOショップ(パソコン工房やドスパラ・マウスコンピューターなど)で検討・相談しましょう。
また、使用する動画編集ソフトの情報も伝えれば安い値段で自分の用途に最適のパソコンを手に入れることができますよ。

動画編集でノートパソコンを選ぶならオススメのショップ

ノートパソコンで動画編集をしたい方の悩みはなんといってもその値段ではないでしょうか。
ノート型パソコンで動画編集が出来るスペックを選ぶとなると高額になる傾向があります。

そんなときに頼りになるのがBTOパソコンショップです。
価格を抑えながらも性能は十分なノート型パソコンを手に入れることができますよ。

ここではノートパソコンでおススメのBTOパソコンメーカーを紹介します。

マウスコンピューター

マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューターの動画編集用パソコンはDAIVシリーズから選べます。
マウスコンピューターは4K液晶モニターに力を入れており、DAIVシリーズの多くはsRGB比95%の4K液晶パネルとなっているので、高画質な動画編集でもノートパソコン1台で編集可能です。

マウス公式サイト

パソコン工房
パソコン工房「Kaby Lake」搭載パソコン
パソコン工房のノート型パソコンはSENSE∞(センスインフィニティ)シリーズから選ぶことができ、価格帯も6~35万円と幅広く揃っています。

パソコン工房通販サイトで一覧表示すれば搭載されているグラフィックカードが一目瞭然で、セール対象パソコンも見つかります。

予算が少ないクリエイターにも最適な動画編集向けのノートパソコンが見つかります。

パソコン工房公式サイト

ドスパラ

ドスパラでは動画編集でノート型パソコンを選ぶ際は15.6インチと17インチのどちらかを選び、グラフィックカードの性能を上げるほど値段設定が高くなっています。

CPUは6コアモデルを選べばかなり高性能な動画編集向けノートパソコンを手に入れることができます。

ドスパラ公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

映像でブランディングするプロの全手法を公開

スポンサーリンク

関連記事

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る