エントリー

【永久保存版】動画編集用パソコンのおすすめスペックとは?

【永久保存版】動画編集用パソコンのおすすめスペックとは?

※2019年8月に更新しました

動画編集をしたいのならば、それに見合ったスペックを持つパソコンが必要です。

パソコンの性能が劣ると、安定感がなくフリーズや異常終了の原因となるでしょう。

このくらいの性能があれば最適という、動画編集用パソコンにとってのおすすめスペックをご紹介します。

この動画はパソコンショップで動画編集用パソコンをオーダーメイドで構築した時の構成を解説してくれています。
一般的に動画編集用パソコンのオーダーをされる方はオーバースペックのパソコンを要望される方が多いようですね。
利用する動画編集ソフトによって最適なCPUとグラフィックボードの構成が変わりますので、BTOパソコンの店員さんに相談するのが良いですよ。

1. 動画編集に最適なCPU

動画編集向けのCPU

動画編集をするにあたっては、CPUの性能はまず考えて欲しいところ。人間に例えるなら頭脳、車ならエンジンともいえるほど、パソコンの中心となる機動力をもつパーツです。

CPUの製造メーカーは、アメリカの企業であるIntel(インテル)が有名ですね。また、AMD(エーエムディー)をご存じの方もいるでしょう。

CPUは改良されて進化し続けているので、これまでに販売されているシリーズの中でもバージョンによって機能性に大きな違いがあります。

動画編集を行いたいのであれば、Intel(インテル)の場合なら、Core i7、最低でもCore i5は搭載したいところです。

もし4K対応の動画編集をするのなら、より高い処理能力が求められるので、おすすめスペックとしてCore i7またはCore i9が良いでしょう。

参考:映像会社の常識!動画編集用パソコンに最適なCPUの選び方

2. 動画編集で最低限必要なメモリ量

メモリー DDR4-2400

メモリは本格的に動画編集をするなら16GB以上。最低でも8GBは必要です。

CPUとは違ってメモリは値が大きければ動作が速くなるという訳ではありません。必要とされる容量があれば十分作業ができます。

動画編集ソフトによっても違いがありますので、もし足りないとしても、後から増設しても全く問題はありません。

参考:16?それとも32GB?動画編集用パソコンで最適なメモリーの選び方

3. 動画編集用パソコンで必要なストレージ

動画編集用でパソコンを組むなら、ストレージに十分予算をかけることをオススメします。

データの読み書き速度が求められる動画編集においては、SSDを搭載したほうが速度がアップするのは間違いありません。

SANDISK SSD

最近はSSDを搭載したパソコンがメインになっています。

ですがSSDは容量当たりの価格はHDDに比べて高価です。
もし予算に余裕がなければ、小容量のSDDと大容量のHDDを組み合わせて利用すると良いでしょう。
高速速度と大容量という、両者のメリットだけを取り入れられます。

参考:動画編集用パソコンで内部ストレージを選ぶコツと最適なストレージ構成はこれだ!

BTOパソコンだと、そのようなカスタマイズが自由にできますので大変オススメです。

4.グラフィックボード・モニター

GeforceGTX1070

性能の良いグラフィックボードを搭載することで動画編集の際にエンコーディングや書き出しの速度が速くなったり、編集ソフト上で軽快にプレビューできるようになります。
動画編集専用のパソコンを購入する場合はぜひグラフィックボードにも注視して選ぶのが良いでしょう。

ただ注意したいのが、使用する動画編集ソフトによってはグラフィックボードが対応していないものもあります。
そのような場合、高価なグラフィックボードを搭載してもあまり意味がありません。
その場合は必ずしも用意しなければいけない訳ではありません。

動画編集に適しているもので有名なものでQuadroシリーズなどありますが、もし導入するなら使用する動画編集ソフトがQuadroを推奨しているかを確認してからにしましょう。

参考:動画編集用パソコン選びでQuadroは必須なのか?

また、4K動画を出力するならDisplayport1.2をサポートしている規格にしてください。

あと、パソコン内部の各パーツの性能を重視するのはもちろんですが、ディスプレイにも目を向けましょう。

4K液晶モニター

4K動画を扱うのなら、編集した4K動画をプレビュー表示する必要がありますよね。
その場合は4K解像度のディスプレイが必要になるでしょう。

参考:動画編集用パソコンで最適な液晶モニターの選び方

今後の傾向としては、色彩豊かな映像を確認するために解像度の高いディスプレイは必須アイテムといえます。

動画編集用パソコンでオススメのショップ

映像業界では動画編集で使うパソコンを自作で組み上げるか、パソコンショップが組んだパソコンを購入するかのどちらかになるでしょう。

4K動画編集向けにパソコンを用意したい方は以下で紹介するパソコンショップの公式サイトは必見です。

マウスコンピューター

マウスコンピューターDAIV
マウスコンピューターは動画編集で最適なパソコンをグラボ別、コンセプト別にオススメスペックを用意しています。

DaVinci ResolveやPremierePro推奨のパソコンもあるので、使用する動画編集ソフトに合わせて最適なパソコンを購入できます。

マウス公式サイト

こちらもオススメ:【コスパ重視の方必見】当サイトとマウスコンピューターのコラボ企画パソコン

2019年9月 増税前のお得なキャンペーン!詳しくはコチラ

パソコン工房
パソコン工房
パソコン工房ではCG制作向けのパソコンに力を入れており、ビジネス向けパソコンとは一線を画したモデルをSENSEインフィニティブランドで揃えています。

ある程度パソコンの知識を持っており、店舗スタッフに相談して購入しなくてもネットで調べて購入することができる方はパソコン工房の公式サイトをくまなく調べるのがオススメです。

アウトレットパソコンやディスカウントされた動画編集に適したパソコンがたくさん見つかりますよ。

パソコン工房公式サイト

ドスパラ

ドスパラ
ドスパラは「ゲーマー向け」のイメージが強く、ちょっとマニアックなスタッフが大勢いるのが特長です。

店舗で購入する場合は使用目的を正しく伝えることで予算内のパソコンを購入することができますよ。

通販サイトでは送料無料や分割手数料無料など期間限定のキャンペーンを適用して安く購入することができます。

ドスパラ公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

映像でブランディングするプロの全手法を公開

スポンサーリンク

関連記事

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1.5万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書いています。

動画制作に興味がある方はぜひ読んでみてください!


また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

動画編集用パソコンのススメ

動画編集用パソコンの選び方動画編集用PCのおすすめスペック動画編集用ノートPC選択5つのポイント

価格で選ぶときのポイント

10万円以内15万円以内20万円以内25万円以内30万円以内35万円以内40万円以内

4K高画質向けパソコン

4K動画編集用PCおすすめスペック4K動画編集はデスクトップが良い?4K編集向けの周辺機器

CPU

動画編集で快適なコア数とはCore i7Core i9

グラフィックカード

グラフィックボードの失敗しない選び方動画編集でQuadroは必須なのか?動画編集用パソコンとGeForceの相性

メモリ

動画編集でメモリは32GBが良い?メモリ32GBと64GBの違いを検証

ストレージ

動画編集におすすめのSSD外付けハードディスクを選ぶポイント最適なストレージ構成

マザーボード

マザーボードを選ぶときのポイント

液晶ディスプレイ

液晶モニターの選び方4K液晶モニターはこの5つをチェック4K PCモニターの注意点キャリブレーターについて

CPUファン

動画編集向けPCのCPUファン選び方

映像編集向けモニターヘッドホン

MDR-CD900STは今さら買うべき?

編集ソフトに最適なモデル

Premiere ProでオススメのPCとは?After EffectsでオススメのPCとは?EDIUSでオススメのPCとは?DaVinci ResolveオススメPC

パソコンショップについて

動画用PCを買う時のお店の選び方マウスコンピューターのおすすめPC一覧DAIVとG-TUNEの違いパソコン工房のおすすめPC一覧ドスパラのおすすめPC一覧

ページ上部へ戻る