エントリー

ソニーα6500の5軸手ブレ補正体験しました!APS-C機最強の動画マシンだ!

SONY α6500触ってきましたよ!ヤバイ!これ欲しい。」でも解説したα6500のレビューです。

α6500が発売開始しました。

発売日当日、ヨドバシカメラマルチメディア梅田店でテスト撮影してきました。

このエントリーではα6300からα6500がどのように進化したか解説してみます。

結論から先に言うと強烈に欲しくなりました。モンスターマシンです。

爆速のタッチパネルオートフォーカス

この動画はα6500のタッチオートフォーカス機能です。

手前の花から背景にピント移動してみました。爆速ですよね。

α6500をテスト撮影してみてまず一番驚いたのがタッチAFの速度です。

元々α6000シリーズはオートフォーカスの合焦速度がとても速いことで有名なミラーレス一眼カメラです。

手持ちのα6000でも十分なAF速度だと思っているのですが、α6500になって測距点が世界最多の425点。
像面位相差AFで世界最速0.05秒のAFスピードとなっています。

ソニーα6500の5軸手ブレ補正体験しました!

α6500の5軸手ブレ補正も体験しました。手ブレ補正はシャッタースピード5段分だそうです。

この動画はα6500にVario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Zを装着して撮影しています。

動画10秒以降で望遠端でも撮影しました。手ブレしやすい環境でどの程度補正が効くのかがわかります。

動画を見てもらえると分かるんですが、かなりカメラをいろんな方向に振ってみました。

これだけ振り回しても手ブレ補正がかなり効いているのが分かります。

一応写真も撮ってみました。
WEB用(1280×720)にかなり小さなサイズにしていますが、解像度は分かってもらえるかもしれません。

120202

もちろんVario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Zの威力もあると思いますが、かなりボケますよね。
単焦点レンズではなく標準ズームでこれだけボケたら十分です。

120203

ピント合焦部分はパキっとシャープな仕上がりに。

2016120201

ソニー公式HP α6500

α6500で店員さん一押しの点は6K相当の情報量を圧縮して全画素読み出しによる4K動画を撮れるところ。
そしてISO感度は51200まで上げることができるようになっています。

明るい店内で撮影していたので、暗所でどの程度ノイズが乗らずに撮影できるかはまだ不明確なんですけど、PXW-FS5を彷彿とさせる感じがします。

log撮影もできるので、カラーグレーディングを前提とした映像制作でも最適な映像を撮影することができます。

プロの映像作家さんや局の方も予約して購入しているほどで、ソニー製品の期待度の高さがうかがえます。

α6300発売からわずか7か月ほどでパワーアップしてリリースされたα6500。
これは楽しみな機種が生まれましたよ。ほほほしい~。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

映像でブランディングするプロの全手法を公開

スポンサーリンク

関連記事

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る