エントリー

動画編集用パソコンで最適な液晶モニターの選び方

動画編集用パソコンで最適な液晶モニターの選び方

2020年3月に更新しました。

動画編集用パソコンを購入するうえで欠かせないのが、CPUやメモリ・ストレージなどのスペック。パソコンの性能ですよね。

ですが、それだけに気をとらわれ過ぎてはいませんか?

パソコン以上に大事なのが液晶モニターです

もちろんこれらは大切なことですが、それと共に使う液晶モニターも動画編集するには十分に考えていくべきものです。

長時間の作業になりがちな動画編集に最適な液晶ディスプレイはどれ?

動画編集向け液晶モニター

動画編集に最適な液晶モニターの選び方を考えるときに、まずは画面サイズや形、解像度などが判断基準となるでしょう。

しかし動画編集用の液晶ディスプレイの選択でまず考えたいことは、グレアパネル(光沢)は止めた方が良いという点です。

グレアパネルは、正確な発色ができず、鏡のように画面に自分の顔なども写り込むことから、動画編集には適していません。

選ぶならノングレア(非光沢)のほうが長時間作業をしていても疲れにくいメリットがあります。

参考:動画クリエイターが4K PCモニターを選ぶときに注意したいポイント

この動画では動画編集用の液晶モニターについて詳しく解説しました。
これから液晶モニターを購入する方はぜひ視聴してみてください。

動画編集はマルチディスプレイが便利!解像度は4K対応がオススメ!

液晶のサイズは、画面が小さければ2台つなげてマルチディスプレイにしても良いですが、なるべくなら大きな画面のほうが作業効率は良いと思います。

そして動画編集ソフトにもよりますが、表示される情報量が多ければ多いほど、画面は大きめかつ解像度の高いものがオススメです。最低でも1920×1080(フルHD)を選びたいところです。

また、近年4K対応しているカメラの普及率が高くなり、それに伴い動画編集ソフトも4Kをサポートしているものも増えました。

もし4K対応の動画編集を行うなら、高画質・高精細度の高い3840×2160が良いですね。

撮影した動画をいかに忠実に再現できるかが、動画編集における液晶モニターの課題です。

参考:4Kディスプレイを購入するならおさえておきたい5項目

動画編集にはIPS方式のパネルがオススメ

液晶モニターに使われているパネルには、TN方式・VA方式・IPS方式などあります。

一般的にパソコンに使われてるパネルはTN方式が多いのですが、正確な色再現性と視野角の広さを求める動画編集においては、IPS方式がオススメです。もしくはVA方式が良いでしょう。

ですがVA方式は、コントラストが高く黒がしまって見えるので、どちらかといえば暗い場面での動画再生やゲームなどに向いていると言われています。

オススメ記事:動画クリエイターが4K PCモニターを選ぶときに注意したいポイント

動画編集でオススメ!BenQ カラーマネージメントモニター ディスプレイ

4K HDR対応でIPS方式の液晶モニターを搭載した動画編集者・デザイナー向けのモニターのなかでは比較的リーズナブルな価格になっているBenQのモニターです。

BenQではエントリーモデルやカラーコレクション用のハイエンドモデルも選べます。

BenQ 31.5型デザイナー向けモニターPD3220U

メーカー仕様表

楽天 Amazon

PD3220UをBenQさんから提供してもらいましたので「BenQの4K液晶ディスプレイ PD3220Uを使ってみたよ!」でレビューしています。
興味のある方はぜひ合わせて読んでみてください。

動画編集向けのカラーマネージメントモニター ディスプレイ人気ベスト3

プロの映像制作ではカラーマネージメントディスプレイを使うのが当然とされていますが、低予算の制作会社ではいまだにカラーマネージメントディスプレイを使っていないこともあるようです。

液晶モニターは経年劣化で色が変わります。
得意先に「色が変です」なんて問い合わせが来ないよう、いつでも工場出荷時の状態に調整できるプロ仕様の液晶モニターを購入しておきましょう。

ここでは低予算の動画クリエイターに人気のある比較的低価格の液晶モニターを人気順に5つ紹介します。

BenQ カラーマネジメントモニター ディスプレイ PD3220U


IPSパネルを使用したBENQの31.5型カラーマネージメント液晶モニターです。
4K解像度+HDR対応で大画面(31.5インチ)ながらも後で紹介するEIZOモニターよりも低価格です。

10bitカラーにも対応し、sRGBを100%、DCI-P3を95%カバーする忠実な色表現で動画クリエイターに最適な液晶モニターです。

正確な色再現を可能にするAQCOLOR技術採用

Thunderbolt 3対応USB Type-C搭載

Pantone/CALMAN認証取得

EIZO ColorEdge CS2740-BK


EIZOのカラーマネージメントディスプレイは性能抜群で動画クリエイターにも評判が良いです。

私もEIZOの液晶モニター使っています。非常にイイですよ。

参考:EIZOディスプレイを買ったら知っておきたい4つのコト

EIZOの27型スタンダードモデル CS2740-BKです。
キャリブレーションセンサーは別売りとなります。

カラーマネージメント液晶モニター

4K解像度で高画質

27インチのゆったり大画面

Acer 4K モニターディスプレイ ET322QKwmiipx 31.5インチ

カラーマネージメントディスプレイではありませんが、Acerの4K HDR対応の31.5インチ液晶モニターがかなりお買い得価格になっています。

キャリブレーションが出来ないのが残念ですが、この価格なら3年後買い替える気持ちで買っても良いかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク


MotionElementsの10%割引チケットを入手する

映像コンサルから学ぶ動画の作り方講座

関連記事

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:動画制作・ブロガー
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1.6万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書いています。

動画制作に興味がある方はぜひ読んでみてください!

動画編集用パソコンのススメ

動画編集用パソコンの選び方動画編集用PCのおすすめスペック動画編集用ノートPC選択5つのポイント

価格で選ぶときのポイント

10万円以内15万円以内20万円以内25万円以内30万円以内35万円以内40万円以内

4K高画質向けパソコン

4K動画編集用PCおすすめスペック4K動画編集はデスクトップが良い?4K編集向けの周辺機器

CPU

動画編集で快適なコア数とはCore i7Core i9Ryzen 5Ryzen 7Ryzen 9

グラフィックカード

グラフィックボードの失敗しない選び方動画編集でQuadroは必須なのか?動画編集用パソコンとGeForceの相性

メモリ

動画編集でメモリは32GBが良い?メモリ32GBと64GBの違いを検証

ストレージ

動画編集におすすめのSSD外付けハードディスクを選ぶポイント最適なストレージ構成

マザーボード

マザーボードを選ぶときのポイント

液晶ディスプレイ

液晶モニターの選び方4K液晶モニターはこの5つをチェック4K PCモニターの注意点キャリブレーターについて

CPUファン

動画編集向けPCのCPUファン選び方

映像編集向けモニターヘッドホン

MDR-CD900STは今さら買うべき?

編集ソフトに最適なモデル

Premiere ProでオススメのPCとは?After EffectsでオススメのPCとは?EDIUSでオススメのPCとは?DaVinci ResolveオススメPC

パソコンショップについて

動画用PCを買う時のお店の選び方マウスコンピューターのおすすめPC一覧DAIVとG-TUNEの違いパソコン工房のおすすめPC一覧ドスパラのおすすめPC一覧

ページ上部へ戻る