エントリー

【2020年】動画編集用パソコンにおすすめのSSDはどれ?

SSDは当たり前?動画編集パソコンで4K編集するときの必須事項

※2019年12月に更新しました

SSDはハードディスクに比べると処理速度が速く、その結果パソコンの作業時間を飛躍的に縮めることができるので、動画編集用のパソコンには積極的に普及されてきています。

だけど「読み書き速度の速いSDDを使いたい。」と考えても、動画編集用パソコンにはどのSDDが合うのか分からない…。
そんなあなたに、動画編集用パソコンにお勧めのSSDをご紹介します。

耐久性・処理能力が高い!NAND SSDが動画編集PCにオススメ

この動画は型落ちのノート型PCの内蔵HDDをSSDに入れ替えることでどのように変化があるか実証しています。
比較結果は4分56秒以降でわかります。ぜひ見てみましょう。

SSDはHDDと比較しても、処理速度が速いことが最大の特長です。

容量の割には価格が高い面がありますが、TLCタイプのNAND型メモリが導入されたことにより、SSD市場では少しずつ大容量化・低価格化が進んでいます。

参考:2万円以下で買える格安480GB SSDの性能は価格以上か?

これからのストレージは大半がSSDに変わっていくとも言われているのです。

ストレスフリーな動画編集をするうえで、ストレージは大きなポイントです。

ただSSD単体で動画編集を手掛けるとなれば、その容量は非現実的となるため、HDDと組み合わせて利用するのが良いでしょう。

ですが、いざSSDを購入するといっても、インターフェース・フォームファクタなど、その規格はさまざまです。

パソコンにあまり詳しい知識を持っておらず、一体どれを選べばいいのか分からないというユーザーはたくさんいるのではないでしょうか?

SSDは形状も違えば規格・容量もたくさんあるので、欲しいSSDが見つかった場合、自分のパソコンに合うかどうか確認をしましょう。

参考:動画編集用パソコンでSSDとHDDはどのぐらい違うのか?

【2020年】動画編集で使うイチオシSSDはコレ!


2020年1月時点でオススメのSSDはWestern Digitalの 1TB M.2 SSDでしょう。

2018年のSSD市場はサムスンが主力とされてきましたが、2020年は国際情勢も踏まえてSSD市場のパワーバランスが大きく変化しそうです。

ウェスタンデジタルは米国のメーカーで、ウェスタンデジタルのSSDに使われているNANDチップは東芝製品となっており国内で生産されています。

韓国企業の不人気さが増してくる中で国内・米国企業が携わる製品の人気が高まるのは自然の流れと言えるでしょう。

モデル名      :WDS100T2B0B
容量        :1TB
インターフェース  :SATA 6Gb/s
フォームファクタ  :M.2(Type2280)
デバイスタイプ   :V-NAND フラッシュメモリ
シーケンシャルリード:560MB/s
シーケンシャルライト:530MB/s
ランダムリード   :95,000 IOPS
ランダムライト   :84,000 IOPS

ウェスタンデジタルのSSDはハードディスクのような可動部分がないので衝撃に強くデータ損失の危険性も低いです。

メーカーテストでは175万時間の平均故障間隔で最大500TBの書き込みにも耐えうると示しています。

また2018年はサムスンのM.2 SSD NVMe規格が流行しましたが、M.2 SSD NVMeは熱に弱い欠点があり、エンコードで発熱しやすい動画編集では従来のSATA接続のSSDの優位性が見直されてきています。

またWestern Digitalは5年間の製品保証が付いているので、長期間使用する動画編集向けのハイエンドパソコンにも最適です。

シリーズとして、2TB・1TB・500GB・250GBがあります。

WD 内蔵SSD M.2-2280 / 1TB

最大1TBの大容量!

コストパフォーマンス高い

国内生産のNANDフラッシュメモリ搭載!

SSD搭載の動画編集用パソコンはどこで買うとお得?

低価格になって一般的になりつつあるSSDですが、CPU・グラフィックスに予算がかかる動画編集ではどうでしょうか。

ここではSSD搭載の高性能動画編集用パソコンを求めるならチェックして損はないBTOパソコンショップを紹介します。

マウスコンピューター

マウスコンピューターでは読み書き速度が速いM.2 SSDと7200回転以上の大容量HDDを装備したクリエイター向けパソコンが主流となっています。国内の工場で組み上げられたパソコンが手元に届くようになっているので安心感があるのがマウスコンピューターの良いところです。

マウス公式サイト

パソコン工房
3万円台のパソコンからSSDを換装するパソコン工房ではNVMe M.2 SSD とHDDの組み合わせで13~14万円から用意されています。データ復旧や出張サポートも行うアフターサービスが充実したパソコンショップがパソコン工房です。

パソコン工房公式サイト

ドスパラ

ドスパラでは格安の2.5インチNAND型 オリジナルSSDを格安で販売するなど、クリエイターが喜ぶ製品企画を次々に繰り出している人気のパソコンショップです。映像業界でも根強い人気があり、通販サイトではディスカウントになってもすぐに売り切れになることも。
おススメのショップです。

ドスパラ公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク


MotionElementsの10%割引チケットを入手する

映像コンサルから学ぶ動画の作り方講座

関連記事

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:動画制作・ブロガー
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1.6万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書いています。

動画制作に興味がある方はぜひ読んでみてください!

動画編集用パソコンのススメ

動画編集用パソコンの選び方動画編集用PCのおすすめスペック動画編集用ノートPC選択5つのポイント

価格で選ぶときのポイント

10万円以内15万円以内20万円以内25万円以内30万円以内35万円以内40万円以内

4K高画質向けパソコン

4K動画編集用PCおすすめスペック4K動画編集はデスクトップが良い?4K編集向けの周辺機器

CPU

動画編集で快適なコア数とはCore i7Core i9

グラフィックカード

グラフィックボードの失敗しない選び方動画編集でQuadroは必須なのか?動画編集用パソコンとGeForceの相性

メモリ

動画編集でメモリは32GBが良い?メモリ32GBと64GBの違いを検証

ストレージ

動画編集におすすめのSSD外付けハードディスクを選ぶポイント最適なストレージ構成

マザーボード

マザーボードを選ぶときのポイント

液晶ディスプレイ

液晶モニターの選び方4K液晶モニターはこの5つをチェック4K PCモニターの注意点キャリブレーターについて

CPUファン

動画編集向けPCのCPUファン選び方

映像編集向けモニターヘッドホン

MDR-CD900STは今さら買うべき?

編集ソフトに最適なモデル

Premiere ProでオススメのPCとは?After EffectsでオススメのPCとは?EDIUSでオススメのPCとは?DaVinci ResolveオススメPC

パソコンショップについて

動画用PCを買う時のお店の選び方マウスコンピューターのおすすめPC一覧DAIVとG-TUNEの違いパソコン工房のおすすめPC一覧ドスパラのおすすめPC一覧

ページ上部へ戻る