エントリー

動画編集用パソコンの内蔵ハードディスク容量はどの程度必要?オススメのHDD

2019年5月に更新しました。

大容量のハードディスクは、コストパフォーマンスにも優れ人気の秘訣です。

また大容量化し続ける一方で、性能も向上しています。消費電力の軽減、そして静音化が進んでいます。

大きな役割を持つハードディスクですが、動画編集用パソコンにはどのくらいの容量が必要なのでしょうか?

HDDには用途によって設計が違う

動画編集用パソコンの内蔵ハードディスク容量はどの程度必要?

情報処理の高速化が望めるSSDと比較して、HDD(ハードディスク)は、データを大容量記憶できるという点が、大きな特長です。

SSDも低価格化が進んでいますが、まだまだHDDには敵いません。そしてHDDは、用途の細分化が進んでいます。

参考:動画編集用パソコンでSSDとHDDはどのぐらい違うのか?

デスクトップパソコン向け・ネットワークHDD(NAS)・監視システム用のHDDなど、目的によって設計されており、速度・安定性・価格など、どこにパフォーマンスを重視しているかにも違いがあります。

動画編集をするにあたって、HDDは内蔵ハードディスクとして用意したほうがオススメです。

監視システム用は用途が違うので論外ですが、NASなどのネットワークHDDなら「複数のパソコンで共有して使えるから良いのでは?」と思うユーザーもいるでしょう。ですが、ネットワークHDDでは速度の問題が生じます。

仕上がった動画などを保存する用途なら良いかもしれませんが、編集作業においては動作が遅くなったりエンコードの時点でつまずくこともあります。

映像制作会社でよく利用される内蔵HDD ウェスタンデジタル

この動画はユーチューバー瀬戸弘司さんのチャンネル「【Mac Pro】25万円の外付けハードディスクを開封するぜ!PROMISE Pegasus2 R6 12TB」です。
動画編集を毎日しているユーチューバーの方は大量のデータ管理を外付けHDDで行っています。
瀬戸弘司さんはPROMISE Pegasus2 R6 12TBをRAID5に構成して使用されているようですね。

動画3分以降でRAIDの解説をしてくれているので是非視聴してみましょう。

動画編集用パソコンには大容量の規格サイズ

動画編集用パソコンの内蔵ハードディスク容量はどの程度必要?

ストレージには高速処理を図れるSSDもありますが、大容量のファイルを扱う意味ではやはりHDDは低価格で使い勝手が良いでしょう。

HDDとSSD、2つを使い分けることでどちらのメリットも得られるかと思います。

参考:動画編集用パソコンで内部ストレージを選ぶコツと最適なストレージ構成はこれだ!

最近は手軽に4k撮影ができることから、高ビットレートの動画が増えました。

そういった点から、動画編集で取り扱うメディアファイルひとつひとつのサイズがとても大きなものになっています。

動画編集用パソコンに搭載したい内蔵ハードディスクは、最低でも1TBまたは2TBは欲しいところです。

いまやHDD市場は大容量で低価格化が進んでいます。7,8千円ほどで3TBほどのHDDも購入できることから、お財布に余裕があればそのくらいのものでも良いですね。

もしそれ以上のハードディスクを購入したいなら、あとから追加して※RAID 0で動作環境を作っても良いですね。

※RAID 0:2台以上のディスクを組み合わせて並列処理していくことで、速度高速化を図る。

2018年動画クリエイターに人気のM.2 SSD

動画編集用パソコンでオススメのショップ

ここでは映像制作会社にも人気があるパソコンショップを人気順に並べました。
BTOパソコンショップでは動画編集用パソコンをクリエイターパソコンから選べます。

マウスコンピューター

マウスコンピューターDAIV
マウスコンピューターのクリエイターパソコンにはデュアルストレージ仕様が主流で、Cドライブ用にM.2 SSDを搭載したモデルもあります。

高画質化が進んでいるので、データ保存用HDDは3TBはほしいところ。
マウスコンピューターなら比較的安価な動画向けパソコンでも大容量HDDを搭載しているのでオススメです。

マウス公式サイト

こちらもオススメ:【コスパ重視の方必見】当サイトとマウスコンピューターのコラボ企画パソコン

パソコン工房

パソコン工房
パソコン工房もクリエイター向けパソコンではデュアルストレージを推奨しており、通販サイトで簡単に追加注文(増設)できるようになっています。

中でもM.2 SSDにすることで起動速度や読み書き速度を向上できるので、お値段が少し上がりますがオススメです。

パソコン工房公式サイト

ドスパラ

ドスパラ
ドスパラのクリエイター向けパソコン raytrekシリーズには4K動画編集向けパソコンが用意されています。

SSD+HDDのデュアルストレージが標準となっております。

ドスパラ公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

映像でブランディングするプロの全手法を公開

スポンサーリンク

関連記事

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

動画編集用パソコンのススメ

動画編集用パソコンの選び方動画編集用PCのおすすめスペック

価格で選ぶときのポイント

10万円以内15万円以内20万円以内25万円以内30万円以内35万円以内40万円以内

4K高画質向けパソコン

4K動画編集用PCおすすめスペック4K動画編集はデスクトップが良い?4K編集向けの周辺機器

CPU

動画編集で快適なコア数とはCore i7Core i9

グラフィックカード

グラフィックボードの失敗しない選び方動画編集でQuadroは必須なのか?動画編集用パソコンとGeForceの相性

メモリ

動画編集でメモリは32GBが良い?

ストレージ

動画編集におすすめのSSD外付けハードディスクを選ぶポイント最適なストレージ構成

マザーボード

マザーボードを選ぶときのポイント

液晶ディスプレイ

液晶モニターの選び方4K液晶モニターはこの5つをチェック4K PCモニターの注意点キャリブレーターについて

CPUファン

動画編集向けPCのCPUファン選び方

映像編集向けモニターヘッドホン

MDR-CD900STは今さら買うべき?

編集ソフトに最適なモデル

Premiere ProでオススメのPCとは?After EffectsでオススメのPCとは?

パソコンショップについて

動画用PCを買う時のお店の選び方マウスコンピューターのおすすめPC一覧パソコン工房のおすすめPC一覧ドスパラのおすすめPC一覧

ページ上部へ戻る