ENTRY

【2018年】動画編集用パソコンにおすすめのSSDはどれ?

SSDはハードディスクに比べると処理速度が速く、その結果パソコンの作業時間を飛躍的に縮めることができるので、動画編集用のパソコンには積極的に普及されてきています。

だけど「読み書き速度の速いSDDを使いたい。」と考えても、動画編集用パソコンにはどのSDDが合うのか分からない…。

そんなあなたに、動画編集用パソコンにお勧めのSSDをご紹介します。

耐久性・処理能力が高い!NAND SSDが動画編集PCにオススメ

この動画は型落ちのノート型PCの内蔵HDDをSSDに入れ替えることでどのように変化があるか実証しています。
比較結果は4分56秒以降でわかります。ぜひ見てみましょう。

SSDはHDDと比較しても、処理速度が速いことが最大の特長です。

容量の割には価格が高い面がありますが、TLCタイプのNAND型メモリが導入されたことにより、SSD市場では少しずつ大容量化・低価格化が進んでいます。

参考:2万円以下で買える格安480GB SSDの性能は価格以上か?

これからのストレージは大半がSSDに変わっていくとも言われているのです。

ストレスフリーな動画編集をするうえで、ストレージは大きなポイントです。

ただSSD単体で動画編集を手掛けるとなれば、その容量は非現実的となるため、HDDと組み合わせて利用するのが良いでしょう。

ですが、いざSSDを購入するといっても、インターフェース・フォームファクタなど、その規格はさまざまです。

パソコンにあまり詳しい知識を持っておらず、一体どれを選べばいいのか分からないというユーザーはたくさんいるのではないでしょうか?

SSDは形状も違えば規格・容量もたくさんあるので、欲しいSSDが見つかった場合、自分のパソコンに合うかどうか確認をしましょう。

参考:動画編集用パソコンでSSDとHDDはどのぐらい違うのか?

【2018年】動画編集で使うイチオシSSDはコレ!


2018年1月時点でオススメのSSDはSamsungの 1TB M.2 SSDでしょう。

NAND SSDを最初に開発したのはサムスンとされていますが、この製品はサムスンがマザーボードに採用された新しい規格であるM.2に対応する用に開発したSSDで、疑似SLCキャッシュ技術によって高性能・低価格が実現したモデルです。

従来のSSDの3~5倍の処理速度とされており、保証期間は3~5年、ユーザーから非常に評価が高い製品です。

参考:1万円台からでも選べる、超高速な「M.2 SSD」最新カタログ|価格コムマガジン

モデル名      :960 EVO M.2 Type2280
容量        :250GB
インターフェース  :PCI Express(PCIe) 3.0 x4
フォームファクタ  :M.2(Type2280)
デバイスタイプ   :V-NAND フラッシュメモリ
シーケンシャルリード:3,200MB/s
シーケンシャルライト:1,900MB/s
ランダムリード   :380,000 IOPS
ランダムライト   :360,000 IOPS

SAMSUNGのM.2 SSDには960 EVO M.2の上位モデルに 960 PRO M.2を用意しています。

960 PRO M.2の場合、最大2TBの容量でSATA HDDに全く劣らないスケールです。(2018年1月時点)

SAMSUNGのM.2 SSDは他社製品と比較すると熱にも強く、ファームウェアのアップデートを自動更新するので、常に最新のドライバで稼働します。

従来のSATA SSDと比較しても体感速度は速く、HDDからSATA SSDに乗り換えた時と同じぐらいの感覚でスピードアップします。

また省電力でシステムの加熱を防ぎます。長期にわたりパフォーマンスを維持できるSSDです。

シリーズとして、2TB・1TB・512GBがあります。

Samsung SSD 512GB 960 PRO M.2 Type2280

最大2TBの大容量!

コストパフォーマンス高い

最新のV-NAND フラッシュメモリ搭載!

動画編集用パソコンでオススメのショップ

映像制作会社で実際に使われているBTOパソコンショップを人気順に並べました。
BTOショップでは動画編集用パソコンのことを「クリエイターパソコン」と呼んでいます。

マウスコンピューター

マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューターには映像クリエイター向けのパソコン「DAIV」シリーズがあります。
マウスコンピューターの動画編集用パソコンは壊れにくいことで映像業界では非常に評判が良いです。
24時間年中無休の電話サポートや迅速に修理対応してくれるところが忙しい映像制作会社に支持される理由です。

他のBTOショップよりもお値段がちょっと高めの設定なので予算に余裕がある方、一台のパソコンで長く使いたい方はマウスコンピューターがオススメです。

マウスコンピューターのクリエイターパソコンを調べる

パソコン工房

パソコン工房「Kaby Lake」搭載パソコン

パソコン工房の動画編集用パソコンも多くの映像制作会社で導入されています。
理由はスペックを同じにして比較した場合、パソコン工房さんが安いことが多いからです。

また全国展開しているので、修理にも持ち込みしやすく電話でのサポートも結構親切です。
ネットでカンタンに注文できることもメリットの一つ。動画編集用ならクリエイターパソコンを選択しましょう。

パソコン工房のクリエイターパソコンを調べる

ドスパラ


ドスパラのクリエイターパソコンも映像会社では人気です。

全国展開のBTOパソコンショップなのでサポートや故障の時も安心。
ノートPC・デスクPCともにPremiereProCC・AfterEffects専用モデルなども用意されています。

ドスパラのパソコンも安定感があることで映像業界では定評がありますよ。オススメ!

ドスパラの動画編集PCを調べる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

映像でブランディングするプロの全手法を公開

プロモーションビデオを作れるようになりたいけど、構成やディレクションの方法がよく分からないと悩んでいませんか?
ムービーアカデミーでは
あなたの動画の格をあげ、単価をあげる2つのポイント
1台のカメラで擬似3カメ編集 対談動画のポイント
ドキュメンタリームービーの構成テンプレート
など、実績を上げているプロの映像クリエイターから今すぐに活用できる具体的なテクニックを詳細に解説してもらえます。
ぜひ貴社の動画マーケティングにご活用ください。

詳しく見る

スポンサーリンク

関連記事

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る