エントリー

NVIDIA RTXとGeForce RTXはどっちがいい?徹底検証してみる

※2022年6月に更新しました。

NVIDIA RTX
Quadro、GeForce違いがよく分からん..

動画編集に使うパソコン選びでやっぱり気になるのがビデオカードです。

ゲーム用途ならGeForceとRadeonのどちらかを選べば良いでしょう。

ところがクリエイター向けのビデオカードはGeForce、Radeonの他にもQuadroやらNVIDIA RTXやら種類がどんどん増えています。

パソコンに詳しくない方はどのビデオカードを選んだらよいかさっぱり分からないという方も多いでしょう。

ここでは動画編集者の方向けに、NVIDIA RTXとGeForceの違いについて解説します。

実際に動画編集をやってみた検証結果も紹介するので、ハイスペックなパソコンを買う前にぜひ読んでみてくださいね。

NVIDIA RTXはどんなビデオカードなの?

NVIDIA RTX 4000

NVIDIA RTXは主に業務用途のビデオカードとして販売されています。

NVIDIA RTXの用途は映像制作の中でもVR制作やモーショングラフィック、3Dアニメーションといったプロ向けのジャンルを主としているほか、CADソフトを使う設計会社のパソコンやサーバーなどワークステーション用のビデオカードとしても用いられております。

NVIDIA RTXシリーズのビデオカードを搭載したパソコンは、BTOパソコンのような受注発注タイプのパソコンがメインで、その価格帯は30万円以上から100万円近くするものまであります。

価格からもプロ・業務向けのパソコン用ビデオカードであることは間違いないのですが、NVIDIA RTXがプロ向けと考えられているもう一つの理由があります。

それはNVIDIA RTXシリーズがQuadroシリーズの後継となるビデオカードであるからです。

左:NVIDIA RTX A4000 右:Quadro K2000

私が初めてQuadroのビデオカードを手にしたのは2013年頃で、BTOパソコンショップでフルオーダーしたパソコンにQuadro K2000を搭載してもらいました。

その当時のビデオカードは今ほど種類が多くなく、10万円を超えるようなビデオカードを搭載したパソコンの多くは特注扱いとなって納品も随分待たされたと記憶しています。

またこの当時からGeForceもありましたが、今ほどの性能はなかったのでプロの映像制作者はQuadro、ゲーム用途やアマチュアユーザーはGeForceと棲み分けがハッキリしていました。

Quadroは名前が「Quadro K2000」のようにアルファベットの次に2000、4000、5000、6000と4ケタの数字が続き、数字が大きくなるほど高性能(高価)なビデオカードになっています。

Quadro K2000、K4000、K5000、K6000
Quadro K2200、K4200、K5200、K6200
2013~2015年頃
Quadro M2000、M4000、M5000、M6000 2016年頃
Quadro P400、P620、P1000、P2000、P4000、P5000、P6000
Quadro P2200
2017年頃
Quadro RTX 4000、RTX 5000、RTX 6000、RTX 8000 2019年頃
NVIDIA RTX A2000 2021年頃

参考情報:デスクトップ ワークステーションの前世代 の GPU|NVIDIA

私は次に買い替えたパソコンでビデオカードをゲーム用に移り、GTX 1080 Tiというビデオカードを2017年頃から使っていました。

2019年にはゲーム用のビデオカードが GeForce GTXとRTXに分かれ、GeForce RTX 2000番台が販売開始。この頃にQuadroにもRTXを冠した製品が怒涛のようにリリースされます。

2021年にはQuadro RTXからNVIDIA RTXに名称が変わったビデオカードがプロ向け・ワークステーション・CAD・VR制作向けとして販売しています。

長年ビデオカード界隈をウォッチしている人には、NVIDIA RTXがQuadroを系譜とする製品であることがすぐに分かります。

しかし中古市場まで広く見るとQuadro P2200あたりもまだまだ現役(この記事を書いている2022年5月時点)なので、これから動画編集に挑戦しようと思う方にはパソコン選びで困惑する要素の一つとなっています。

要するにNVIDIA RTXシリーズはQuadroシリーズの後継で、数字が大きいほど性能がイイと考えれば間違いありません。

ちなみに後で紹介する、動画編集の検証で使ったパソコンがNVIDIA RTX A4000搭載で販売価格が39万円程。

5000番台以降のビデオカードを搭載したパソコンを個人が所有するのは稀なので、~4000番台を目安に考えれば良いのではないでしょうか。

NVIDIA RTXとGeForce RTXの違いとは

ではQuadro系譜のNVIDIA RTXとゲーミング用途のGeForce RTXとの主な違いを挙げます。

NVIDIA RTXの方が値段が高い
NVIDIA RTXの方がビデオメモリが多い
GeForceに比べるとNVIDIA RTXの方がTDP値が低め
NVIDIA RTXはオリジナルファンモデルがない
NVIDIA RTXの方がベンチマークが低く評価されている

同価格帯のビデオカードの仕様を比較すると分かりやすいでしょう。

NVIDIA RTX A4000 GeForce RTX 3080 10GBビデオメモリ
単体価格:13.5~15.6万円 単体価格:12.4~26万円
Ampereアーキテクチャ Ampereアーキテクチャ
NVIDIA CUDA コア:6,144 NVIDIA CUDA コア:8,704
Tensorコア:192 Tensorコア:272
RTコア:48 RTコア:68
ビデオメモリ:16GB GDDR6 ビデオメモリ:10GB GDDR6X
定格周波数 / ブースト時(MHz):735 / 1,560 定格周波数 / ブースト時(MHz):1,440 / 1,710
メモリ インターフェイス:256bit メモリ インターフェイス:320bit
メモリバンド幅:448GB/s メモリバンド幅:760GB/s
最大出力解像度:7680×4320 最大出力解像度:7680×4320
映像出力端子:HDMI×1, DisplayPort×3 映像出力端子:HDMI×1, DisplayPort×3
マルチモニター:最大4 マルチモニター:最大4
グラフィックス カード電力:140W グラフィックス カード電力:320W
システム電力要件:記載なし システム電力要件:750W

※販売価格は2022年5月に価格コムで調べています

比較対象のGeForce RTX 3080はゲーミング用のビデオカードの中でもハイエンドクラスです。

ビデオカード単体の値段が近いので、それぞれのビデオカードを搭載した同程度のCPU、メモリ、ディスク搭載のパソコンは近しい値段になります。

NVIDIA RTXはGeForce RTXに比べるとビデオメモリ容量が大きい傾向があります。

さらに必要な電力の値が極端に低く、RTX 3080が320Wに対し、RTX A4000は140Wとなっています。

この値が小さいほど省電力なので、長時間使用するほど大きな差が生じます。

これがNVIDIA RTXがサーバー用に採用される理由の一つとなっています。

ハイエンドビデオカードのベンチマーク比較 画像引用:PassMark

購入前のビデオカード性能を確認するのに便利なPassMarkでは、ビデオカードのベンチマークスコアを独自のシステムで決定しており、ある程度の目安にはなるはずです。

それらを確認するとRTX 3080のほうが断然優れたスコアとなっており、NVIDIA RTXのスコアはGeForce RTX 3070や RTX 3060 Tiのスコアよりも見劣りしてしまいます。

実際はどうなのか後で検証結果を紹介しますね。

左:NVIDIA RTX A4000 中央:GeForce RTX 3060 Ti 右:GeForce RTX 3070

また、両者のビデオカードは価格や性能の違い以外にもう一つあり、それはNVIDIA RTXにオリジナルファンモデルが存在しないという点です。

オリジナルファンモデルはGPUチップを搭載した基盤に、各メーカーオリジナルのファンを取り付けたものです。

例えばGeForce RTX 3070を販売するメーカーはMSI、ASUS、GIGABYTE、ZOTAC、Palitなどが挙げられますが、これらはNVIDIA製のGPUチップをベースに性能をチューニングして大型の冷却ファンを取り付けたものです。

左のNVIDIA RTX A4000はオリジナルファンモデルのRTX 3060 Ti、RTX 3070と比べてかなり薄い

一方のNVIDIA RTXはGeForceシリーズのようなオリジナルファンモデルは存在せず、NVIDIA純正品となっているためにどこで購入しても同じ外観となっているのです。

GeForceのオリジナルファンモデルの多くはオーバークロック(クロック周波数を定格以上に設定する)して性能アップしていますが、NVIDIA RTXは標準の設計通りに動作するのが特長です。

オリジナルファンモデルに対して、メーカー標準のビデオカードはリファレンスモデルと呼ばれており寿命が長いと考えられています。

NVIDIA RTX A4000とGeForce RTX 3060 Tiの違いを検証

NVIDIA RTX A4000搭載のraytrek ZQ-A4000で検証。

ドスパラ通販サイトを運営する株式会社サードウェーブさんからNVIDIA RTX A4000搭載のraytrek ZQ-A4000をお借りしたので、raytrek ZQ-A4000による動画編集を検証します。

また、raytrek ZQ-A4000のビデオカードをGeForce RTX 3060 Tiに取り換えてCPUやメモリ、起動ディスクなどが同じ環境で両者を比較します。

動画編集でどんな違いが生じるのか確認してみましょう。

検証機のスペックは以下の通りです。

raytrek ZQ-A4000

CPU:Core i7-12700K
水冷CPUクーラー搭載
メモリ:32GB PC4-25600
グラフィックス:NVIDIA RTX A4000 16GB
ストレージ:M.2 SSD NVMe 1TB Gen 4

389,980円(税込)

販売ページを見る


尚、動画編集に使用した撮影データはLUMIX GH6の4K・6Kで撮影したクリップを使います。

また検証に使用する動画編集ソフトはAdobe Premiere Proを用います。

ビデオカードの性能を引き出す動画編集ソフトではDaVinci Resolveが有名ですが、Premiere Proのほうがコマ落ちインジケーターでフレーム落ちを確認できるため採用しています。

またPremiere Proはプログラムモニターの画質設定でフル画質を選び、環境設定では「H.264/HEVC ハードウェアによる高速処理デコーディング」と「高速処理エンコーディング」にチェックを入れています。

このように設定することでビデオカードの支援を得て動画編集を実施できます。

4K60Pカット編集 比較

GH6は最大6K解像度、最大フレームレートは240fps(解像度はフルHD)で動画を撮影できるカメラです。

また、カラーグレーディングに最適な色深度と、従来の撮影データ(420 8bit)に比べて色差成分の間引きが少ない422 10bitの映像データを記録できます。

GH6でこれらの記録設定を選ぶとHLG(ハイブリッドログガンマ)という肉眼でみるのに近いダイナミックレンジの映像を得ることができるというプロ仕様のカメラとなっています。

その反面、編集ソフトに取り込んでからデコードする上でパソコンへの負荷が大きく、低スペックのパソコンでは満足に再生することもできない場合があります。

それではまず4K60P(MOV LongGOP 4K59.94p 422 10bit 200Mbps HLG)で記録したデータを使って編集してみます。

RTX A4000 画像拡大

RTX 3060 Ti 画像拡大

先に紹介する画像がNVIDIA RTX A4000を搭載したraytrek ZQ-A4000で編集した状態で、後者はraytrek ZQ-A4000のビデオカードをGeForce RTX 3060 Tiに交換した状態で編集している様子です。

それぞれのCPU・メモリ・GPUの使用率とGPUの温度を以下に表でまとめています。

NVIDIA RTX A4000
CPU使用率:45%
メモリ使用量:21.7GB/32GB(68%)
GPU使用率:39%
専用GPUメモリ使用量:2.5GB/16GB(16%)
GPU温度:72℃

GeForce RTX 3060 Ti
CPU使用率:45%
メモリ使用量:17.6GB/32GB(56%)
GPU使用率:40%
専用GPUメモリ使用量:1.8GB/8GB(22%)
GPU温度:44℃

RTX A4000搭載の場合とRTX 3060 Ti搭載の場合を比較すると、CPU/GPU使用率はほとんど同じですが、メモリの使用量と専用GPUメモリの使用量が若干違うことが分かりました。

RTX A4000の場合、メインメモリの使用量が多くGPUメモリの使用量は少なめとなっています。

また、GPUの温度はGeForce RTX 3060 Tiの方が低くなっているのが分かります。

RTX 3060 TiはオリジナルファンのおかげでGPUチップを十分に冷却できているでしょう。

RTX A4000 画像拡大

RTX 3060 Ti 画像拡大

それぞれ同じ2分のシーケンスを最初から最後まで再生して発生したコマ落ちは0フレームとなります。

シーケンスには4K60Pのクリップの他にBGMと字幕タイトルを乗せて、web向け動画のよくあるパターンを用いています。

このスペックなら、ビデオカードがどちらにしても4K60Pの動画を快適に動画編集出来そうです。

4K60Pカラーグレーディング 比較

先ほどと同じシーケンスで今度はカラーグレーディングを実施します。

Premiere Proでカラーグレーディングをする場合、カラーパネルに表示を切り替えて行います。

カラーパネルにすることでGPUやメモリの使用量も変化します。

RTX A4000 画像拡大

RTX 3060 Ti 画像拡大

Premiere Proのカラーグレーディングは様々なやり方がありますが、今回は調整レイヤーをシーケンスに追加してカラーグレーディングを行います。

CPUの使用率は大きく上昇し、77%前後を推移しています。

NVIDIA RTX A4000
CPU使用率:78%
メモリ使用量:13.6GB/32GB(43%)
GPU使用率:63%
専用GPUメモリ使用量:2.4GB/16GB(15%)
GPU温度:75℃

GeForce RTX 3060 Ti
CPU使用率:76%
メモリ使用量:16.4GB/32GB(52%)
GPU使用率:70%
専用GPUメモリ使用量:3.7GB/8GB(46%)
GPU温度:44℃

RTX A4000・GeForce RTX 3060 Tiのどちらの場合でもGPU使用率は上昇しましたが、RTX A4000はメモリの使用量が減っています。

一方のGeForce RTX 3060 Tiは専用GPUメモリ使用量が大きく増えているのが分かりました。

RTX A4000 画像拡大

RTX 3060 Ti 画像拡大

2分のシーケンスの再生で発生したコマ落ちフレーム数を比較するとNVIDIA RTX A4000が16フレーム、GeForce RTX 3060 Tiが5フレームとわずかにRTX 3060 Tiがリード。

とはいえ誤差範囲内程度です。

どちらの場合も非常に快適に4K60P 422 10bitのカラーグレーディングが実施できます。

PassMarkのランキングではNVIDIA RTX A4000とGeForce RTX 3060 Tiに大きな差がありましたが、実機を使ったPremiere Proの動画編集では大きな差が見られません。

6K30Pカット編集 比較

次にGH6で撮影した6K30P(MOV LongGOP 6K29.97p 420 10bit 200Mbps HLG)の撮影データを用います。

GH6では4:3の縦横比(アスペクト比)で6K解像度の映像を撮影できます。

6K29.97p 420 10bit 200Mbps HLGは、422 10bitに比べると色差成分の間引きが多くなりますが、その分パソコンに対する負荷は小さくなるはずです。

RTX A4000 画像拡大

RTX 3060 Ti 画像拡大

6Kの撮影データを4K30Pのシーケンスに乗せ、BGM・字幕タイトルを追加してカット編集を実施します。

4:3のアナモルフィック6Kは今では一般となった16:9で使うと上下に余分が生じますが、広めに撮影してクロップ前提で利用する撮影データとして活用できます。

NVIDIA RTX A4000
CPU使用率:13%
メモリ使用量:19.9GB/32GB(63%)
GPU使用率:32%
専用GPUメモリ使用量:4.7GB/16GB(29%)
GPU温度:64℃

GeForce RTX 3060 Ti
CPU使用率:17%
メモリ使用量:14.4GB/32GB(45%)
GPU使用率:44%
専用GPUメモリ使用量:3.7GB/8GB(46%)
GPU温度:49℃

CPU・GPUの使用率はどちらも低く推移しています。

CPU使用率はNVIDIA RTX A4000の場合は13%前後で推移し、GeForce RTX 3060 Tiでは17%前後となりました。

GPUの使用率はGeForce RTX 3060 Tiのほうが10%ほど高く推移しています。

専用GPUメモリ使用量もGeForce RTX 3060 Tiのほうが多く消費しています。

RTX A4000 画像拡大

RTX 3060 Ti 画像拡大

いずれにせよ6K30P 420 10bitの動画編集はどちらも問題なく出来るようで、カット編集したシーケンスをプレビュー時のコマ落ちは0フレームとなりました。

検証機のraytrek ZQ-A4000はCPUにインテル第12世代のCore i7-12700Kを搭載しているので、CPUも強すぎるためか差が出ませんね(汗)

4K60P書き出し 比較

Premiere Pro 4K60P(H.264)書き出し画像拡大

次にそれぞれの環境で書き出しテストもやってみます。

4K60P 422 10bitデータをカラーグレーディングしたシーケンスで書き出しを行います。

書き出し設定はH.264(mp4)、ビットレート設定は VBR(可変ビットレート)に設定し、ターゲットビットレート50Mbpsに設定して書き出しします。

NVIDIA RTX A4000・GeForce RTX 3060 Tiどちらの場合でもハードウェアエンコーディング(GPU支援のエンコーディング)が使用できます。

ここではソフトウェアエンコーディングとハードウェアエンコーディングの書き出し時間とCPU・GPUの動きを比較検証してみましょう。

ハードウェアエンコーディング

RTX A4000 画像拡大

RTX 3060 Ti 画像拡大

まずはGPU支援を得て高速エンコーディング(書き出し)ができるハードウェアエンコーディングを行ってみます。

Premiere Proでは書き出し画面のエンコード設定「パフォーマンス」⇒「ハードウェアエンコーディング」を選びます。

NVIDIA RTX A4000
CPU使用率:68%
メモリ使用量:19.5GB/32GB(62%)
GPU使用率:84%
専用GPUメモリ使用量:2.9GB/16GB(18%)
GPU温度:77℃

GeForce RTX 3060 Ti
CPU使用率:71%
メモリ使用量:19.8GB/32GB(45%)
GPU使用率:86%
専用GPUメモリ使用量:3.7GB/8GB(46%)
GPU温度:56℃

2分04秒のシーケンスの書き出しに要した時間は以下になります。

NVIDIA RTX A4000 1分32秒
GeForce RTX 3060 Ti 1分33秒

ハードウェアエンコーディングによる書き出し時間の差は1秒で誤算範囲です。

ほぼ同じ時間で書き出しができると考えて問題ありません。

ソフトウェアエンコーディング

RTX A4000 画像拡大

RTX 3060 Ti 画像拡大

Premiere Proでは書き出し画面のエンコード設定「パフォーマンス」⇒「ソフトウェアエンコーディング」を選ぶことで、CPUの演算処理をメインにエンコーディングを行えます。

一般的にはソフトウェアエンコーディングのほうが高画質と考えられていますが、RTXシリーズ以降ハードウェアエンコーディングの画質が飛躍的に向上したことで見分けがつかなくなっています。

ソフトウェアエンコーディングの方が書き出し完了までの時間が長くなります。

NVIDIA RTX A4000
CPU使用率:100%
メモリ使用量:16.6GB/32GB(52%)
GPU使用率:52%
専用GPUメモリ使用量:2.3GB/16GB(14%)
GPU温度:69℃

GeForce RTX 3060 Ti
CPU使用率:100%
メモリ使用量:17.8GB/32GB(45%)
GPU使用率:46%
専用GPUメモリ使用量:2.2GB/8GB(28%)
GPU温度:47℃

RTX A4000・RTX 3060 TiともにCPU使用率は100%となります。

RTX A4000のほうがメモリ使用量とGPU使用率が高く推移します。

両方ともGPU負荷大きくないようで、GPU温度はカット編集時とほとんど変わりません。

NVIDIA RTX A4000 1分32秒
GeForce RTX 3060 Ti 1分33秒

2分04秒のシーケンスでソフトウェアエンコーディングによる書き出し完了時間も、ハードウェアエンコーディング同様に1秒となり誤差程度です。

この結果を見る限り、NVIDIA RTX A4000とGeForce RTX 3060 Tiの両者の書き出しにかかる時間は全く同じと考えて良いでしょう。

RTX A4000 / RTX 3060 Ti / RTX 3070で動画編集性能比較

自作パソコンにNVIDIA RTX A4000 / RTX 3060 Ti / RTX 3070 Tiを搭載して検証

raytrek ZQ-A4000とPremiere ProによるNVIDIA RTX A4000とGeForce RTX 3060 Tiの違いはメモリやGPU使用率の違いはありますが、フレームのコマ落ちや書き出し時間にほとんど違いがありませんでした。

もしかしてCPUの性能が良すぎるのかもしれません。

そこで私が使用している自作パソコンでも検証してみました。

おーとふぉーかす自作パソコン2022年版

CPU:AMD Ryzen 9 3900X
CPUクーラー:Thermaltake TH360 ARGB Sync Snow Edition
マザーボード:ASRock X570 Steel legend
メモリ:32GB PC4-28800 G.Skill
グラフィックス:GIGABYTE GeForce RTX 3070 OCモデル
M.2 SSD:SAMSUNG 980 PRO
HDD:Seagate IronWolf 6Gb/s 7200rpm 6TB

294,998円(税込・2021年1月時点)

>>パーツリストを見る

Ryzen 9 3900XもハイエンドCPUではありますが、さすがにraytrek ZQ-A4000のCore i7-12700Kには敵いません。

なのでビデオカードの違いで結果が出るかもしれません。

ここではRTX A4000・GeForce RTX 3060 Ti・GeForce RTX 3070の3種類のビデオカードで比較してみます。

4K60P Premiere Proカット編集 比較

NVIDIA RTX A4000
CPU使用率:56%
メモリ使用量:17.1GB/32GB(54%)
GPU使用率:30%
専用GPUメモリ使用量:2.7GB/16GB(17%)
GPU温度:65℃

GeForce RTX 3060 Ti
CPU使用率:49%
メモリ使用量:23.3GB/32GB(73%)
GPU使用率:33%
専用GPUメモリ使用量:2.5GB/8GB(31%)
GPU温度:46℃

GeForce RTX 3070
CPU使用率:80%
メモリ使用量:20.6GB/32GB(65%)
GPU使用率:33%
専用GPUメモリ使用量:3.0GB/8GB(37%)
GPU温度:50℃

4K60Pのカット編集はビデオカードのベンチマークランキング通りの結果となり、発生したコマ落ち数はRTX A4000が最も多くなりました。

やはりCPUが少し弱い分コマ落ちフレームは増えます。とはいえ動画編集に困るほどのカクつきは起きず、どのグラボを使っても快適に動画編集可能です。

コマ落ちフレーム

NVIDIA RTX A4000 18フレーム
GeForce RTX 3060 Ti 33フレーム
GeForce RTX 3070 2フレーム

4K60P Premiere Proカラーグレーディング 比較

NVIDIA RTX A4000
CPU使用率:72%
メモリ使用量:18.8GB/32GB(59%)
GPU使用率:32%
専用GPUメモリ使用量:2.6GB/16GB(16%)
GPU温度:76℃

GeForce RTX 3060 Ti
CPU使用率:71%
メモリ使用量:19.8GB/32GB(62%)
GPU使用率:32%
専用GPUメモリ使用量:2.4GB/8GB(30%)
GPU温度:53℃

GeForce RTX 3070
CPU使用率:67%
メモリ使用量:20.7GB/32GB(65%)
GPU使用率:34%
専用GPUメモリ使用量:2.9GB/8GB(36%)
GPU温度:52℃

4K60PのカラーグレーディングでもNVIDIA RTX A4000のメモリ使用量は少なく、16%ほど。

コマ落ちフレームもベンチマークのランキング通りとなっています。

コマ落ちフレーム

NVIDIA RTX A4000 14フレーム
GeForce RTX 3060 Ti 6フレーム
GeForce RTX 3070 3フレーム

6K30P Premiere Proカット編集 比較

NVIDIA RTX A4000
CPU使用率:9%
メモリ使用量:17.3GB/32GB(54%)
GPU使用率:25%
専用GPUメモリ使用量:4.2GB/16GB(26%)
GPU温度:64℃

GeForce RTX 3060 Ti
CPU使用率:35%
メモリ使用量:18.6GB/32GB(58%)
GPU使用率:24%
専用GPUメモリ使用量:5.5GB/8GB(68%)
GPU温度:48℃

GeForce RTX 3070
CPU使用率:10%
メモリ使用量:18.0GB/32GB(56%)
GPU使用率:31%
専用GPUメモリ使用量:4.2GB/8GB(53%)
GPU温度:50℃

コマ落ちフレーム

NVIDIA RTX A4000 0フレーム
GeForce RTX 3060 Ti 2フレーム
GeForce RTX 3070 1フレーム

6K30Pの動画編集も快適で、AMD Ryzen 9 3900XとNVIDIA RTX A4000の相性は問題なしです。

4K60P 書き出し比較 比較

ハードウェアエンコーディング

NVIDIA RTX A4000
CPU使用率:52%
メモリ使用量:19.8GB/32GB(62%)
GPU使用率:61%
専用GPUメモリ使用量:3.1GB/16GB(19%)
GPU温度:80℃

GeForce RTX 3060 Ti
CPU使用率:61%
メモリ使用量:19.9GB/32GB(62%)
GPU使用率:62%
専用GPUメモリ使用量:3.1GB/8GB(38%)
GPU温度:45℃

GeForce RTX 3070
CPU使用率:61%
メモリ使用量:19.8GB/32GB(62%)
GPU使用率:65%
専用GPUメモリ使用量:3.1GB/8GB(38%)
GPU温度:54℃

AMD Ryzen 9 3900Xはインテル Core i7-12700Kと違って内蔵GPUが非搭載です。

なのでエンコーディングの時間は差が出るかも?と予想しましたが、ハードウェアエンコーディングの差は10秒程の違いとなりました。

どのビデオカードを使っても書き出し時間は誤差程度の違いしかありません。CPUが変わっても同じような結果です。

NVIDIA RTX A4000 1分47秒
GeForce RTX 3060 Ti 1分44秒
GeForce RTX 3070 1分45秒

ソフトウェアエンコーディング

NVIDIA RTX A4000
CPU使用率:100%
メモリ使用量:20.2GB/32GB(63%)
GPU使用率:25%
専用GPUメモリ使用量:2.5GB/16GB(16%)
GPU温度:61℃

GeForce RTX 3060 Ti
CPU使用率:92%
メモリ使用量:16.1GB/32GB(50%)
GPU使用率:23%
専用GPUメモリ使用量:2.5GB/8GB(31%)
GPU温度:52℃

GeForce RTX 3070
CPU使用率:100%
メモリ使用量:15.9GB/32GB(50%)
GPU使用率:22%
専用GPUメモリ使用量:2.5GB/8GB(31%)
GPU温度:48℃

ソフトウェアエンコーディングでもすべてのビデオカードでGPUが動き、使用率は横並びです。

書き出し時間も僅差。

Premiere Proの書き出しはどれを使ってもあまり変わりません。

NVIDIA RTX A4000 3分28秒
GeForce RTX 3060 Ti 3分26秒
GeForce RTX 3070 3分26秒

NVIDIA RTXとGeForce RTXはどっちがいい? まとめ

今回インテルCPU・AMD CPUの2種類で検証してみました。

ビデオカードはNVIDIA RTX A4000とGeForce RTX 3060 TiとRTX 3070です。

Premiere Proを使った動画編集ではどのビデオカードでも4K60P(422 10bit)と6K30P(420 10bit)が快適です。

NVIDIA RTX A4000は値段が高いので、シンプルな動画編集なら価格の安いGeForce RTX 3060 Tiのほうが断然オススメという結論となります。

GeForce RTXシリーズはNVIDIA公式サイトからStudioドライバーをインストールすることで、Quadroと同様に10bitにも対応しています。

Quadro、NVIDIA RTXにこだわる必要があるのは本当に一部のプロフェッショナルだけなのかもしれませんね。

Premiere Proの動画編集者にはGeForce RTXシリーズを強く推します。

マウスコンピューターのNVIDIA RTX・Quadro搭載動画編集用パソコン

DAIV Z7-T1

CPU:Core i7-12700  
グラフィックス:NVIDIA T1000(4GB) 
メモリー:32GB PC4-25600 
ストレージ:M.2 SSD NVMe 512GB + HDD 2TB

259,800円 ⇒ 229,900円(税込)

>>販売ページを見る

パソコン工房のNVIDIA RTX・Quadro搭載動画編集用パソコン

SENSE-F069-LC127-QLX

CPU:Core i7-12700 
グラフィックス:NVIDIA RTX A2000 6GB 
メモリー:16GB PC4-25600 
ストレージ:M.2 SSD NVMe 1TB 

236,980円(税込)

>>販売ページを見る

ドスパラのNVIDIA RTX・Quadro搭載動画編集用パソコン

raytrek LC-M

CPU:Core i7-12700
グラフィックス:T600 GDDR6(4GB) 
メモリ:16GB PC4-25600 
ストレージ:500GB M.2 SSD NVMe

154,980円(税込)

>>販売ページを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク


MotionElementsの10%割引チケットを入手する

映像コンサルから学ぶ動画の作り方講座

関連記事

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:動画制作・ブロガー
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1.6万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書いています。

動画制作に興味がある方はぜひ読んでみてください!

動画編集用パソコンのススメ

動画編集用パソコンの選び方動画編集用PCのおすすめスペック動画編集用ノートPC選択5つのポイント

価格で選ぶときのポイント

10万円以内15万円以内20万円以内25万円以内30万円以内35万円以内40万円以内

4K高画質向けパソコン

4K動画編集用PCおすすめスペック4K動画編集はデスクトップが良い?4K編集向けの周辺機器

CPU

動画編集で快適なコア数とはCore i7Core i9Ryzen 5Ryzen 7Ryzen 9

グラフィックカード

グラフィックボードの失敗しない選び方動画編集でQuadroは必須なのか?動画編集用パソコンとGeForceの相性

メモリ

動画編集でメモリは32GBが良い?メモリ32GBと64GBの違いを検証

ストレージ

動画編集におすすめのSSD外付けハードディスクを選ぶポイント最適なストレージ構成

マザーボード

マザーボードを選ぶときのポイント

液晶ディスプレイ

液晶モニターの選び方4K液晶モニターはこの5つをチェック4K PCモニターの注意点キャリブレーターについて

CPUファン

動画編集向けPCのCPUファン選び方

映像編集向けモニターヘッドホン

MDR-CD900STは今さら買うべき?

編集ソフトに最適なモデル

Premiere ProでオススメのPCとは?After EffectsでオススメのPCとは?EDIUSでオススメのPCとは?DaVinci ResolveオススメPC

パソコンショップについて

動画用PCを買う時のお店の選び方PCメーカーの特徴を徹底解説マウスコンピューターのおすすめPC一覧DAIVとG-TUNEの違いパソコン工房のおすすめPC一覧ドスパラのおすすめPC一覧

ページ上部へ戻る