エントリー

4/14まで ドスパラの新生活応援セール対象のお買い得なパソコン5選

ドスパラでは2022年3月18日から4月14日まで、新生活応援セールを展開。セール価格の特別モデルが用意されています。

特別モデルはゲーミングパソコン「GALLERIA」がメインで、この期間にGALLERIAのパソコンを購入すると豪華景品が当たるキャンペーンも並行で実施しています。

特別モデルは11万円前半から25万円まで幅広く揃えられており、目的に合わせた性能のパソコンを選ぶことができますよ。

ここでは動画編集者の方向けに ドスパラの新生活応援セール対象の特別モデルを含むおすすめのパソコンを5種類紹介します。

>>ドスパラ 新生活応援セール 詳細ページはこちら

GALLERIA UL7C-R36 新生活応援モデル

ドスパラの新生活応援モデルの中でも、最新のインテル高性能CPUを搭載しながら価格が抑えられたノートパソコンがGALLERIA UL7C-R36 新生活応援モデルです。

CPUは内蔵GPUを搭載したCore i7-11800Hとメモリは16GB PC4-25600の贅沢な構成です。
十分な帯域幅のメモリに、6GBのビデオメモリを持つ定番のグラボ GeForce RTX 3060 Laptop GPUを合わせて4K動画編集も快適にできるスペックです。

起動ディスクに処理速度が速いM.2 SSD NVMe 500GBを搭載していてこのお値段は魅力的です。

ドスパラ

GALLERIA UL7C-R36 新生活応援モデル

CPU:Core i7-11800H
メモリ:16GB PC4-25600
グラフィックス:GeForce RTX 3060 Laptop GPU 6GB GDDR6
ストレージ:M.2 SSD NVMe 500GB

173,980円(税込)

>>新生活応援モデルのページを見る

GALLERIA RM5C-G60 新生活応援モデル

次に紹介するのがマイクロ ATX仕様の小型・低価格なデスクパソコンです。

グラフィックカードにGeForce GTX 1660 6GBを搭載し、さらに500GB容量のM.2 SSDを搭載しています。

フルHD動画編集に最適なCore i5-11400Fで、値段が税込12万円で格安です。

コスパ重視でこれから動画編集の副業に挑戦したい方に最適です。

ドスパラ

GALLERIA RM5C-G60 新生活応援モデル

CPU:Core i5-11400F
メモリ:16GB PC4-25600
グラフィックス:GeForce GTX 1660 6GB GDDR5
ストレージ:M.2 SSD NVMe 500GB

119,980円(税込)

>>新生活応援モデルのページを見る

raytrek X4-T

ドスパラのクリエイターノートパソコンのイラストレーター向け製品 raytrek X4-Tは低価格14型ノートPCを求める方に最高の選択です。

CPUは第11世代 Core i7-1165G7を搭載し、GPUは評判の良いインテル Iris Xeグラフィックスです。

新生活応援セールの対象パソコンではありませんが、とてもバランスの良いスペックでお値打ち価格です。

YouTube動画編集ならこれでも十分対応可能です。

ドスパラ

raytrek X4-T

CPU:Core i7-1165G7
メモリ:16GB PC4-25600
グラフィックス:インテル Iris Xeグラフィックス
ストレージ:M.2 SSD NVMe 512GB
14型液晶・Thunderbolt 4×2搭載

119,980円(税込)

>>raytrek X4-Tの詳細を見る

GALLERIA ZA7C-R37 11700K搭載 新生活応援モデル

ドスパラ GALLERIAのハイエンドモデル GALLERIA ZA7C-R37はCore i7-11700K搭載で、プロの映像制作会社にも最適なデスクパソコンです。

4K60P動画編集にも対応できるスペックです。

ビデオカードにGeForce GTX 3070 8GBを装備し、16GBメモリ搭載。

GH5IIのようなプロ向けのハイエンドカメラで撮影したデータで編集するのに快適なスペックをお求めの方にはGALLERIA ZA7C-R37がおススメです。

ドスパラ

GALLERIA ZA7C-R37 新生活応援モデル

CPU:Core i7-11700K
メモリ:16GB PC4-25600
グラフィックス:GeForce GTX 3070 8GB GDDR6
ストレージ:M.2 SSD NVMe 1TB

239,980円(税込)

>>新生活応援モデルのページを見る

raytrek MX 新生活応援モデル

raytrek MXはraytrekシリーズのエントリーモデルです。

とはいえインテルCore i7-11700を搭載し、 ビデオカードはGeForce GTX 1650 4GBです。

メインストレージにM.2 SSD(NVMe)500GB、メモリも16GB PC4-25600でソツのない仕様です。

エントリーモデルなのにバランスがイイ!

このスペックで10万円前半。お買い得です。

raytrek MX 新生活応援モデル

ドスパラのCore i7-11700搭載クリエイターPC
CPU:Core i7-11700
グラフィックス:GeForce GTX 1650 4GB
メモリ:16GB PC4-25600
ストレージ:M.2 SSD NVMe 500GB

119,980円(税込)

>>新生活応援モデルのページを見る

ドスパラの新生活応援キャンペーンで購入するならお買い得なパソコン5選 まとめ

こんな感じです!

ドスパラは国内生産と24時間サポートで購入以後もしっかりサポートしてくれます。

またCPUに最適な帯域幅のメモリを選んでくれているので、パソコンに詳しくない方も安心して使えるのでおススメです。

2022年にスタートダッシュをしたい動画編集者はドスパラのキャンペーンを利用して性能の良いマシンを手に入れましょう!

>>ドスパラの新生活応援キャンペーン 特設ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク


MotionElementsの10%割引チケットを入手する

映像コンサルから学ぶ動画の作り方講座

関連記事

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:動画制作・ブロガー
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1.6万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書いています。

動画制作に興味がある方はぜひ読んでみてください!

動画編集用パソコンのススメ

動画編集用パソコンの選び方動画編集用PCのおすすめスペック動画編集用ノートPC選択5つのポイント

価格で選ぶときのポイント

10万円以内15万円以内20万円以内25万円以内30万円以内35万円以内40万円以内

4K高画質向けパソコン

4K動画編集用PCおすすめスペック4K動画編集はデスクトップが良い?4K編集向けの周辺機器

CPU

動画編集で快適なコア数とはCore i7Core i9Ryzen 5Ryzen 7Ryzen 9

グラフィックカード

グラフィックボードの失敗しない選び方動画編集でQuadroは必須なのか?動画編集用パソコンとGeForceの相性

メモリ

動画編集でメモリは32GBが良い?メモリ32GBと64GBの違いを検証

ストレージ

動画編集におすすめのSSD外付けハードディスクを選ぶポイント最適なストレージ構成

マザーボード

マザーボードを選ぶときのポイント

液晶ディスプレイ

液晶モニターの選び方4K液晶モニターはこの5つをチェック4K PCモニターの注意点キャリブレーターについて

CPUファン

動画編集向けPCのCPUファン選び方

映像編集向けモニターヘッドホン

MDR-CD900STは今さら買うべき?

編集ソフトに最適なモデル

Premiere ProでオススメのPCとは?After EffectsでオススメのPCとは?EDIUSでオススメのPCとは?DaVinci ResolveオススメPC

パソコンショップについて

動画用PCを買う時のお店の選び方PCメーカーの特徴を徹底解説マウスコンピューターのおすすめPC一覧DAIVとG-TUNEの違いパソコン工房のおすすめPC一覧ドスパラのおすすめPC一覧

ページ上部へ戻る